1. TOP
  2. 英会話フレーズ
  3. 「lazy」のぜんぜん違う3つの意味と使い方

「lazy」のぜんぜん違う3つの意味と使い方

 2016/12/01 英会話フレーズ
 
LINEで送る
Pocket

本日はLazyという単語の使い方についてです。

Lazyというと「怠け者」という意味で習った方が多いのではないかと思うのですが、他にも意味があるということをご存知でしょうか?

今回はそんなLazyについて説明していきたいと思います。

「なまけもの」

shutterstock_365694512

英語の授業などで、Lazyというのは「怠け者」と習ってると思います。

確かに「怠け者」という意味もあるので、たとえばHe’s so lazy.というと、「あいつ本当に怠け者だよね」みたいな感じの文章を作ることもできるのですが、

もちろん文法としては何ら問題ないでしょう。

「0暇な日」

しかし、Lazy“という単語は「怠け者」という以外にも意味があります。

例文を通して見たほうが分かりやすいので、一個ずつ説明していきましょう。

まずは、Ah, another lazy day.という表現。

これは皆さんがご存知の「怠け者」と訳すことができますよね。

たしかにそう見えてしまうのかもしれませんが、実はこのlazy「暇」と訳すこともできます。

another lazy day.の意味をよく考えてみたら、何もすることがないというだけで「怠け者」になるというのはおかしいですよね。

ですので、「ああ、今日もまた暇だな」って言うときにanother lazy day.という言い方をします。

「のんびり」

shutterstock_525463531

そしてもう1つの例文を紹介しましょう。

I spent a lazy afternoon reading a book.という表現です。

「怠けた午後を費やした、時間を過ごした」と直訳したくなってしまう気持ちはわかるのですが、

I spent a lazy afternoonがどのようなニュアンスかと言いますと、「のんびり」と訳すことができます。

ネイティブは、何もしないで、「ああ、なんかいい感じだな」って言うときにlazy afternoonという表現を使ったりします。

何していたかという表現を付け加えると、reading a book.「本を読んでいた」という表現を加えて、

「本を読んでのんびり午後を過ごしました」というニュアンスをだすことができますよ。

まとめ

Lazyという単語は、もちろん「怠け者」と訳すこともできますし、それ以外にも「暇」と訳すことも「のんびり」と訳すこともできると覚えてください。

文脈や場面によって訳が変化するLazyという単語を覚えて、日常会話に生かしてくださいね。

動画でおさらい

「lazy」のぜんぜん違う3つの意味と使い方を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。