「バカ」は英語で?馬鹿の種類によって異なる12の英語表現

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

本気の馬鹿
怒りがこみ上げるような馬鹿
ドジでまぬけなバカ
かわいらしい感じのおばかさん
一言にバカといっても、本気の馬鹿から可愛らしいおばかさんまでバカにもさまざまなニュアンスがありますよね。

今回はバカの英語表現をバカさ加減種類別に6つ、例文と共に解説していきます。あわせて、映画や海外ドラマでよく使われているスラング表現なども紹介します。
実際には使って欲しくない表現もありますが、どれも実際にネイティブが使う表現です。知っておくに越したことはありません。

それぞれのニュアンスの違いや使い方、また使ってはいけない表現を把握して、英会話のトラブル回避に役立てましょう!

バカの英語表現ー本気のバカ

では早速、本気のバカの英語表現を3つ紹介します。

①stupid

stupidは、極めて強めのバカを表わします。知的な賢さが欠如していたり、腹立たしい程のバカというニュアンスです。
バカさ加減に本気で怒っている時に使う表現で、決して冗談で口にしてはいけない表現です。
stupidは、に対してだけでなく、行動や発言、状況そのものなどに対しても使えます。
名詞と形容詞の2つの用法があり、日本語の愚か者(愚かな)馬鹿者(馬鹿げた)がしっくりくる表現です。

これは馬鹿げた間違いだ。
It’s a stupid mistake.

まただわ。この会社はバカばっかり。もううんざりだわ。
Again… There are only stupid workers in this company. I’m totally fed up.

be fed upうんざりという表現です。

うんざりの英語表現に関してはこちらのページが参考になります。

②idiot

idiotは、英英辞書でa stupid personと説明されています。つまり、idiotstupidと同じ意味です。ただ、idiotは、人のみに対して使い、バカな人という意味になります。
バカさの度合いはstupidと同様、純粋にバカでしかなくかなり強いニュアンスです。

最悪だ!あいつホントにバカだ!
Damn it! He’s such an idiot!

damn itはスラングで最悪だの意味でよく使われます。

あんたバカだね!
You idiot!

※このフレーズはSNSなどのネット上やスラングとしてよく使われています。

③fool / foolish

foolishは、知能が劣っていたり、常識が欠如していたりすることを表し、日本語でいう、頭が悪いというバカ本来のニュアンスに近い表現です。
あまり冗談で使われることはなく、どちらかというとシリアスな響きがあります。
foolishは形容詞で、同じルーツの名詞にfoolがあります。foolは、バカ者という意味だけでなく、笑い者達人という意味もあります。
なお、foolには動詞もあり、ふざける冗談を言うという意味になります。

あいつはいつもふざけていて、本当にバカな奴だ。
He is always fooling around and is such a fool.

そんなばかげた話は信じない。
I don’t believe such a foolish talk.

バカの英語表現ー可愛らしいバカ

次に、可愛らしいバカの英語表現を3つ紹介していきます。

①silly

sillyは、お茶目なおばかさんといった感じで使われる表現です。無邪気さ憎めなさひょうきんさがニュアンスとしてある言葉です。
こどもがおどけた時や、冗談で言う時に使われます。

ははは!あなたっておバカさんね!
Ha ha ha! You’re so silly!

やっちゃった!私っておバカ。
Oops! Silly me.

バカの英語表現ースラングでバカ

ここでは、スラングでよく使われるバカを3つ紹介します。

①dimwit

dimwitは、バカうすのろ能無しといった意味で使われます。
dim(暗くてぼんやりしている)と、wit(知力)とが結合した言葉なので、ニュアンスをイメージしやすいですね。
そこまで強い言葉ではありませんが、相手によっては傷ついてしまうかもしれない言葉です。

できなかったわ。私ってバカ。
I couldn’t do it. I’m such a dimwit.

どこに行ってるの、バカ!
Where you’re going, dimwit!

②doofus

doofusは主にアメリカで使われるスラングで、a stupid incompetent person(バカで無能な人)を指します。
シリアスなニュアンスは無く、主に冗談で言う時に使われます。

出てこい、馬鹿野郎!
Come on, doofus!

バカだね~!
You doofus!

③wally

wallyは、主にイギリスで使われるスラングでおバカさんを意味します。憎めない可愛らしいバカというニュアンスで、かなりソフトで冗談っぽい表現です。

おぉい、昨晩何しちゃったか聞いたよ。おバカさん!
Hey, I’ve heard what you’ve done last night. You are wally!

弟はなんてバカなんだろう。
My brother is such a wally.

バカの英語表現ー差別的なバカ

これから紹介する表現は、差別的で侮辱的なニュアンスが含まれています。相手に対して失礼であるだけでなく、知的障害のある全ての人にとても失礼な印象があります。
ただ、残念ながら気にせずに使う人も多いのが現実で、かつ、使って欲しくない表現であるということを知ってもらう為に紹介します。
使っている人を注意して欲しいとまでは言いませんが、自分からは絶対に使わないでください。

①dumb

dumbは、本来、口のきけない無口なという意味の英単語です。主にアメリカの口語表現で、まぬけのろまといった意味で使われます。
本来は知的障害がある人に対しての差別表現、侮辱的なニュアンスがある表現です。しかし、現在では、バカの意味の方が強くなりすぎてスラングとして軽い意味で使っている人が多いようです。
ただし、差別用語に代わりはありません。この記事を読んだ人は、絶対に使わないでください!

発音は/dʌm/bサイレントです。

さっさとやれよ、バカが!
Just do it! Dumb you!

②retard / retarded

retardまたはretardedは、知的障害者精神障害者を指す言葉として一般的に使われていますが、スラングではバカな奴またはバカなを表します。
retardバカな人に対して、retardedバカげた状況に対して使います。

新品なのに穴!バカらしい!
It’s brand new but there’s a hole! This is retarded!

お前らは、マジでバカだな。
You guys are so retarded.

③moron

moronが意味するバカは、本来、精神年齢が低いレベルの成人知能が低いという意味です。それが転じて俗に、まぬけ低能能無しといった意味で使われています。
主に、馬鹿げたことを言ったりしたりする男性に対して使われます。
この言葉もかなり下品で、かつ差別的で侮辱的な表現なので、使わないようにしましょう。

何してくれたの?あんたって本当に馬鹿ね!
What have you done? You are such a moron!

バカの英語表現ーその他

日本語でも英語でも共通して悪口表現というものは、誉め言葉のバリエーションよりも多いものですよね。
上記に紹介した以外でもバカを意味する表現はまだまだあるので、まとめて紹介します。
日常英会話でよく使われる表現ではないですが、耳にしたときに理解できる程度に把握しておきましょう。

バカ
airhead

airbrain

blockhead

dumbass

duffer

muppet

noob

newbie

nincompoop

nitwit

gormless

plonker

prat

pillock

scatterbrained

tool

バカにしてるの?のフレーズはこちらの記事が参考になります。

まとめ

バカの英語表現を紹介しました。
身近にあるおバカなシーンを想像しながら楽しく読めたでしょうか?

バカの表現は、バカの種類やシリアス度によって異なりましたね。
また、スラングを含めバカを意味する表現は数えきれないほどありました。
全ての表現を使いこなせるようになる必要はありませんが、最初に紹介した6つはニュアンスや使用シーンを理解し、使い分けできるようにしておきましょう。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須