「気にしないで」を英語で?シチュエーション別ネイティブが使う34のフレーズ

気にしないで 英語 Don't worry about it

気にしないで!大丈夫だよ。
今言ったこと気にしないで。
別にいいよ。気にしないで。

気にしないでというフレーズを使う時は、大丈夫心配ないという意味で使うことが多いです。
ただ、この気にしないでという日本語、幅広い範囲で使える点では便利ですが、使う場面によって微妙にニュアンスが変わる厄介な言葉でもあります。
これは、英語表現にも該当します。英語も、状況に合わせて気にしないでにあたる表現を使い分ける必要があります。

そこで、今回は気にしないでの英語表現を使用場面別に紹介していきます。

気にしないでの英語表現をマスターして、その時々のシーンに合った英会話表現を使い分けていきましょう!

謝られた時の「気にしないで」の英語表現

気にしないで 英語 Don't worry about it

まずは、I’m sorry.(ごめんね。)などと謝られた時の返事として使う、気にしないでの英語表現から紹介していきます。

一般的な「気にしないで」の英語表現

I’m sorry.と謝罪された時に気にしないでと返事する際のおすすめ英語表現は、こちら!

ごめんね。
I’m sorry.

気にしないで!
Nevermind!

Never mind.で、謝った相手に対して、気にしないで大丈夫何てことないですよという気持ちを伝えます。

Never mind.の他にも、さまざまな表現があります。使うフレーズに幅を持たせたい人はこれらも合わせて覚えましょう!

ごめんね。
I’m sorry.

気にしないで。
Don’t worry about it.

No problem.

It’s nothing.

It is ok.

It’s all right.

Forget about it.

Don’t be sorry.

It doesn’t matter.

It’s fine.

丁寧に伝える「気にしないで」の英語表現

ビジネスメールなどフォーマルなシーンでも使える表現には、次のようなものがあります。

気にしないでください。
Please don’t worry about it.

Please don’t be sorry.

既に紹介した一般的な表現の2つの命令形(Don’t worry about it.Don’t be sorry.)にpleaseを付けて丁寧にしたものなので難しいことはありませんね。

「気にしないで」のスラング表現

I’m sorry.と謝罪された際に伝える気にしないでには、スラング表現もあります。

ごめん。
I’m sorry.

気にしないで。
No worries.

No worriesは、実はオーストラリアで生まれたスラング表現です。その後、ニュージーランドやイギリスに広まり、現在ではアメリカでも日常的に使用されています。

なお、SNSなどインターネット上では、略語NW!が使われています。
いずれもスラング表現なので目上の人には絶対に使わないようにしましょう。

英語の略語に関してはこちらの記事が参考になります。

お礼を言われた時の「気にしないで」

次にThank you.(ありがとう)とお礼を言われた時の返事として伝える気にしないでの英語表現を紹介します。

感謝された時の返事「気にしないで」の英語表現

Thank you.(ありがとう)と感謝された時の返事としておすすめの気にしないでの英語表現はこちらです。

ありがとう。
Thank you.

気にしないで。
No problem.

先に紹介したとおり、No problem.は、I’m sorry.などと謝罪を受けた時の返答にも使える便利なフレーズですね。

その他には、こんな表現もネイティブは使います。No problem.のワンパターンに飽きた人は、これらのフレーズをどうぞ!

ありがとう。
Thank you.

気にしないで。
Don’t worry.

Don’t mention it.

It’s nothing.

丁寧な「気にしないで」の英語表現

Thank you.(ありがとう)と感謝された時の返事として、ビジネスシーンでも使える丁寧な英語表現はこちらです。

気にしないでください。
Please don’t mention it.

It’s my pressure.

You’re welcome.

You’re welcomeの用法を確認しましょう。こちらの記事が参考になります。

友人などを励ます時の「気にしないで」の英語表現

友人や家族が落ち込んでいる時には、気にしないでと励ましたいですよね。
ここでは、そんな人を励ます時の気にしないでの英語表現を紹介します。

励ます時に使いたい「気にしないで」の英語表現

落ち込んでいる人を励ます時の気にしないでの英語表現はたくさんあります。
以下の例文は全て気にしないでのニュアンスを持ちます。

心配すること無いよ。
Don’t worry about it.

大丈夫だよ。
It’s all right.

どうってことないよ。
It’s nothing.

大した問題じゃないよ。
It’s not a big deal.

No big deal.

自分を責めないで。
Don’t blame yourself.

あなたのせいじゃないよ。
That’s not your fault.

悪く思う必要ないよ。
You don’t have to be sorry.

心配する必要ないよ。
You don’t need to worry about it.

そんなこと忘れて。
Forget about it.

これらは、友人がどんな状況で心配しているのか、落ち込んでいるのかで使い分けができそうですね。

「気にしないで」のスラング表現

友人などを励ます時の気にしないでには、スラング表現もあります。

気にするな!
Don’t sweat it!

sweatという意味の単語です。急に心配したり不安になったりすると冷汗が出ますよね。そこから、相手が心配している時に、Don’t sweat it.直訳すると汗をかくなという表現を使うようになりました。

直前の言葉を取り消す時の「気にしないで」の英語表現

会話中に、口にしてしまったけど、やっぱりいいや、気にしないでというシチュエーションがありますよね。
そんな自分が口にしてしまった言葉を取り消す時の気にしないでのおすすめ英語表現はこちら。

(さっき言ったこと)気にしないで。
Never mind.

Never mind.I’m sorryと謝罪された時の、気にしないでのフレーズでも使えましたね。
直前の言葉を単に取り消すだけでなく、質問に対する答えをはぐらかしたい時や、話していたけれど相手が聞いてくれなくてもういいよ!などと、半ば怒りながら使うこともできます。

Never mind.の他に、Forget it.(それ忘れて)Oh, Nothing.(何でもない)といった表現も同様に使えます。

まとめ

気にしないで 英語 Don't worry about it

気にしないでの英語表現を紹介しました。
一般的な表現からビジネスシーンでも使える丁寧な表現、スラング表現まで幅広く紹介しました。
シーン別で共通しているフレーズもありますが、そうでないものの方が多かったですね。
それぞれのシーンを思い浮かべながら、繰り返し声に出してみてください。
ただ何となく読み流すよりもぐんと頭に入ってきますよ!

家族や友人に対して、適切な場面で気にしないで!とさらりと一言かけられると素敵ですね。

最初のコメントをしよう

必須