anymoreの意味と使い方|any moreとの違いは時間か量か

英語 anymore 意味 使い方

英語のanymoreany more
この2つが同じ意味を持っていると考える人も多いのではないでしょうか。実は英語では1語のanymoreか、2語のany moreかによって違う意味になります。

今回は、anymoreとany moreの意味や違い、また関連語not anymoreやany more thanなどの意味を合わせて紹介します。それでは早速見ていきましょう!

anymoreの意味と使い方

英語 anymore 意味 使い方

anymoreには、1語として使う場合、もはや、これ以上、もう~ないという意味があります。

anymoreは、時間に対して使う副詞です。

例文を通して時間に対して使うanymoreの使い方を見てみましょう。

もう時間がないよ。
I don’t have time anymore.

僕らはもう以前のように話していない。
We don’t talk anymore like before.

今はもう大丈夫よ。もう泣かないで、愛しい人。
It’s OK now. Don’t cry anymore, sweetheart.

A:まだ京都に住んでる?
A:Are you still in Kyoto?

B:もう住んでいないよ。今は大阪に住んでいるよ。
B:Not anymore. I am living in Osaka now.

なお、Not anymoreもう~でないという意味です。
 
 
あわせて読みたい。

any moreの意味とanymoreとの違い

ここではanymoreの意味とany moreの違いを確認しましょう。

anymoreには、1語として使う場合もはや、これ以上、もう~ないという意味に対し、any moreを2語として使う場合は、anyどんな、どれでも、いくつでもなどの意味がありmoreにはもっと多くのといった意味があります。

any moreは、に対して使う副詞です。量に対して使うany moreの例文を確認しましょう。

コーヒーのおかわりはいかがですか?
Would you like any more coffee?

卵はまだある?
Are there any more eggs?

もう食べられないよ。
I can’t eat any more food.

もうトラブルは御免だよ。
I don’t want any more trouble.

ポイントはanymoreは、時間に対して使う副詞で
any moreは、量に対して使う副詞という点を押さえておきましょう!
 
 
あわせて読みたい。

番外編~not any more thanとnot anymore than~

2語であるany moreを使った言い回しにnot any more thanがあります。not any more thanは(~でないのは)~と同じという意味になります。

ここで気になるのが、1語であるanymoreを使った、not anymore thanという表現があるかどうか。結論から言うと、not anymore thanの言い回しはありません。なお、この間違いはよくある間違いで英語が流暢な人でもnot anymore than~を誤って使うこともあるとか。

not any more than~=(~でないのは )~と同じの表現を幾つか見てみましょう。ちなみにany more than~を使う場合notと合わせて否定形で使われることが多いです。

私と同様、彼女も背が高くない。
She is not any more tall than I am.

一見、比較級の表現とよく似ていますが、比較級の場合は以下例文の様に副詞や形容詞の後に-erをくっつけます。

彼女は私より背が高くない。
She is not taller than I am.

なおthan meという言い回しに馴染みがあるという人も多いはず。than meは口頭英語でネイティブも好んでよく使いますが、文法的にはthan I やthan I amの方が正しいことを押さえておきましょう。

not any more than を使った表現と比較級を使った言い回しをもう1つ見ましょう。同じような単語を使っても、意味合いが異なってくる事を覚えておきましょう。

サムは私と同様若くない。
Sam is not any more young than I am.

彼女は私ほど若くない
She is not younger than I am.

 
 
あわせて読みたい。

まとめ

英語 anymore 意味 使い方

今回紹介した点をおさらいしてみましょう。

anymore:時間に対して使う副詞
any more:量に対して使う副詞

上記の様に、昔の事を話す場合や時間に関する場合はanymore食べ物など量に対して使う場合はany moreを使いましょう。

またNot anymoreはもう~でない
not any more thanは( ~でないのは )~と同じという意味になります。

今回の記事を参考に、ぜひ英会話力向上に役立て下さいね!

keep it up!
-頑張って続けて!

最初のコメントをしよう

必須