「Advertisement」の意味と発音!アメリカとイギリス2バージョン

LINEで送る
Pocket

英語の発音を正確にするのは難しいですよね。
日本人は小さい頃からローマ字を習い、それをカタカナと連動させて覚えてきています。
なので、英語で書かれた言葉も、自然と頭のなかでローマ字と認識し、カタカナ読みをしてしまいがちです。しかしながら、実際にネイティヴが使う英語の発音は、そんなカタカナ読みとはかけ離れた音であることを認識しておくことが大切です。

今回は”Advertisement”という

言葉の意味と発音を紹介します。

【Advertisement】という単語ですが、どのように発音するかわかりますか?この単語は、音節が多くて少し長いため、多くの日本人が読み方に戸惑ってしまいます。

実際にこの単語をカタカナ発音してみると「アドバータイズメント」
または「Adoba-taizumento」となりますね。

しかしネイティヴの発音では、このようには聞こえません。
まず、カタカナの「アドバータイズメント」の最初の2文字「Ad」の部分に注目します。

この「Ad」の音をカタカナ発音すると「アド」となります。
そして、日本人流にローマ字で書く起こしたものだと、つづりが「Ado」となっていますが、スペルを見ると分かる通り、実際の発音には「Ado」の「o」が無いのです。

実際の発音は「o」を言わず、「Ado」ではなく「Ad」、「アド」「オ」の音を言い切らずに、「d」の濁音までで、音を止めるような感覚で発音するのが正しい方法になります。

単語を3つに分けて発音練習

このまま、「o」を発音せずに、「ver」と続きます。
”Ad/ver”の部分は、“Ad”と“ver”をそれぞれ独立して発音してみると、うまく発音できると思います。

このまま”Ad”、”ver”が上手く発音できれば、その次“tise”と続いてみます。
この部分はアメリカ発音だと“tise”「タイズ」と読みます。

”Ad/ver/tise”、”Ad/ver/tise”と一個ずつ区切って発音できるようになりましたら、
まとめて“Advertise”

発音してみてください。恐らく、前よりうまく発音できると思います。

最後は、“Advertise”に”ment”を加えて、“Advertisement”と続けて発音してみてください。

これがアメリカ英語での発音です。

その他にもある発音の難しい単語はこちら

イギリス英語だとちょっと違う

これが、イギリス発音だと少し変わりまして、“Ad/ver/tise(ティス)/ment”という発音になります。

「ti」の部分が、アメリカ英語だと多くの人が「タイ」と発音するのですが、イギリス英語だと「ティ」という音になります。

カタカナ読みに近い音になりますので、こちらの方が、日本人にとっては発音しやすいかもしれませんね。

アメリカ英語とイギリス英語の違い

アメリカ英語とイギリス英語の特徴的な違いの1つが「i」の発音です。

例えば、【Anti】日本語では「アンチ」【Vitamin】日本語では「ビタミン」という単語の場合はどうなるでしょうか。

アメリカ英語だと多くのアメリカ人が“Anti(アンタイ)”

「ti」を「タイ」と読む人も結構います。

これに対し、イギリス人の多くが“Anti(アンティ)”と発音します。

また、“Vitamin”の場合、アメリカ人はこの「i」をそのまま「アイ」と読んで“Vitamin(ヴァイタミン)”と発音します。

イギリス人は「i」を「イ」と読んで“Vitamin(ヴィタミン)”と発音します。

小さな違いではありますが、このような違いを知っていること、そして更に使いこなせるようになることで、コミュニケーションが上手くいきます。こういった違いをきちんと覚えておいて、実際に自分がどちらの国出身の人と話しているのか、もしくは自分がどちらの英語を話したいのかによって、発音を実際に変えて使っていくのも良いでしょう。

例えば、日本の主流はアメリカ英語なので、“Advertise(タイズ)ment”

と発音する人が多いと思いますが、もしイギリス英語を話せるようになりたい、将来イギリスに住みたい、またはイギリス人と話しているのであれば、

意識的に“Advertise(ティス)ment”

と発音する方が伝わりやすくなるでしょう。外国人であるにも関わらず日本語を話せる人に会うと、ぐっと親近感が湧きませんか?

英語圏の人たちでもそれは同じで、相手と同じ地域の発音で話すことで、心理的な距離感がぐっと近づきやすくなります。

例えば、イギリス英語「t」をよく発音するので、“Water(ウォーター)”となりますが、

アメリカ英語だと

“Water(ワラー)”となるなど、「i」以外にも色々と細かい違いがあるので、コツコツと覚えていってみてください。

まとめ

発音の練習のコツは、今回Advertisement”でやってみたように、単語を音節ごとに細かく区切るところから始めるのが一番です。
そしてひとつずつ順番に発音して、それを少しずつくっ付けていき、最終的に繋げて読んでみることです。

イギリス英語とアメリカ英語の発音の違いは、今回紹介したように「i」や「t」など、一定のルールがあるものなので、地道に学んでマスターしていきましょう。

動画でおさらい

「Advertisement」の意味と発音!アメリカとイギリス2バージョンを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。