英語「Thought」のネイティブ発音は舌を引いて少し跳ねる

LINEで送る
Pocket

英語は日本語とは異なり独特の発音がありますよね。
英会話をする上で、発音の壁にぶつかる日本人は多いです。

特に、
Thought

という単語のThghtの発音は、日本語にない特有の発音のため
Thghtの発音を苦手とする方が多く、カタカナ発音になっているパターンをよく見かけます。

Thもghtも、コツを掴めば簡単に発音することが可能です。そこで、今回は、Thoughtという発音について紹介します。

thoughtのネイティブ発音



Thought
は考えるという意味を持つ英単語です。
中学時代の英語の授業では、ソウトと発音すると習った方も多いと思います。

まず、thoughtのネイティブ発音を聞いてみましょう。以下のリンク先(英和辞書サイト)では、イギリス英語の発音とアメリカ英語の発音が聞き比べできます。
【ネイティブ発音】thought

上記の発音を聞くと、ネイティブ発音と授業で習った発音が大きく違うことに気付くのではないでしょうか。

続いては発音のコツを紹介します。

thの発音

まず、出だしのthという音を見ていきましょう。日本語のソが、一番近い音です。

thの発音は、前歯と下の歯に軽く舌を触れさせ、その状態でソと発音しましょう。
ポイントは、決して舌を噛まないこと。
舌を噛まず、舌を引きながら、ソと言ってみましょう。

これが、thの音になります。慣れない単語や言葉の発音をマスターする場合は、まずゆっくりと発音の練習をしてみましょう。

Thの表現パターンはこちらの記事も参考になります。

発音を感覚的に言うと?

Thの発音をカタカナ表記すると、ッソウットのように、小さなが入り少し跳ねる感覚で発音します。

跳ねることを意識しながら、thoughtと練習してみましょう。
これだけでも、カタカナ英語から、ネイティブのような発音に変わってきたのではないでしょうか。

thoughtの実用的な使い方はこちらの記事をご参考に。

他の単語でも練習できます

ghtの発音については、他の単語でも練習することができます。

例えば、
Teach

の過去形である
Taught

。中学時代に習った表現では、トートとなりがち。
しかし、ネイティブスピーカーは、やはり発音が異なるのです。

どのように発音するかというと、トートではなく、先ほど言った、小さなッがはねたようになります。目安としてカタカナ表記すると、トートではなく、ットーットになります。

また、taught以外にも、
ought

という単語があります。こちらは、日本語のカタカナでは、オウトという表現になりますが、オウトではなく、ッオウットのような発音になります。

このように、ghtが出て来たら、跳ねる様に発音すると覚えておきましょう。

慣れてきたら、thoughtを使った相づち例文フレーズを読み上げて発音練習をしてみましょう。

そうだと思ったよ。
Actually, that’s what I thought.

あぁ、やっぱり。
Ah, just as I thought.

まとめ



Thought
という単語には、thの発音やghtの発音など、難しい発音が含まれていますよね。

単純に発音するとカタカナ英語になってしまいがちな単語も、いったん、Thghtの発音方法を覚えてみると、ネイティブレベルの発音が可能となります。

thghtは日常英会話でもよく出てくる英単語なので、英会話レベルをアップしたい方はもちろん、将来留学を目指す方、仕事でビジネス英語を使いたい方はぜひ今回紹介した発音を参考にしてみてくださいね!

動画でおさらい

英語「Thought」のネイティブ発音は舌を引いて少し跳ねるを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須