1. TOP
  2. 発音
  3. ネイティブの「girl」の発音方法。ポイントは最後のLの発音にあり!

ネイティブの「girl」の発音方法。ポイントは最後のLの発音にあり!

 2018/05/27 発音
 
LINEで送る
Pocket

少女を意味する英単語girl。日本人にとっては発音が難しい英単語の一つです。

それもそのはず、この短いgirlという英単語の中には、日本語にはない発音がいくつも含まれています。

しかし、逆に考えればこのgirlの発音さえマスターしてしまえば、ネイティブらしい発音をいくつも身に着けたことになります。きれいな発音を目指すのであれば、挑戦しない手はありません。

今回はこのgirlをうまく発音するいくつかのコツについて紹介します。

GIRLは3つに分けて発音練習する

girlを上手く発音するためには、3つのパーツに分けて発声してみることが肝心です。

分けるといってもカタカナ英語の「ガール」を「ガ」と「ー」と「ル」に分けるわけではありません。gr、そしてl(エル)に分けてそれぞれの発音を考えてみましょう。

まずはg。あえてカタカナで表記するならグですが、これはネイティブらしい発音とはいえません。

グをローマ字で表記するとguとなりますが、ネイティブの発音において「u」という母音は必要ないのです。

実際にgirlのスペルを見てみるとgの後に「u」はついていません。グの後は小さなゥをつけずピタリと止まるよう意識してみると、ネイティブの発音に近づきます。

最初は難しいかもしれませんがゥという母音をどんどん短くする練習をしてみるといいでしょう。

ネイティブの発音ではこのように子音のあとに母音がつかないケースが多々あります。

日本語の感覚だとどうしても子音のあとは母音で伸ばしたくなってしまいますね。しかし、そこをグッとこらえて子音で止めるという意識がネイティブらしい英語の秘訣です。

続くrlについては舌の位置を意識することになります。詳しくは以下で説明しますが、発音が難しい単語はこのようにいくつかのパーツに細分化してみると分かりやすくなります。

この考え方を他の発音が難しい単語でも取り入れてみるといいでしょう。

RとLの発音のコツは舌の正しい位置

gに続くrの発音は日本人にとっては発音が難しい音として知られています。

それもそのはず、日本語にはこのrの音がないのです。しかし、rのように日本語にはない音でも舌の位置にさえ気を付ければ必ず発音することができます。

まずは舌を口の中で内側に丸めてみましょう。舌の両端を両奥歯にくっつけるようなイメージです。

うまくできない場合は舌を少し引いてみたり、上げたりして位置を調節してみましょう。

そうして練習しているうちに、少しずつネイティブらしいrの音に近づいてくるはずです。

先ほど説明したgの音から母音を挟まずすぐさま舌を丸め、rの舌の形を作ります。するとgirlのgirまでが完成です。

残る要素はlだけとなります。最後のlですが、実は意識する必要はありません。

例えば単語の最初にあるlの発音では舌を歯茎の裏に当てることになりますが、単語の最後にlがある場合、そのように舌を歯茎にくっつける必要はないのです。

Wonderfulという単語もlで終わっていますが、「ワンダフォー」というように伸びており、最後にあるlの音は聞こえてこないはずです。

girlの場合も同様に、舌先を歯茎の裏にくっつけず終わることになります。

日本語の発音にないからという理由で必要以上に難しく感じてしまいがちなrl。しかし、舌の位置に気をつければ日本人でもきれいに発音することができます。

まずは正しい舌の位置を把握することが肝心です。

舌の位置についてはこちらの記事も参考になります。

発音しやすい舌の位置を見つける

先述した通り舌の位置は発音のキーポイントです。もちろん元来日本語に含まれていない発音をするためには、日本人にとって多少居心地が悪い位置に舌を持っていく必要があります。

しかし、舌の位置を意識して練習しているうちに「ココだ!」と感じる舌の位置を見つけることができるはずです。

このように発音しやすい舌の位置を見つけることこそが、発音の難しさを克服するための
カギとなります。

そのためには何度も試行錯誤しなくてはならないでしょう。

いろいろな資料を集めて舌の位置を研究しなくてはいけないかもしれません。しかし、そうしているうちに少しずつネイティブらしい発音に近づいていくはずです。

日本語にはない発音でも決して得体の知れない音ではなく、物理的な舌の位置で決まる音なのだと理解してください。

実際ネイティブは難なく発音しているのですから、口の構造的に不可能な音ではありません。

自分にとって発音しやすい舌の位置が必ずあるはずなので、見つかるまで何度も練習を繰り返しましょう。

発音のコツは単語を分割して最後にくっつける

発音が難しい単語は、今回ご紹介したgirlのようにいくつかのパーツに分けてみると分かりやすくなります。

それぞれのパーツを練習する際は発音が難しい部分にだけとらわれず、自分にとって簡単なところから初めてみましょう。
最終的にすべてをくっつけて、きれいな一単語を発音できればいいのです。

girlのパーツごとの発音方法はすでに紹介しました。あとはすべてをつなげてなめらかに言えるようになれば、美しいgirlの完成となります。

完成した自分のgirlをネイティブの発音と聞き比べてみましょう。きっと遜色ないはずです。

「girl」の使い方についてはこちら

意識してとにかく練習する!

girlのように、そもそも日本語にない発音を含む単語をネイティブスピーカーのように発音したいのであれば、とにかく意識して練習するしかありません。

長年、英語圏に暮らしていても意識して発音していなければ、いつまでたっても日本語訛りの英語、つまりカタカナ英語のままなのです。

例えば、r、l(エル)以外にも、th、v、fなど日本人が発音し難いものがあります。

<単語例>
refrigerator
冷蔵庫

really
本当に

relation
関係


birthday
誕生日


violin
バイオリン

また、同時にネイティブスピーカーの話すスピードは教材などで使われているはっきりと聞き取りやすいスピードよりかなり早く、単語と単語をつなげて話しています。

単語ごとの発音練習と併せて実施したいのが、この1つの単語にも聞こえる複数の単語の発音練習です。

例えば、

What time
発音:ワッタイム


good job
発音:グッジョブ


lot of
発音:ラダ


need it
発音:ニーディッド


talk about
発音:トーカバウト


chill out
発音:チラウト


would you
発音:ウッジュー


get it
発音:ゲレッ

ネイティブの「girl」の発音方法。ポイントは最後のLの発音にあり!まとめ

girlのように日本人にとって難しい発音が含まれている単語も、紹介したように単語を区切ること、そして舌の位置に気を付けることによって必ず発音できるようになります。

そしてこのノウハウはすべての発音が難しい単語で活かすことができますので、発音の練習方法としてぜひ取り入れてみてください。

動画でおさらい

「ネイティブの「girl」の発音方法。ポイントは最後のLの発音にあり!」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。