1. TOP
  2. Fastfoodの店で使う英語表現!まる暗記すれば大丈夫!
Sponsored Link

Fastfoodの店で使う英語表現!まる暗記すれば大丈夫!

LINEで送る
Pocket

海外でファーストフードで注文する際に使う英会話について、今回はご説明します。

海外旅行に行ってお店に入るときというのは、とても緊張される方が多いのではないかと思います。注文するときも緊張ですごくドキドキして、パニックになって、何を質問されてもわからなくなってしまうというケースが多いかもしれません。
しかし、特にファーストフード店などは、会話の流れは決まっています。まずはその流れを日本語で理解しておけば、英会話になってもそれほど怖いものではないのです。

Sponsored Link

注文する時の流れ

shutterstock_369674555

それでは、最初に日本語で流れをみていきましょう。

注文は、メインメニュー→ドリンク→ドリンクのサイズと進むことが多いです。
店に入ったら、まず列に並び、自分の番がきて、注文を聞かれますね。聞かれたら、「~ください」と答えればいいでしょう。
その後はドリンクです。「ドリンクは何を飲みますか?」と聞かれます。これに対しても、「~ください」と答えます。ドリンクが決まったら、次はそのサイズです。
「飲み物のサイズはどうしますか?」日本のファーストフード店でも同じですね。それが終わると、「以上ですか?」または、「ご注文は以上でよろしいでしょうか?」と聞かれるはずです。それに対して、”Yes”か”No”を答えればいいのです。
最終的には、「テイクアウトされますか。それとも店内でお召し上がりになりますか?」と聞かれるので、それに答えれば注文終了です。

では、流れが理解できたところで、今度は英語の表現を見ていきましょう。

まず、最初にオーダーを聞かれるときによく使われる表現は

“What can I get you?”

です。
直訳すると「私はあなたに何をゲットすることができますか?」のような表現ですが、ファーストフード店では「何になさいますか?」という感じでよく使われます。

こう聞かれたら、おそらく写真付きのメニューなどがあるでしょうから、注文したいものを指差し、
“Can I have this please?”
と言ってオーダーしましょう。
飲食店でのオーダーに役立つ英語はこちら
⇒サブウェイサンドウィッチを完璧にオーダーしてみよう!

ドリンクを聞かれる

次に聞かれるのはドリンクです。飲み物を聞かれるときの表現は
“What would you like to drink?”
です。直訳すると「何を飲みたいですか?」となります。

“What would you like to”までを一続きで覚えて、最後の単語を変えると他の表現にできます。
例えば、
“What would you like to eat?”と言うと、「何を食べたいですか?」という具合です。

答え方は、
“Can I have coke please? ”や “Can I have coke?”
で、「コーラいただけますか?」となります。
“Can I have”についてはこちらの記事もお役立ちです。
⇒電話対応のポイント

サイズを聞かれる

shutterstock_531329038

飲み物をオーダーしたら、おそらくサイズを聞かれますね。
英語では、
“What size would you like?”
です。
”size”を聞き取ることができるかがポイントです。後に続く”would you like?”が早くて聞き取れなかったとしても、“What size”の”size”が聞き取れていれば、何を聞かれてるかがわかります。

答え方は、
”Small size please.”や”Medium size please.”、”Large please.”と言えばいいだけです。

一通り注文が終わると、おそらく「もう以上ですか?」と聞かれるはずです。
「ご注文はこれでよろしいでしょうか?」と確認する場合の英語は“Anything else?”です。直訳では「他に何かありますか?」という意味ですね。

返事は、追加でオーダーするものがなければ、“No. ”と答えて終了、他に頼みたいものがあれば、“Yes”と言った後に、もう一度”Can I have~?”と欲しいものを付け加えればOKです。
日本語では「ご注文は以上でよろしいでしょうか?」と言われることが多いですが、英語では直訳すると「他に何か注文したいものはありますか?」なので、YesとNoの使い分けに注意しましょう。
ファストフード店使う英語はこちらの記事も参考になります
⇒サブウェイサンドウィッチを完璧にオーダーしてみよう!

テイクアウトか店内か?

最後に聞かれるのが、「店内でお召し上がりですか、それともテイクアウトなさいますか?」ということですね。英語では
“For here or to go?”
です。ネイティブのスピーディな発音では、ひとつの単語のように聞こえるかもしれません。

店内で食べるときは”For here.(,please)”、テイクアウトする場合は、”to go.(,please) ”と言いいましょう。

これでオーダーは終了です。

 

頭の中でリハーサルして!

shutterstock_530714437

ファーストフード店でもレストランでもカフェでも、緊張せず、慌てずにオーダーするには、お店に入ったら、注文の前にどんなことを質問されそうかシミュレーションするといいでしょう。

自分の頭の中で英会話をリハーサルしてから臨むと、スムーズに注文できるようになることが多くなります。

 

ファーストフード店での注文は怖くない!

会話の流れを理解できたら、もう怖いものは何もありません。

リスニングをするときに、全部ちゃんと聞き取れなければならない、と思い込んでいる方が多いかもしれませんが、聞き取ることができなくても、文脈で理解することが可能です。これは、シチュエーションで理解する、と言った方がわかりやすいでしょうか。

ファーストフード店で、最初に「何にしますか?」と聞かれるのは分かりきっている事柄です。ですから、すべてわかりきったことが行われていると頭に入っていればそれほど怖くないはずです。仮に英語を聞き取ることができなくても、頭にその流れを思い浮かべるだけで、しっかりオーダーすることが出来るのではないでしょうか。

ぜひ、海外旅行でのイングリッシュライフを楽しみましょう。

 

まとめ

ファーストフード店に入り、英語でスムーズに注文を進めるためには、事前に流れを理解しておくことが大切です。
たいていは、メイン→ドリンク→ドリンクのサイズ→その他追加で注文があるか→店内で食べるかテイクアウトするか、という流れで会話が進むと思います。

会話のモデルケースを復習しておきましょう。

店員:What can I get you?(何になさいますか?)
客:Can I have this, please?(これをいただけますか?)
店員:What would you like to drink?(ドリンクは何にしますか?)
客:Can I have coke, please?(コーラをいただけますか?)
店員:What size would you like?(サイズはどうされますか?)
客:Small size/Medium/Large size, please.(S/M/Lにしてください)
店員:Anything else?(ご注文は以上ですか?)
客:No. /Yes. Can I have xxx?(以上です。/いえ、xxxもいただけますか?)
店員:For here or to go?(店内でお召し上がりですか?テイクアウトされますか?)
客:For here, please/To go, please.(店内で食べます。/テイクアウトします。)

リスニングの際、すべてを聞き取れなかったとしても、文脈やシチュエーションが分かっていれば、何を聞かれているか想像できます。

会話の流れを理解できれば、ファーストフードでもレストランでも、カフェの注文でも怖いものはないはずです。事前に頭の中で会話の流れをシミュレーションして、緊張せずに臨みましょう。

しかし、ひとつ発音に注意点があります。カタカナでは「ファーストフード」ですが、英語では“First”ではなく“Fast”です。「ファースト」と伸ばすとネイティブには”First”に聞こえることが多いようなので、気をつけましょう。

 

動画でおさらい

ファーストフード店こそ英会話の流れが決まっている!を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。

この人が書いた記事  記事一覧

  • あなたも出来るようになる!ネイティブ並みの発音

  • パターンある英語の「おめでとう」!

  • ネイティブが頻繁に使う「You know what」って?意味と使い方を解説

  • 英語でよく使われる褒め言葉「You look」で外見を褒めよう

関連記事

  • 優しい言葉「likewise」の意味と使い方・ニュアンス

  • 旅行中のトラブル!「トイレの水が止まりません」を英語で言える!?

  • 「何番線」を英語でなんと言う? “at track No.◯◯” 電車のアナウンス

  • 英語で「FreeWifiスポットってこの辺にありますか?」ってなんて言うの?

  • 太ったかも…から学ぶ「might」の使い方

  • 「獅子座流星群」を英語で言うと?「the」と「on」についての解説