「Sort of」の意味と使いかた。まぁそんな感じかな・・・便利な英語表現




LINEで送る
Pocket

日常会話で返事を曖昧にしたい時や断定できない時、日本語で「まあね」「そんな感じかな」と答えることがあると思います。
それが英会話になった場合、相づちや答え方に困ったことはないですか?

質問のすべてに、Yes!No!で答えられるわけではありません。
断定できない時や、答えを曖昧にしたい時は、どのように答えを返したらよいのでしょうか。

知っていると便利なフレーズのひとつ、Sort of.を中心に、断定しない答え方の英語表現を紹介します。

曖昧な返事

何かの問いに対して、曖昧な返事を返したい時は、Sort of.を使います。

Sort of.と同じような表現にKind of.があり、発音では省略して、Sorta.(ソーダ)とかKinda.(カインダ)と言うことが多いです。

Sort of.
の口語形がSorta.Kind of.の口語形がKinda.で、カジュアルな表現として、会話の中でよく使われます。

直訳すると、「まぁそんな感じかな」「どちらかと言えばそうかな」くらいの曖昧な感じの表現です。

Sort of.Kind of.は同じ意味で、置き換えて使うこともできます。
違いはほとんどなく、一般的にアメリカ人はKind of.、イギリス人はSort of.を使う傾向があるという程度です。

このSort of.Kind of.、100%断定して言い切れない時の返事としてよく使われます。

はっきりとは言いにくいとき、曖昧な表現をしたいときなどに便利な英語表現ですのでぜひ覚えましょう。

その他にもある、発音のポイントはこちら。

実例:こんなシチュエーションで使える!

では、Sort of.Kind of.はどのようなシチュエーションで使われるのでしょうか。

過去に実際あった例で説明します。

私の大学時代にZachという親友の男の子がいて、ZachJennyという女の子が大好きでした。

二人はお互いに仲良くなり始めていて、周りから付き合っているように見られ始めた頃、私はZachに聞きました。ZachはもうJennyと付き合ってるのか、と。

Are you already seeing her?
彼女ともう付き合ってるの?

するとZachは、こう答えました。

Sort of.

ZachSort of.と答えることによって、つき合っていると断定はしていないことがわかります。

どちらかと言えばというニュアンス

Zachが伝えたかったのは、どちらかと言えばもう付き合っているのだけれど、正式には付き合っているというわけではないという状況でしょう。

Zachの返事から、もう付き合うことになる感じだけど、正式に付き合っているとはなんとなく言いづらい、という気持ちが感じられます。

100%つき合っているとは言い切れないのでSort of.、と答えたわけです。

断定はできないけれど、「どちらかと言えばそんな感じ」「まぁそんな感じ」という、曖昧な感じで肯定している答えですね。

Kind ofを使った、その他の英語表現はこちらの記事も参考になります。

日常会話の中でも

日常のちょっとしたやりとりでも、Sort of.Kind of.は使えます。
例文をあげてみます。

Sort of

What happened to you? Are you okay?
何があったの? 大丈夫?
Sort of.
まあね。

Are you okay?と聞かれて、Sort of.と答える場合、Sort of.(まぁね。)は、何か事情があり、100%大丈夫ではないニュアンスを含む答え方です。

Kind of

Are you listening to me?
私の話聞いてる?
Kind of.
まぁね。

Kind of.Sort of.と同様、単体で「まぁね」「そんなところ」のような曖昧な返事として、YesでもNoでもない場合によく使われます。

どちらも、相手から何かを確認するような質問をされた時に、全ては合致していないけれど、どちらかと言えば合っている、というシチュエーションで使われることが多いです。

これらのフレーズを頻繁に使うネイティブスピーカーもいますが、使い過ぎには要注意!
あまり多用し過ぎると、カジュアルになり過ぎることもありますし、あいまいな表現ばかりでは相手をイライラさせてしまうこともあります。

使う相手と場所を考えて、適度に使うようにしましょう。

まとめ

今回は曖昧な返事について、彼と彼女の微妙な関係を具体例にあげて、説明しました。

日常会話の中で、100%断定できない、ハッキリ言いきれない返事をすることはよくあります。

「まぁそんな感じかな」とか「どちらかと言えばそうかな」くらいの断定できないようなときに、Sort of.Kind of.を使ってみてください。
ただし、使い過ぎには気をつけてくださいね。

実はSort of.Kind of.も、海外ドラマや映画の中では、頻繁に使われているフレーズです。
どんなシーンでこのフレーズを言っているか、意識しながら映画やドラマ鑑賞をしてみるのもおもしろいと思います。

今まで気づかなかった会話のニュアンスや雰囲気を感じられるかもしれません。

動画でおさらい

「Sort of」の意味と使いかた。まぁそんな感じかな・・・便利な英語表現を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須