1. TOP
  2. 英会話が上達する簡単トレーニング。英語力を一気に伸ばす1つのポイント!
Sponsored Link

英会話が上達する簡単トレーニング。英語力を一気に伸ばす1つのポイント!

 2016/12/08 英語勉強法
  273 Views
LINEで送る
Pocket

英会話が上達する簡単トレーニング法について、今回は自己紹介を用いた方法で詳しく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

自己紹介で決まった質問

shutterstock_376738720

英会話スクールなどに行ったときによく起きることですが、例えば

Hi I’m Kenta.

や、

I live in Shimokitazawa.

という自己紹介によく使われる表現があります。

英会話スクールに行って、一番はじめに先生に聞かれるのは、「自己紹介をしてください」ということです。

例えば、

What’s your name?

と聞かれたなら、

I’m Kenta.

と答えるかもしれません

あるいは、

Where are you living?

と聞かれたなら

I live in ○○

と住んでいるところを答えるでしょう。

自己紹介の際には、上記のように答えることが多いと思います。

自己紹介のコツについてはこちらの記事もお役立ちです。
⇒英語での自己紹介のコツ!会話に情報をどんどん足して!

1センテンスずつのやり取り

そこでちょっと考えてみたいのですが、まず、日本語で自己紹介をする時のことを頭の中で想像してみましょう。

日本語で自己紹介をするときに、どうするかというと、例えば

What’s your name?
I’m Kenta.

ここで止まってしまうことはあまりないのではないでしょうか。

「どこに住んでいますか?」
「下北沢です。」

これだけで止まってしまうことはあまりないと思います。

しかし、英会話スクールで自己紹介をするときは、決まった質問というのが存在しているものです。

まず名前を聞く、そしてどこに住んでいるかを聞く、そして仕事を聞く、趣味を聞く、なぜ英語を勉強しているか聞く、英語を勉強して何をできるようになりたいか聞く、これくらいの質問をされてそれに対して多くの人たちが1センテンス単位で答えるというのが現状ではないでしょうか。

しかしこれを日本語にして考えるとどうなるのでしょうか?

What’s your name?
「あなたの名前は?」

I’m Kenta.
「私はケンタです。」

Where are you living?
「どこに住んでいますか?」

I live in Shimokitazawa.
「下北沢です。」

What do you do?
「お仕事なんですか?」

I’m teaching English.
「英語の教師です。」

Can you talk me your hobbies?
「趣味は何ですか?」

I like yoga.
「ヨガです。」

Why do you study English?
「なぜ英語を勉強しているのですか?」

I study English.Because I want to watch movies.
「映画を見られるようになりたいからです。」

このように1センテンス単位で答えていったものを日本語でたとえてみると、少し違和感があるのではないでしょうか。

英語力の向上に関してはこちらの記事も参考になります
⇒あなたはどうですか?必ず英語が伸びる人の5つの特徴!

もう少し深い会話に

shutterstock_531496558

先ほど紹介したように、1センテンスでのやり取りは非常に浅く見えてしまいますし、一方通行のイメージが出てしまいます。

実際に日本語になったときで考えてみても、こんなに浅い会話というのはないでしょう。

自己紹介をするだけとはいえ、もう少し深い会話をしていくのが普通の会話です。

深くやり取りをしていくためにも、いくつかのポイントを押さえてきましょう。

その他の英語力アップの秘訣はこちら
⇒まずは書いてみよう!英語スピーキング上達の秘訣4ステップ

”go by”を使って

それでは、浅いやり取りにしないために、何ができるようになればいいのでしょうか?

例えば

What’s your name?

と聞かれたときに、

I’m Kenta. I go by Ken.

と一言付け加えてみましょう。

この”go by”という表現ですが、「健として知られている」「健と呼ばれている」といった表現になります。

そして、

Nice to meet you. What’s your name?
「はじめまして。お名前なんですか?」

と続けてみましょう。

 

コミュニケーションを通して

shutterstock_405445999

I’m Kenta.”だけ言うことが出来たとしても、実は英語でコミュニケーションをはかることはなかなか出来ません。

日本語でも同様、1センテンスのみだと当然コミュニケーションをとることが出来ないでしょう。

しっかりとコミュニケーションをとるためには、文脈を通して英語を覚えていく必要性があります。

この場合ですと、

「健太です。周りからは健と呼ばれています。はじめまして。あなたのお名前はなんですか?」

この流れで覚えてしまえば、ちゃんとネイティブの人に自己紹介をすることが出来るでしょう。

今までの方法としては、1つ1つのセンテンスを覚えていたと思いますが、1個1個覚えていると覚えた表現を実際どのようなシチュエーションで、どのような場面で、どういう状況で使えばいいのかわからなかったという方もいるでしょう。

そのため、質問に対しても1センテンスでしか答えることができなくなってしまうのです。

この場合だったら、

I’m Kenta. I go by Ken. Nice to meet you. What’s your name?

この文章だけでも4センテンスが含まれています。

しかし、すべて簡単な言葉しか使っていません。

おそらく聞いたことがある単語が多いと思います。

これくらいの言葉をパターンで覚えてしまえば、おそらく相手も同じぐらいのことを返してくれるでしょう。

 

簡単な表現で自分自身のことを文脈で!

英語での自己紹介というと、

What’s your name?
I’m Kenta.

という名前のやり取りをし、その次にすぐに

Where are you living?”と次の質問に移るというイメージがある方も多いでしょう。

しかし、簡単なやりとりですぐにその話題を終えるのではなく、
簡単な表現を使って、もう少し自分のことを詳しく教えてみましょう。

簡単な表現を文脈の中で覚えていくと、英語力の向上にかなり役に立つはずです。

Where are you living?”と聞かれた時も同じです。

I live in Shimokitazawa.”と言っていた部分に、さらに情報を付け足しましょう。

例えば時間の情報を入れ込むことで、

It takes 10 minutes to Shibuya. 10 minutes
「渋谷まで10分ぐらいです」

と伝えることができます。

また、合わせて覚えておきたいのが、
It’s my convenient.
「便利」という表現です。

It’s my convenient.”と、ここまで言えると

I live in Shimokitazawa. It takes 10 minutes to Shibuya. It’s my convenient. Where do you live?
「下北沢に住んでいます。渋谷から10分の場所にあり、便利です。あなたはどこに住んでいますか?」

と伝えることができます。

こういった流れで相手にも質問してあげれば、会話として成り立ってくるでしょう。

英会話スクールに行ったとき、質問されて1センテンスとか1単語で答えて終わってしまっていたものは文脈で覚えるようにしましょう。

最終的には相手にも質問を返すという意志を持つようにしてください。

相手へも質問して会話を繋げる、という意志を持つだけで、

What’s your name?
I’m Kenta.

と、これだけ終わってしまっていたのが、

What’s your name?I’m Kenta. I go by Ken. Nice to meet you. What’s your name?

というように会話らしくなります。

そして相手に対して”What’s your name?” と聞き返すと、相手も同じぐらいの量を話してくれるはずです。

I’m Kenta.”までしか言えてなかったものが、3テンスも増えます。

それだけでなく、相手が話す量も当然同じぐらい増えてくるでしょう。

自ずと会話としてとてもナチュラルなものになりますし、話す時間も必然的に長くなってきます。

1センテンスで終わるのではなく、1センテンス何か覚えたならば、文脈の中にそれを入れるということ。

これをきちんと覚えておきましょう。

難しい表現でなくても構いません。

自分が理解できる範囲でも文章を付け加えることで、相手とのコミュニケーションを円滑に進めることができるはずです。

自分が言いたいことをいくつかまとめて、相手にも質問するという練習をしてみると良いでしょう。

 

まとめ

英語の力を伸ばすためには、自己紹介での言葉がポイントです。

聞かれたことに対して1センテンスだけで答えるのではなく、
3~4センテンス程度までつなげて返せるように意識しましょう。

そうすることで、自然と英会話のスキルが身についていくはずです。

 

動画でおさらい

英語力を一気に伸ばす秘訣!!を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。

この人が書いた記事  記事一覧

  • せっかくの留学やワーホリを充実させるための3つのポイント

  • 英語で電話対応「彼はいつお戻りになりますか?」の3つの言い方

  • 英語で「何て呼べば良いですか?」下の名前で呼んでほしい時

  • もううんざり!を英語で。うんざり度を3段階で表現

関連記事

  • 日常英会話に役立つアニメはあるのか?自分と関連付けできる物語がオススメ

  • 英語リスニング上級編!スピード・表現の広さを身につけるための学習法

  • いちいち訳さないでネイティブの英語をリスニングする方法!

  • 無料でディクテーションを実践するのにオススメの媒体を2つご紹介

  • 聞き流さない!英語リスニングを向上させる3つのコツ

  • theの正しい発音の仕方と真実!ネイティブはザもジも適当に使う?