「結局」を英語で言うと?end upを使って表現してみよう!

LINEで送る
Pocket

仕事がなかなか終わらなかった翌日、

友人に
「その後、仕事どうなった?」
と尋ねられたシーンを
イメージしてください。

「結局終電で帰ったよ」
と言いたいとき、

英語では何と
表現すればいいのでしょうか。

今回は
「結局終電で帰った」

という表現について
紹介します。

end up ~ing「結局○○をする」

「結局~する」
「結局~する羽目になった」は
‟end up ~ing”

と表現します。

会話などで
起こってしまったことを伝えるので

過去形の
‟ended up ~ing”

にして
使う点がポイントです。

「結局終電で帰った」は
” I ended up taking the last train home.”

と言います。

「終電に乗る」:‟take the last train”

たとえば休日の話をしているとき、

「結局一日中家にいたよ」
と言いたければ、

‟I ended up staying home all day.”

と表現します。

「家にいる」:‟stay home”、

「一日中」‟all day”です。

また女性が友達と話しているとき、

「結局、彼と結婚しちゃった」
と言いたいければ、

‟I ended up marrying him.”

と表現すればOKです。

電車に乗るシチュエーションは
こちらの記事も参考になります
⇒電車に乗って目的地へ向かう時の英語!

end up「結局」の微妙なニュアンス

‟end up ~ing”=「結局~する」
「結局~する羽目になった」

と説明しましたね。

「羽目になった」
ということは

予期していなかったことが起こってしまった

というニュアンスを含みます。

ですので、
「結局彼と結婚しちゃった」
‟I ended up marrying him.”

は、
もしかすると

独身を楽しみ続けたかったのに
他に本命がいたのに
のような心境が
隠れているのかもしれませんね。

「一日中」を表す英語については
こちらの記事も参考になります
⇒英語で「吐き気」のカジュアルな言い方は?

まとめ

今回は
「結局終電で帰った」=‟I ended up taking the last train home.”

という例文を使って、

「結局~した」=‟I ended up ~ing.”

の表現について
紹介しました。

少し残念な気持ちなったり
予期しなかったことが起こってしまった時に
使ってみましょう。

‟I ended up ~ing”
のイディオムを丸暗記して
さまざまな「結局~しちゃった」を
使ってみましょう。

動画でおさらい

「end up」結局終電で帰ったよ、結局彼と結婚したよを英語でを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須