429
Too Many Requests

褦ȤڡɽǤޤǤ

Υ顼ϡ¿ΥꥯȤäȤ̣ޤ
֤֤ƺ٥Ƥ

ʲΤ褦ʸͤޤ

  • ִṲ̄Webä
  • ץˤ̤ΥꥯȤȯ
#top-btn{display:none}.main-color,.hover-color:hover {color: rgba(18,122,44,1);}#ez-toc-container, #ez-toc-container .ez-toc-title-container, .ez-toc-list li, #toc_container, #toc_container .toc_title, .toc_list li {border-color: rgba(18,122,44,.3);color: rgba(18,122,44,1);}a:hover, .content-post a, .calendar_wrap a {color: rgba(18,122,44,1);}#page-top-menu {background: rgba(18,122,44,.1);}#left-icon-area i {color: rgba(18,122,44,.3);}#left-icon-area i:hover {color: rgba(18,122,44,1);}#header-searchbox-area input[type="text"] {background: rgba(18,122,44,.1);}#header-searchbox-area input[type="text"] {color: rgba(0,0,0,.75);}#header-searchbox-area button {background: rgba(18,122,44,1);}.top-related-article-list-button a, .related-article-list-sp-button {color: rgba(255,255,255,1);background: rgba(18,122,44,1);}.article-type-list .related-article-list a:after {background: rgba(18,122,44,1);}.article-type-list .related-article-list a:before {background: rgba(18,122,44,.5);}#sidebar-searchbox-area form, #sidebar form, .search-form {border-color: rgba(18,122,44,.2);}#sidebar-searchbox-area button, #sidebar form button, .search-form button {color: rgba(18,122,44,1);}#sidebar .sidebar-head {color: rgba(18,122,44,1);}#global-header, #sp-sub-navigation-wrap, #global-navigation .sub-menu {background: rgba(255,255,255,1);}#site-id a {color: rgba(18,122,44,1);}#global-navigation li a {color: rgba(0,0,0,1);}.cls-1 {fill: rgba(0,0,0,1);}.hover-boderbottom-color {border-bottom: 2px solid rgba(255,255,255,0);}.hover-boderbottom-color:hover {border-bottom: 2px solid rgba(18,122,44,1);}#sp-navigation-content-wrap {background: rgba(18,122,44,1);}.sp-navigation-head {color: rgba(18,122,44,1);background: rgba(255,255,255,1);}#sp-searchbox-area button {background: rgba(255,255,255,0);}#sp-navigation-content-wrap .related-article-list-date,.sp-navigation-related-list a, .widget-inner-spmenu a,#sp-icon-area li a {color: rgba(255,255,255,1);}#sp-searchbox-area input {background: rgba(255,255,255,1);}#one-column,#two-column {background: rgba(18,122,44,.03);}#main,.sidebar-widget {background: rgba(255,255,255,1);}#breadcrumbs li a {}.content-post h2 {color: rgba(255,255,255,1);}.content-post h2 {background: url(https://eigo.plus/wp-content/themes/shaper/img/headline-shadow-white.png) no-repeat left top rgba(18,122,44,1);}.content-post h3 {border-color: rgba(18,122,44,1);}.content-post h4 {border-color: rgba(18,122,44,1);}.post-categories li a, .related-article-list-category .inner, #copy-btn, #pagenate a, .sp-sub-navigation-menu-list a {color: rgba(255,255,255,1);background: rgba(18,122,44,.5);}.post-categories li a:hover, #copy-btn:hover, #pagenate a:hover {color: rgba(255,255,255,1);background: rgba(18,122,44,1);}.tagcloud a:hover, .post-author-list-btn a, .authors-list .post-author-list-btn a, #comment-submit, input[type="submit"], .continue-button a {color: rgba(255,255,255,1);border-color: rgba(18,122,44,1);;background: rgba(18,122,44,1);}.tagcloud a, .post-author-list-btn a:hover, .authors-list .post-author-list-btn a:hover, #comment-submit:hover, input[type="submit"]:hover, .continue-button a:hover {color: rgba(18,122,44,1);background: rgba(255,255,255,1);}.comment-list-txt {background: rgba(18,122,44,.2);}.content-post hr {border-color: rgba(18,122,44,1);}.pnavi-prev-icon,.pnavi-next-icon {color: rgba(18,122,44,1);}.related-article-list-head,.archive-related-article-list-head {color: rgba(18,122,44,1);border-bottom-color: rgba(18,122,44,1);}.related-article-list-head:after {background: rgba(18,122,44,1);}#related-article-list-wrap {background: rgba(255,255,255,1);}.aside-head {color: rgba(18,122,44,.75);}.related-article-list-head.aside-head:after {background: rgba(18,122,44,.75);}.related-article-list-eyecatch:before {border-color: rgba(18,122,44,1) transparent transparent transparent;}#top-btn a {border-color: rgba(18,122,44,1);color: rgba(255,255,255,1);}#top-btn a {background: rgba(18,122,44,1);}#global-footer {background: rgba(18,122,44,.1);}.footer-menu-title {color: rgba(18,122,44,.75);}#global-footer-menu li a, #global-footer-menu .footer-info-area p.footer-info {color: #333333;}#global-footer-menu .footer-info-area .footer-info-sitetitle {color: rgba(18,122,44,1);}#global-footer-info-area {color: rgba(255,255,255,1);background: rgba(18,122,44,1);}

ネイティブが頻繁に使う「gorgeous!」ってどんなニュアンス?

ネイティブスピーカーと話していると、
He/She is gorgeous.


という表現を聞くことがあるかと思います。

日本語でよく使う「ゴージャス」の意味とはニュアンスが違うことがあります。

では、He/She is gorgeous.とはどのような意味があり、どんなシーンで使われるのでしょうか。今回は、He/She is gorgeous.という表現について紹介します。

Heで言うと違和感が…

日本語で、ゴージャスというとどんなイメージを持たれるでしょう。

だいたいは、ぜいたくで華やかというイメージがありますよね。辞書で調べても「豪華な」「華美な」「立派な」という意味が最初に出てきます。

なので女性に対しては、ゴージャスという言葉を使う機会があるかもしれませんが、

男性に対して、ゴージャスという言葉を使うのには少し違和感があるかもしれません。

一方英語の場合は、gorgeousを、heに対してもsheに対しても同じように使います。

その点を踏まえて、He/She is gorgeous.という表現を見ていきましょう。

「gorgeous!」は万能な「褒め言葉」!

gorgeousは前述の「豪華な」「華美な」「立派な」という意味の他に人に対して使うと「素敵」という意味があります。

素敵と聞くと、人によって色々な捉え方がありますが、gorgeousは顔だけでなく、スタイルや雰囲気も含めすべてが素敵という意味になります。

ハリウッドスターやスーパースターに対して使われることもあります。

たとえば女性同士が話していて、
He is so gorgeous.

と言うと、彼ってとてもかっこよくて素敵。という意味になります。

この例文のように、gorgeousに「so」をつけることも多いです。

逆に、男性の方も女性に対して、
she is drop-dead gorgeous.

と言うと、彼女は驚くほど魅力的(素敵)だ。という意味になります。

景色を見て「gorgeous」

また、人や物に対して、He/She is gorgeous.と使う以外にも、

たとえば景色や風景に対して

ここは素敵な町だ
This is a gorgeous town.

なんて素晴らしいパーティーなの!
What a gorgeous bash!

と使う場合もあります。

このように、人や物の他にも、景色や風景、雰囲気に対して「素敵」「素晴らしい」というニュアンスで、gorgeousを使うこともあります。

旅行で訪れた場所や、特別な日を過ごした時に使うのもいいかもしれません。

挨拶にも使える?

ユニークなgorgeousの使い方に挨拶として使う場合があります。

例えば、
Hello, gorgeous.

は、仲の良い友人同士で交わされる挨拶のひとつです。特に着飾っていなくても使われる、少し愛嬌のある挨拶です。

ほかにも、
Come on, gorgeous.

は電車などで、男性が女性に対して、もしくは大人が子供に対して、(席空いているから)ここどうぞ。というニュアンスで使われることもあります。

とても多様な使われ方をしていますね。

gorgeousのイメージがだいぶ変わってくるのではないでしょうか。

最高の褒め言葉

日本語では、男性に対しては「かっこいい」、女性に対しては「かわいい」など、男性に対して言う褒め言葉と女性に対して言う褒め言葉が違いますが、英語では男性に対しても女性に対しても同じ褒め言葉を使うことがあります。

たとえば、gorgeous以外にもcuteは日本人の場合、多くの人が女性に対して使う褒め言葉だと思いがちですが、実は男性に対しても女性に対しても使える褒め言葉です。

日本で、
cute

はかわいいという意味で覚えている人が多いかと思いますが、女性が男性に対してかっこいいという意味で使うこともできます。

He’s so cute.

というと彼、すごくかっこいい!のようなニュアンスになります。

もちろん逆に男性が女性に対して
彼女、すごくかわいい!
She’s so cute.

のように使っても問題ありません。

gorgeousとcuteはどちらも褒め言葉ですが、gorgeousのほうが容姿・内面どちらも「素晴らしい」。

cuteのほうが容姿・内面ともに「純粋でチャーミング」という若干ニュアンスは違いますが、どちらも男女ともに使うと喜ばれます。

他にも色々!男女に使える褒め言葉!

他にも、さまざまな褒め言葉があります。

魅力的、人を惹きつける
attractive

トータル的に美しい
beautiful

顔が美しい、清潔感がある
pretty

ただ、prettyの場合、男性に使う際には注意しなければなりません。

prettyは基本的に「男らしい」というニュアンスより「(中性的で)美しい」というニュアンスがあります。

なので、場合によっては「ナルシスト」「女々しい」と受け取られてしまうかもしれないのでご注意ください。

ただ、gorgeousもcuteも含め、男性女性問わず使える最高の褒め言葉です。ぜひ覚えて使ってみてください。

ネイティブが頻繁に使う「gorgeous!」ってどんなニュアンス?まとめ

今回は、He/She is gorgeous.を中心に、ネイティブスピーカーがよく使う褒め言葉について紹介しました。いかがでしたか?

素敵な人と話をするのは盛り上がるものです。

「かっこいいな」「かわいいな」「素敵だな」と思う人がいたら、He/She is gorgeous.をはじめ、色んなニュアンスの褒め言葉をぜひ使ってみてくださいね。

動画でおさらい

「ネイティブが頻繁に使う「gorgeous!」ってどんなニュアンス?」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。


Warning: imagecreatefromstring(): Data is not in a recognized format in /home/idea3/eigo.plus/public_html/wp-content/themes/shaper/lib/common.php on line 240