1. TOP
  2. 銀行で使う英語「日本に送金したいです」
Sponsored Link

銀行で使う英語「日本に送金したいです」

 2016/12/01 英会話フレーズ
  71 Views
LINEで送る
Pocket

海外出張や海外赴任をしていると、日本に送金する機会も多いかと思います。

銀行で「日本に送金したいです」と言うとき、英語では何と表現すればいいのでしょうか。

今回は言えそうで言えない「日本に送金したいです」という表現についてご紹介します。

Sponsored Link

”I’d like to”

shutterstock_367343003

銀行で「日本の家族に送金したいです」と言いたいときには”I’d like to send money to my family in Japan.”と表現します。

「~したいです」”I’d like to ~”はよく使える表現ですので覚えておきましょう。

たとえば“send money”以外にも、“I’d like to take a photo.”「写真を撮りたいのですが」のように使えます。”to”の後には動詞の原形が続く点に注意して使ってください。

 

toの後は送りたい相手

「~に送金する」”send money to~”と表現します。”to”の後には”my family”「家族」以外にも”my brother””my sister”など、送金したい相手を当てはめましょう。

なお「送金する」は硬い表現では”make a remittance”と言います。

ビジネスシーンや正式な書類上で使うことのある表現ですが、日常会話では”send money”で十分通じるため、まずは”send money”「送金する」から覚えましょう。

 

銀行で使えるその他の英語はこちら
⇒英語で銀行口座を開くには?

まとめ

今回は「~に送金したいです」と言いたいときに銀行で使える表現”I’d like to send money to~.”をご紹介しました。

いかがでしたか。

海外出張や海外赴任の予定がある人は便利に使える表現です。

機会があればぜひ覚えて使ってみましょう。

 

動画でおさらい

「日本に送金したいです」銀行で使える英語フレーズを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 1千万円請求された私の体験!アメリカ留学1年間の費用の目安

  • TOEICリスニングでハイスコアを取る3つのコツ!

  • せっかくの留学やワーホリを充実させるための3つのポイント

  • 英語で電話対応「彼はいつお戻りになりますか?」の3つの言い方

関連記事

  • 英語で「それは聞かないで」決まり文句 “Don’t go there”

  • 「うらやましい!」の英語表現は色々!ネイティブがよく使うのは?

  • 「あ”~!肝心な時に見つからない!」を英語で表現すると全然違う!

  • 「蒸し暑い」は英語で?むしむし感を表現する英語

  • 「えっ?」と驚いた時の英語の表現・音

  • ネイティブがよく使う「It’s not your fault.」硬い表現で覚えないで!