1. TOP
  2. 英語発音
  3. 舌を引いて少し跳ねる「Thought」のネイティブ発音
Sponsored Link

舌を引いて少し跳ねる「Thought」のネイティブ発音

 2016/12/07 英語発音
 
LINEで送る
Pocket

今回は、Thoughtの発音について詳しく解説していきましょう。

英語は日本語とは異なり独特の発音がありますよ。

とくに、Thghtの発音は、日本語にない特有の発音です。

そのため、このThghtの発音を苦手とする方が多く、カタカナ発音になっている方をよく見かけます。

ですが、Thghtも、コツを掴めば簡単に発音することが可能です。

そこで、今回は、Thoughの発音を見ていきます。

Sponsored Link

thの舌の位置

shutterstock_407484286

Thoughtという単語、考えるという意味を持っていますが、発音がなかなか難しいですよ。

学校では、「ソウト」というように習っていると思います。

ただ、日本語で習う「ソウト」と、ネイティブがしているThoughtは、違うんですよね。

日本とでいうと、「ソウト」、英語では”Thought“。

繰り返してみても分かると思うのですが、まったく違う音になっています。

まず、出だしのThという音を見ていきましょう。

日本語でいうところの「」が、一番近い音になっています。

なので、「Th」の発音は、「Th」の舌の位置で「」という発音をしなければなりません。

そして、その「Th」の舌の位置といういのは、上の歯と下の歯との間に舌を入れ込んでいきます。

決して舌を噛まないでください。

その状態から、引きながら、「」と言ってみてください。

」、「」、「」、「」。

これが、Thの音になります。

th”についてはこちらの記事もお役立ちです。
⇒見た目と全然違う!「Clothes」の発音方法

感覚的に言うと?

Th」の発音が分かったところで、“Thought”をカタカナ読みしてみると「ソウト」となります。

しかし、感覚的に表現してみると、小さな「」が入るようになります。

つまり、「ソウト」と言い切るのではなく、小さい「」で、少し跳ねるように発音します。

Th”から始まり小さな「ッ」が入り、最後が“t”となるのです。

跳ねることを意識しながら、“Thought”、“Thought”、“Thought”と、言ってみてください。

カタカナ英語から、ネイティブのような発音に変わってきたのではないでしょうか。

thoughtの実用例についてはこちらの記事をご参考に。
⇒気が効く子供がいた時などに褒める「あなた気が効くわね~」の英語表現

他の単語でも練習できます

shutterstock_530495584

ちなみに、ghの発音については “Thought”だけでなく、他の単語でも練習することができます。

例えば、“Taught”。

こちらは“Teach”の過去形です。

日本語のカタカナで表現すれば「トート」となります。

しかし、ネイティブでは、やはり発音が異なるのです。

どのように発音するかというと、「トート」ではなく、先ほど言った、小さな「」がはねたようになります。

トート」ではなく、“Tahght”です。

また、“Taught”以外にも、“ought”という単語があります。

こちらは、日本語のカタカナでは、「オウト」という表現になります。

ですが、ghtが入っている為、小さく「ッ」がはねた音になります。

従って、「オウト」ではなく、“Ought”という音になります。

このように、ghtが出て来たら、はねれば良いと覚えておいてください。

すると“Thought”や“Tahght”、“Ought”などghtを含む単語をちゃんと言えるようになります。

 

舌を引いて少し跳ねる「Thought」のネイティブ発音まとめ

Thoughtという単語には、Thの発音やghtの発音など、難しい発音が含まれていますよね。

単純に発音するとカタカナ英語になってしまいがちな単語も、いったん、Thghtの発音方法を覚えてみると、ネイティブレベルの発音が可能となります。

とくに、ToughtTaughtOughtは、ghtが分かり易く含まれているので、慣れてしまうと、ちゃんと発音できるようになります。

 

動画でおさらい

”Thought” をネイティブ風の発音で言うと?を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。

2人の子供をこよなく愛する。


英語はいまだに得意とは言えないものの、

英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 同じ意味です。「Would you like something to eat ?」と「Would you like to eat something ?」

  • 「正直」「ぶっちゃけ」を英語で言うと?To be honest,◯◯

  • 実は便利な日本語「芸能人」は英語でなんて言う?

  • 英語での「かっこいい」の表現いろいろ

関連記事

  • スペルとマッチしません!「Though」のネイティブ発音

  • aとuの違いはかんたん!「carve」と「curve」の発音の違い

  • スターバックスで英会話。バニラフラペチーノを英語で注文してみよう

  • 練習あるのみ!「Glamour」と「Grammar」の発音の違い

  • ヴァニラって言ってるのに!通じる「vanilla」のネイティブ英語発音

  • 「colleague」の簡単ネイティブ発音。「同僚」を英語で