まずはこれだけ覚えよう!別れ際に使える英語のフレーズ5選

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

英語で別れ際の挨拶、どんなフレーズを使っていますか?
good bye

bye bye

だけでも問題はありませんが、もっと色々な言い方ができるようになると、グッと英会話のレベルが上がります。

そこで今回は日常英会話でよく使われる別れ際のフレーズ5選を紹介します。

I have to go now.

まず覚えたい表現が、

もう行かなきゃ。
I have to go now.

です。
I have toは「◯◯しなければ」という意味で、そのあとにgo nowと続けてもう行かなければいけないことを相手に伝えます。

会話が続いているけど、そろそろ時間でもう行かなければいけないという時に便利な一言です。

See you next week.

次は

また来週ね。
See you next week.

という表現です。

next weekの部分を変えて下記のような言い方もできます。それぞれの場面に合わせて使い分けましょう。

また明日ね。
See you tomorrow.

また近いうちに。
See you soon.

Have a good one / Have a nice day.

3つ目は

良い1日を。
Have a good one.

Have a nice day.

です。

Have a nice day.はよく聞くと思いますが、Have a good one.という表現は聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか?

この2つのフレーズはどちらも「良い1日を」という意味でネイティブたちの日常会話でよく使われます。

英会話フレーズはどうしても覚えたひとつを何回も使ってしまいがちです。Have a nice day.だけを使っている人はHave a good one.も使えるようになるといいですね。

ただHave a good one.はカジュアルな印象があるので、ビジネスシーンや初対面の人に使うのは避けたほうが無難です。

Have a good~についてはこちらのトピックもご参考に。

Say hi to ◯◯ for me.

4つ目は

Aさんによろしく伝えてね。
Say hi to A for me.です。

Say hi to A for me.を直訳すると「Aさんにこんにちはと言ってください」です。なので日本語のニュアンスでは「よろしくお伝えください」となります。

このフレーズは自分と話相手に共通の知り合いや友達がいる時に使えます。
別れ際にこの言葉を添えると、気遣っている気持ちが伝わります。

あなたのお母さんによろしく伝えてね。
Say hi to your mom for me.

ケンタによろしく伝えてね。
Say hi to Kenta for me.

その他にもある、あいさつに関するポイントはこちら。

Take care.

最後は、

気を付けてね。
Take care.

という表現です。

日本語でも友人との別れ際に「気を付けてね」と言うことがあると思いますが、Take care.はそれと同じようなニュアンスです。

そしてこのフレーズのポイントは返事です。下記例文のようにTake care.と言われたら
Thanks, you too.

と返しましょう。

気をつけてね、バイバイ。
Take care, bye bye.

ありがとう、あなたもね。
Thanks, you too.

このフレーズは返事もセットで覚えると良いでしょう。

まとめ

今回紹介した別れ際のあいさつ表現は、とてもベーシックなものばかりです。

海外旅行などで、ネイティブの会話に聞き耳を立てるとこれらのフレーズを耳にすることがあると思います。どれも難しい単語は使われていないので、難易度はそう高くありません。

ただ、とっさの別れ際にこれらのフレーズが出てくるかどうかは練習次第です。使
えるフレーズが増えると英会話の楽しみも増すので地道な練習を重ねて頑張ってください!

動画でおさらい

「Thanks. You too」と返そう!英語での別れ際の表現を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket