お気遣いありがとう!元気をくれた相手に感謝を伝える英語フレーズ14選

お気遣いありがとう 英語 フレーズ 相手に感謝を伝える

ちょっと元気がないときや、具合が悪いときというのは誰にでもありますよね。

そんな時に「大丈夫?」と気遣いの声をかけてもらえると、それだけで元気づけられることがあります。

日々忙しくしていても、気遣いができる人は素敵です。

そんな元気をくれた相手に、「Thank you.(ありがとう)」

だけでなく気の利いた一言を返せたらいいと思いませんか?

言われる相手も嬉しい「お気遣いありがとう」の英語フレーズ、いざという時のために覚えておきましょう。

「お気遣いありがとう」もいろいろ

お気遣いありがとう 英語 フレーズ 相手に感謝を伝える

「気遣い」という表現、日本語ではとても広い意味を持つため、さまざまな場面で使えてしまいます。

日本人の立ち振る舞いや常識などに深く関係しているため、日本的なニュアンスを含んだ言葉でもあります。

この「気遣い」という言葉ですが、英語で表現しようとする場合、何を心配しているのか、何が気になっているのかによって使うべき表現が異なります。

以下で紹介するフレーズはすべて日本語では「お気遣いありがとう」と表現できるものです。

それぞれの単語やフレーズの意味やニュアンスを、具体的に見ていきましょう!

“concern”を使う

「心配、懸念」=concern(名詞)

【発音:コンサーン→アクセントは「サー」】

心配してくれてありがとう
1.Thank you for your concern.

Thanks for your concern.

お心遣いに感謝いたします。
2.I really appreciate your concern.

“appreciate”は“Thank you”よりも感謝の意味合いが強いフレーズです。一種の決まり文句なので、職場などフォーマルな場でも使えます。

“concern”は体調や状況などが気になっている、心配している、という意味を含んでいます。

例えば、自分が具合が悪いとき、心配して声をかけくれた相手に対してお礼を言う、といった場面で使われるフレーズです。

また、関心や愛情を持っている人や物事に対して使うことが多いフレーズでもあります。

「最適な季節=Perfect season」口語英語で「今日は紅葉に最適な季節です」

“consideration”、“considerate”を使う場合

「考慮、気遣い、配慮」
=consideration(名詞)

【発音:コンスィダレイション→アクセントは「レイ」】

ご配慮いただきありがとうございます。
3.Thank you for your consideration.

「思いやりがある、思いやって」=considerate(形容詞)

【読み:コンスィダレット→アクセントは「スィ」】

ご配慮いただきありがとうございます。
4.Thank you for being so considerate.

他人に対して思慮深いという意味です。
相手が不快にならないように、また相手の感情や気分について考えてあげるという意味を含みます。

「思いやりがある」が一番ニュアンスとして近いでしょう。

フォーマルな言い回しでもあるので、友だち間などカジュアルな場面では、聞いてくれてありがとう
5.Thank you for asking.

気にしないで
6.Don’t worry.

でOKですよ!

“kind”、“kindness”を使う場合

「優しい、親切な、思いやりのある」
=kind(形容詞)

【発音:カインド→アクセントは「カイ」】

他の人を気遣うというニュアンスを含みます。

お心遣いに大変感謝しております。
7.It is very kind of you.

「親切であること、思いやりのあること、親切な行為」
=kindness(名詞)

【発音:カインドネス→アクセントは「カイ」】

気遣ってくれてありがとう。
8.Thank you for your kindness.

思いやりをありがとうという、意味が込められています。相手の立場に関係なく使える、やや丁寧な表現です。
他人に配慮ができ、良識を持って行動する人に対する一言にぴったりです。

日本語だと「気が利く」がしっくりきます。

“care”を使う場合

「注意する、心配する、気を配る」
=care(動詞)

【発音:ケア→アクセントは「ケ」】

気遣ってくれてありがとう。
9.Thank you for caring about me.

Thanks for caring about me.

自分のことを気にかけてくれたこと(心配してくれたこと)に対してのお礼で使います。

caringの場合は、前に your を使わない方が自然です。

ちょっと気を付けるだけでネイティブらしくなりますので覚えておきましょう!

他にも使える「お気遣いありがとう」の英語表現

「お気遣い」をなんと英語で表現するかだけでなく、案外よく知っている単語でも気持ちを伝えることができます。

温かいお心遣いとご協力に感謝いたします
(ご親切とご協力に感謝します)
10.Thank you for your thoughtfulness and cooperation.

thoughtfulness:思慮深さ、心遣い

お気遣いありがとうございます。
(私のことを考えてくれてありがとう)
11.Thank you for thinking of me.

物理的に離れているけど自分のことを気にかけてくれている相手に対して使うフレーズです。

think of 〜:
〜について(なんとなく)考える

気遣いができる(人)ね

相手や誰かに対して「気遣いができる、気が利く」と伝えたい時もありますよね。

君は思いやりがある。
12.You are considerate.

You are thoughtful.

あなたは気配りができるね。
13.You are attentive.

どちらも「気遣いができる」と訳すことができますが、微妙なニュアンスの違いがあります。

considerate/thoughtful
相手の立場を配慮する思いやりのある、優しさのある気遣いのできる

「思いやりのある、心のこもった、気配りの行き届いた」
=attentive(形容詞)

【読み:アテンティブ→アクセントは「テン」】

“attentive”は「注意深い」とか「心づかいの行き届いた」のように訳されます。

「何が必要とされているかを考えて、他の人の役に立つようなことをする」という意味を含みます。日本語の「気配りができる」や「気遣いのできる」に非常に近いです。

日本語ひとつの意味に対していろいろな英語表現がありますが、日本語での意味を少し噛みくだいてみて、どんな英語表現が当てはまるのかを考えてみるとわかりやすくなります。

「あなたは気遣いができるね」を「他人のための思いやり(気遣い)を持っている」と考えると、

14.You have consideration for others.

というフレーズで表現できますね。

お気遣いありがとう!元気をくれた相手に感謝を伝える英語フレーズ14選まとめ

お気遣いありがとう 英語 フレーズ 相手に感謝を伝える

日本語では「気遣い」の一言で表せますが、英語での表現は場面や伝えたいニュアンスによって色々なフレーズを使うことができます。

この世界には、たくさんのやさしさがあるということですね。
状況に応じて完璧に使い分けをするのは難しいですが、自分の使いやすいフレーズを使って、積極的にコミュニケーションしていきましょう。

広い範囲で使うことのできる日本語の「気遣い」はそれだけ多くのやさしさを表せる言葉だということ。

英語を通して日本の良さも再認識できた気がします。特に欧米の人々は知らない人相手でも気軽に声をかけてきてくれます。

日常の中で感じられるやさしい気持ちをしっかりキャッチして、英語でも相手の気遣いにきちんと感謝の気持ちを返せる、そんな人でありたいですね。

気の利いた一言で、あなたも私も「気遣いができる人」になりましょう!