1. TOP
  2. 英語発音
  3. 英語の母音の発音方法。キーポイントはノドにあり?!
Sponsored Link

英語の母音の発音方法。キーポイントはノドにあり?!

 2016/12/14 英語発音
 
LINEで送る
Pocket

英語の発音は母音の発音と子音の発音とで大きく特徴が異なります。

日本語の感覚では母音の「A」(ア)、「I」(イ)、「U」(ウ)、「E」(エ)、「O」(オ)をはっきりと発音しますが、英語の母音は喉から音を出す言葉がほとんどです。

また、英語では最初だけ発音して最後はあまり口の外まで音を出さない言葉も少なくありません。

このような発音方法は日本語と大きく異なりますので、英語特有の唇や舌や口のかたちなどを身に付ける必要があります。

発音のコツから母音や子音での喉の使い方の違いなどを詳しく紹介します。

Sponsored Link

日本語との発音の違い

shutterstock_506600656.jpg

英語と日本語には発音に大きな違いがあります。

日本語はほぼ全ての言葉が母音で終わる一方、英語は子音で終わる言葉がほとんどです。

例えば「川」をローマ字にすると「KA-WA」となりますので、2つの母音で終わります。

「山」の場合の「YA-WA」も「海」の場合の「U-MI」も全て同様に2つの母音で終わります。

しかし英語の場合は「This is a pen」の「P-E-N」などのように子音+母音+子音の構成になっている場合が多々あり、さらには「This」の「Th」ように2つの文字で1つの子音を発音する言葉も数多く存在します。

数字の「Three」の「Th」や子供の「Child」の「Ch」などもこれと同様に1つの子音として発音します。

さらに母音でも同じような例があります。

動物園の「Zoo」の「oo」(ウー)や足の「Foot」の「oo」(ウ)やキープするの「Keep」の「ee」(イー)などのように2つの文字で1つの母音を発音する言葉も少なくありません。

日本語は母音で終わりますが、英語は子音で終わる場合がほとんどですので、子音特有の喉から「ハーッ」と息を出したときの様な発音になります。

これが日本人がネイティブの英語の発音を聞き取り難い大きな原因の1つと言えるでしょう。

英語の発音についてはこちらの記事も参考になります
⇒今だに噛んでるの?!thの正しい発音をする舌の位置

英語の母音

日本語の母音は「A」(ア)、「I」(イ)、「U」(ウ)、「E」(エ)、「O」(オ)ですが英語の母音はこれに加え、短母音と長母音や二重母音と三重母音に分類され約26個あると言われております。

短母音は「Apple」の「e」や「Box」の「o」など短く発音される母音となり、長母音は発音記号に長音記号[:]が含まれ、「Father」の「a」(発音記号はa:)や「Arm」の「a」(発音記号はa:r)などの例があります。

また、二重母音は「Nice」の「i」と「e」や「Make」の「a」と「e」などのように短母音2つで構成されており、三重母音は「Fire」の「ファ」「イ」「ヤァー」や「Wire」の「ワァ」「ィ」「ヤァー」などのように短母音3つで構成されております。

このように母音と言っても英語の場合は子音との組み合わせによって発音が様々ですが、いくつかの決められたパターンはありますので繰り返し発音練習をして体で身に付けることをお勧めします。

ネイティブ発音の具体例はこちら
⇒「girl」の発音を制する者はネイティブ発音を制する!

口が開いている

日本語の母音の「あ」、「い」、「う」、「え」、「お」は口を開けて発音しますが、英語の母音は口を閉じて発音する言葉が数多く存在します。

例えばコーヒーカップなどの「Cup」や帽子の「Hat」などのように口をあまり開けずに喉からから短く「アッ」と発音する言葉や過去を表す「ago」やおおよそを表す「about」などのように軽く口を開けた状態で弱く短く「ア」と発音する言葉などもあります。

発音記号によって、口を閉じるのか、軽く口を開けるのか、大きく口を開けるのか、それぞれルールがありますので発音記号を見ながらイメージして発音ができるようになると発音はかなり上達していると言えるでしょう。

ぜひ発音記号を見ながら練習してみてください。

ネイティブ発音への第一歩?音読読み。
⇒音読読みをする目的は発音ネイティブに近づける為!

喉から音が出ていく感じ

英語の母音は口を大きく開けて発音する「ア」もありますが、小さな口で発音する「ア」や「エ」と「ア」が混ざっているような「ェア」や「ア」と「ウ」の中間の音のような曖昧な母音など様々です。

また「アゥ」や「エィ」などの二重母音なども含め全体的に喉から音が出ている感じの母音がほとんどです。

喉から音が出ていく感覚のつかみ方としては、まず日本語的に「あー」と声を出した後、「あー」を「あ゛ー」という声に変えてみてください。

そうしますと口の中で震えてるポイントが喉の奥の方に移動するのが分かると思います。

これが英語らしい喉からの音の出し方ですのでぜひ試してみてください。

ほとんどの日本語の発音と大きく異なりますので、最初は感覚が分からないかもしれませんが、何度も発音してみることで近づきます。

スマートフォンなどで録音しながら喉から音を出す練習をしてみても良いでしょう。

 

最初にちょっと発音するだけ

日本語の母音は「I」(イ)の音がすごく強く聞こえますが、英語の場合は最初にちょっと発音して「I」(イ)で終わる場合がほとんどです。

ちょっとの発音で唇や舌などを活発に使うのが英語の特徴でもあります。

英語には何種類もの母音があることにも触れましたが口を大きく開けた「あ」と小さく開けた「あ」や舌の位置を動かしながらの「あ」には大きな違いがあるはずです。

この違いを上手くコントロールできることを目指して発音を練習してみてください。

発音の上達には普段から意識して練習することが不可欠です。

それを繰り返すことで、いつしか意識しなくとも英語の口の動きが身に付いているはずです。

 

口の中まで!

日本語は口先の方で音を出す言葉が多いのですが、英語は喉の奥で声を出してあまり口の外まで音を漏らさないのが特徴の1つです。

子音「K」から「key」を例として発音してみましょう。

舌の位置を作って喉の奥から空気を出してみることで「クッ」という音を作ります。

次に口を「い」の形にして、唇の端を顔の両側に引っ張るかたちを作ります。

そのまま「い」の母音の唇をキープして「キ」の子音を発音します。

喉の奥から「キ」を出しながら「キ」を伸ばします。

このように分割して発音の練習をすることによって喉の奥から発音している感覚が身に付くはずです。

さらに子音「T」から「tea」の発音を作ってみましょう。

舌を上歯茎の裏に当て、空気をたくさん出しながら舌を離します。

これが「T」の発音です。

「T」の発音が完成したら「い」の発音をしたまま声を伸ばしますと「tea」の発音が完成します。

また、「tea」の口のまま喉を震わせて「い゛ー」を発音しますと「D」の発音になります。

「tea」と「D」は同じ口ですが、「T」は喉を震わせない息の音のような無声音で、「D」は有声音です。

有声音は喉の奥を震わせることにより発音します。

喉を使いこなし有声音が上手く発音できるようになればネイティブにも聞き取りやすい発音になります。

日本語ではほとんど使わない発音方法ですので分割してゆっくり練習しながら感覚を身に付けてみてください。

 

まとめ

英語の母音は日本語と同じく「A」(ア)、「I」(イ)、「U」(ウ)、「E」(エ)、「O」(オ)の5つの他に、短母音と長母音や二重母音と三重母音に分類され、言葉によって発音のルールが変わり、その音の数も約26個あることが分かりました。

アルファベットでは同じ母音の「A」(ア)でも単語によって発音のルールがまったく変わってしまいます。

英語の母音の役割や性質は日本語とは大きく異なると言えるでしょう。

また、英語の子音は日本語と違い、子音のみで発音される場合が多く、喉を使いこなすことが英語の発音のキーポイントとなります。

ぜひ日頃から喉を使うことを意識して発音を練習してみてください。

 

動画でおさらい

英語の発音のキーポイントはノドにあり?!を英語で表現するには?を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。

2人の子供をこよなく愛する。


英語はいまだに得意とは言えないものの、

英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 同じ意味です。「Would you like something to eat ?」と「Would you like to eat something ?」

  • 「正直」「ぶっちゃけ」を英語で言うと?To be honest,◯◯

  • 実は便利な日本語「芸能人」は英語でなんて言う?

  • 英語での「かっこいい」の表現いろいろ

関連記事

  • 微妙すぎる!「ear」と「year」の発音の違い

  • 全然ウイルスじゃない「virus」のネイティブ発音

  • 苦手な発音は早口言葉でマスターできる! 英語の早口言葉で発音を集中レッスン!

  • 「woman」と「women」の発音の違い。英語ネイティブでも地域によりけり

  • 英語のLの発音方法。ネイティブは書かれていないのは発音しない!

  • わからなくても困らない?「Fan」と「Fun」の発音の違い