現在完了形(継続・完了・経験)3つの用法の例文&現在完了進行形との違い

LINEで送る
Pocket

英語の現在完了形には3つの用法があります。中学英語で習ったという方も多いかもしれませんね。完了形は日本語にはないだけに難しいと感じる英語学習者は多いようです。

今回の記事では現在完了形をテーマに、その用法使い方について詳しくご説明します。
苦手意識を克服して英語力をブラッシュアップしましょう!

現在完了形とは

まずは現在完了形の基本をおさらいしましょう。
現在完了形といえばhave+過去分詞です。主語がhesheなどの3人称単数の場合はhas+過去分詞となります。

そもそも現在完了形とは何を表す際に用いられる表現なのでしょうか。最初に現在完了形の使い方について見てみましょう。

①過去と今とのつながりを表す

現在完了形とは、過去と今とのつながりを表す表現です。
たとえば、仕事が終わったという場合、過去形と現在完了形とではニュアンスが違います。

仕事が終わった。(過去形)
I finished my work.

仕事が終わったところだ。(現在完了形)
I have finished my work.

過去形でわかるのは、仕事が終わったという事実です。
この場合、はどういう状態なのかまではわかりません。

一方、現在完了形の場合、仕事が終わったという事実に加え、だから今は仕事をしていないという現状まで含みます。
つまり、過去の事実を受けて現在がどういう状況なのかまでをニュアンスに含むのが現在完了形です。

②現在完了形3つの用法の訳し方

現在完了形には継続、完了・結果、経験の3つの用法があります。
ここではそれぞれの使い方と訳し方について見てみましょう。

  1. 継続の場合
    現在完了形には、過去の起点から現在まで何かが継続していることを表す継続用法があります。
    この場合、liveknowなどの状態動詞が用いられます。
    また、過去の起点や継続している期間を表す語句が共に使われることが多いです。昨日からずっと、3年間ずっとといった表現ですね。
  2. 完了/結果の場合
    現在完了形は完了/結果を表す際にも用いられます。
    先に挙げた例文、I have finished my work.(仕事が終わったところだ。)この用法にあたります。
    仕事が完了しているという過去の事実の結果として、今は何もしていないことを含んだ表現です。
  3. 経験の場合
    現在完了形には~したことがあるという過去の経験を表す経験用法もあります。これは学校で習ったという方も多いかもしれませんね。注意したいのは経験用法における、~へ行くという表現です。
    行くgoで、goの過去分詞はgoneですが、have gone to場所とすると、~へ行ってしまった(ここにはいない)という意味になってしまいます。

    行ったことがあると言いたいときは、goの代わりにbe動詞を使い、have been to場所と表現します。gone完了結果been経験と覚えておきましょう。

    経験用法ではbefore(以前)once(一度)といった過去の時期や頻度を表す副詞がともに用いられることが多いです。どの用法か判断に迷ったら副詞に注目してみましょう。

③現在完了形〈継続〉と現在完了進行形との違い

現在完了形の継続用法とよく似た表現に現在完了進行形があります。
現在完了進行形も、現在に至るまで継続して~し続けていることを表しますが、現在完了形とは用いられる動詞が異なります。

現在完了形の継続用法では状態動詞を用いると前述しましたが、現在完了進行形では動作動詞が用いられます。
動作動詞とは、readwritestudyなどの行動やアクションを表す動詞です。
状態動詞なら現在完了形、動作動詞なら現在完了進行形と覚えておきましょう。

④現在完了形〈継続〉と現在進行形との違い

継続用法が現在も継続中という意味なら現在進行形と同じなのでは?と思った方もいるかもしれませんね。

両者の違いは、現在進行形が現時点に焦点が当たっているのに対し、現在完了形では過去の起点からの連続性が焦点になっている点です。

彼は今仕事をしています、というのが現在進行形ならば、彼は朝から今に至るまでずっと仕事をしています、というのが現在完了形です。今に至るまでずっとのニュアンスをhave+過去分詞を使うことで表現できます。

現在完了形が苦手ならどうすればいい?こちらの記事もおすすめです。

現在完了形の疑問文と否定文

現在完了形の疑問文と否定文の作り方も見てみましょう。

①疑問文と答え方

現在完了形の疑問文の場合、have主語の前に来ます。
Have+主語+過去分詞~?となります。

質問に対する答え方は、Yes,主語+haveもしくはNo,主語+have notです。主語がhesheなどの3人称単数の場合はhavehasに変えてくださいね。

②否定文はhave(has)の後にnotを入れるだけ!

現在完了形の否定文はhave(has)の後にnotを入れるだけです。場合によってはneverが用いられることもありますが、場所はnotと同じです。
主語+have(has)+not(never)+過去分詞ですね。

現在完了形の例文

現在完了形の用法についてご理解いただけたでしょうか。
ここでは実際の使い方を例文とともに見てみましょう。

①彼は生まれたときから祖父の家に住んでいる。
He has lived in his grandfather’s house since he was born.

継続用法の例文です。起点を表すsinceが用いられていますね。he was bornですから生まれたときからずっと住み続けているということになります。

②友達カップルと知り合って5ヵ月になる。
I have friends I have known for five months who are a couple.

こちらも継続用法ですね。期間を表すfor five monthsがついています。friendsが友達カップルという意味になるwho are coupleで修飾されています。know状態動詞ですから現在完了進行形ではなく、現在完了形が用いられているわけですね。

③母は故郷に行ってしまった。
My mother has gone to her hometown.

完了/結果を表す例文です。goneが使われているので、故郷に行ってしまって今はもういないことがわかります。

④ミナは彼氏の誕生日パーティの料理を作り終わったところだ。
Mina has just finished cooking for her boyfriend’s birthday party.

こちらも完了/結果を表しています。justがついて、今まさに、ちょうど今終わったというニュアンスです。
この他にも完了/結果を表す場合にはnow(たった今)、already(すでに)などの副詞がよく使われます。どの用法か迷ったら副詞を手がかりに判断しましょう。

⑤私はアメリカへ行ったことがありません、それどころか、海外にいったことがないです。
I have not been to the States,in fact,I have not been to a foreign country.

have been to場所となっているため、経験用法だとわかりますね。the Statesアメリカforeign country外国です。in factは、それどころか、もっといえばという訳になります。

⑥あなたは何回佐渡島に行ったことがありますか。
How many times have you been to Sado Island?

疑問詞howを使った疑問文です。回数を尋ねているのでhow many timesとなっています。have been to場所ですから経験用法ですね。
佐渡島は地名のローマ字表記Sadoを意味する単語Islandを組み合わせて表現されています。

過去形と現在完了形の違いについてはこちらの記事も参考になります。

まとめ

英語には日本語と異なる表現がたくさんあるため、時には難しいと感じることもあるでしょう。しかし異文化交流とはそうした違いを楽しむものでもあります。

現在完了形だけでなく、未来を表す仮定法や動詞に付随する前置詞、状況を表す副詞など、日本人にはピンと来ない用法も少なくありませんが、自分に合った英語勉強法を見つけ、ひとつずつ攻略していきましょう。

特に文法は説明を文章で読むと専門用語も多く難しく思えますが、難解な表現にとらわれずイメージで掴むようにしましょう。

大事なのは日頃から自分が何をわかっていて何をわかっていないかをきちんと把握しておくことです。よくわからないまま丸暗記しようとしても、苦手意識が気持ちにブレーキをかけて上手くいかないものです。
まずはわからないことに興味を持ち、プラスイメージで臨むようにしましょう。

何事も前向きに取り組めば楽しくなるはずです。
英文法の勉強は新しいゲームのルールを覚えるのに似ています。攻略できれば英語圏の異文化をリアルに楽しめますよ。

勉強は楽しんだもの勝ちです。英文法も楽しく学んでいきましょう!

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須