県・市・区を英語で何て言う?「 Prefecture」「city」「ward」の発音

LINEで送る
Pocket

自分の住所をどう英語で言うのか迷ったことはありませんか?

また英語で手紙を書くとき、差出人欄の住所の記載に困ることもあるかと思います。

は英語でどのように言えばいいのでしょうか。今回は県、市、区の英語での表現について紹介しましょう。

住所を英語で書く時の県・市・区の表現

住所を表記する順番は、狭い範囲から、つまり日本語で書く際と逆の順番で書く、という決まりは覚えていると思います。

しかし、いざ実際に英語で住所を書こうとすると、細かいところをどう書いたらいいか覚えていなかったりします。

特に日本の住所で区分を表す以下の3つはどうでしょうか?

は英語で
Prefecture

と言います。

たとえば山梨県であれば
Yamanashi Prefecture

という具合です。

実際には少しつづりが長い単語なので、Pref.と表記されることが多いです。

Yamanashi Pref.
といった具合です。

また、47都道府県の内、県以外については、それぞれ、Tokyo、Osaka、Kyoto、Hokkaidoというように、Prefectureなしで書きます。


City

を使います。

武蔵野市であれば
Musashino City

と表現します。


Ward

です。

例えば、中野区であれば
Nakano Ward

と言います。

Prefecture/City/Wardの正しい発音

先ほど紹介した県、市、区を意味するPrefecture、City、Wardは、

・プリフェクチャー
・シティー
・ワード

というカタカナ発音ではネイティヴには通じません。

きちんとした英語の発音と、それぞれその意味である県、市、区とを、リンクさせて覚えるようにしてください。

特にPrefectureは、日本人にとっては発音が難しい単語ですが、しっかり練習して正しい発音を覚えましょう。

口を閉じた状態から、破裂音でプッ続けて、舌を内側で巻いた状態から口を横に開きルィ、下唇を噛み前に出す感じでフェ、舌を口の中のどこからも離しながら破裂させる感じで、唇を前に出しながらチュ、そして弱くこれを続けて発音してみましょう。

また、発音をカタカナで表現する書くのであれば、ならCityシリーWardウォードとなります。

まとめ

いかがでしたか?今回は、県、市、区のそれぞれの英語表現と発音を説明しました。

海外の人に手紙を書く時や、会社のでは名刺の記載でも使えますので、ぜひ覚えてみてください。

動画でおさらい

県・市・区を英語で何て言う?「 Prefecture」「city」「ward」の発音を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket