1. TOP
  2. 日常英会話
  3. 英語で道案内する時に間違いなく役立つ英会話フレーズ

英語で道案内する時に間違いなく役立つ英会話フレーズ

 2018/03/31 日常英会話 トラベル英会話
 
LINEで送る
Pocket

英語で道案内をするには、どのようにに表現すればいいのでしょうか?

日本語でさえも上手に道案内をするのはかなり難しいので、英語で道案内をしようとするのは一層難しくなります。

また、具体的な道はわかっていても、いざ英語で言おうと思うと詰まってしまうことはありませんか?

そこで、道案内に使える便利で基本的な表現をいくつかお教えしたいと思います。

道案内のときになんて聞かれる?or 尋ねる?

まず道を尋ねられた、あるいは尋ねる場合、どんな表現が用いられるのでしょうか。

おそらく多くの場合は、 Excuse me. から始まるでしょう。

そして、道が分からなくて困っている場合に用いられるのは、以下のような表現方法です。

よく聞くフレーズ集

Could / Can you tell me where A is?
Aという場所はどこにありますか?
(CouldとCanの違いは、Couldの方がより丁寧な伺い方ということです。が、どちらを使っても大丈夫です。)

Do you know where A is?
Aという場所を知っていますか?

Could you tell me how to get to A?
Aへの行き方を教えていただけますか?

How do I get to A?
Aへはどうやって行ったらいいですか?

ですので、たとえばセントラルパークに行きたい場合は、

Excuse me.
すみません。

Could you tell me how to get to Central Park?
セントラルパークへの行き方を教えていただけますか?

となります。

道案内の仕方を覚える前に、こちらも忘れずさらっておきましょう。

基本的な道案内の方法

それでは、基本的な道案内の仕方をいくつか見ていきましょう。

最初に、 Go straight. です。

この表現は英会話教室や、中学校、高校などでもよく見かける表現なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

Go straight.
真っ直ぐ行ってください。

という、命令形の表現になります。

この道を真っすぐ行ってください、という場合は Go straight down this street. といいます。

次に、 Turn right. という表現です。

こちらもポピュラーな表現方法ですね。

turnというのは「曲がる」という意味です。

これに曲がる方向、今回は right 、すなわち右を付け、

Turn right.
右に曲がってください。

と言い表すことができます。

Left 、すなわち左 を用いると、

Turn left.
左に曲がってください。

という表現になります。

Go straight. Turn right / left. まずは基本のこの表現をおさえておきましょう。

「at」まで覚えておくと文章が続く?

これらの表現にさらに at をつけることで、どこの地点で曲がればいいのかを表すことができます。

Turn right at the 2nd traffic light.
二番目の信号で 右に曲がってください。

という表現になります。

短いセンテンスなので、フレーズとして覚えてしまうと楽です。

英語学習において、こういった表現は Turn right at の at まで覚えておくと、の後に曲がる場所を当てはめれば相手に意図が伝わるので、ぐっと実践的な表現になります。

Turn right.Turn left. という表現は覚えている場合が多いのですが、その先の文章を続けるのが難しく、うまく会話にならない結果伝わらない、という事態が頻繁に起こっています。

Turn right atat まで覚えていれば、あとは at のうしろに場所を入れるだけで、簡単に相手にわかりやすい文章を作る事が出来るようになるので、ぜひ覚えておきましょう。

Turn right / left at ~.

のあとにつけるものとして、だいたい目につく建物や信号を対象に選ぶといいでしょう。

「あの角を右に/左に曲がってください」「あの道を右に/左に曲がってください」と日本語で道案内するときも使いますよね。

以下、その例文です。

Turn right / left at the 2 traffic light.
二つ目の信号を右に / 左に曲がってください。

Turn right / left at the next corner.
次の角を右に / 左に曲がってください。

Turn right / left at A.
Aという場所を右に / 左に曲がってください。

Turn right / left into A street.
右 / 左に曲がって、Aという通りに出てください。

また、場所に関係する単語を少しでも多く覚えておくのも良いでしょう。

他にも色々!道案内の目印を伝えるフレーズ集

他にも、覚えておいた方がいい表現は沢山あります。

そのうちの一つが上記の基本的な表現の後に続くことが多い表現で、 You will see ~. という表現です。

You will see 〇〇. で「(あなたは)〇〇が見えます。」という表現になります。

この〇〇に目印となるものを当てはめることで、進む途中の目印を示すことができます。

例えば、

You will see a bank.
銀行が見えます。

という意味になります。

ただ、見えるといったところで、それだけではどの方向に見えるのかわかりません。

目印と同時に、見える方向も伝える必要があります。

その時に使える表現が on your righton your left です。

You will see 〇〇 on your right.
あなたの右側に〇〇が見えます。

または、

You will see 〇〇 on your left.
あなたの左側に〇〇が見えます。

という表現になります。

今までお伝えした表現を全部用いて、道案内を表現してみましょう。

Go straight Turn right at the 2nd traffic lights you will see 〇〇 on your right.
ここを真っすぐ行って、二番目の信号を右に曲がると、右側に〇〇が見えます。

ということが表現できます。

しかし、目印を示すだけではなく、行きたい場所がその目印に対してどこにあるかを示さなければなりませんよね。

その場合、 It’s next to 〇〇. で「〇〇の隣です。」という表現になります。

例えば、

It’s next to the bank.
それは銀行の隣です。

It’s next to a pet shop.
ペットショップの隣です。

と伝えることができます。

他にも、下記の例文を使うと、

It’s across from 〇〇.
それは〇〇の道を挟んで反対側です。
それは〇〇の向かい側です。

という意味の表現になります。

応用編その1!もし相手が地図を持っていたら?

道を尋ねられた時、相手が地図を持っていたり、あるいは駅や広い街の場合、大きな案内図があるかもしれませんね。

その場合、地図を使いながら道案内すると楽です。

その際に使える表現に、

We’re / You’re here now.
私たち / あなたは今、ここにいます。

と現在地を指してあげて、

A is here.
Aはここにあります。

と、最初にスタートとゴールをはっきりさせてあげるのが大事です。

この後、先ほど紹介した表現を使えれば完璧です。

応用編その2!もし道がわからなかったら?

自分が知っている道だったら、これらの表現を使ってスムーズに案内できるかもしれません。

ただ、尋ねられた場所が自分の知らない道だったらどうでしょう。

Sorry. I don’t know.
分かりません。

で片付けてしまうのではなく、ちょっと応用したフレーズを使ってみませんか?

たとえば、たまたま初めて来た場所で道を尋ねられてしまって、教えてあげたいけど自分も分からない!というとき、ありますよね?

そんなときは、

Sorry, I’m not familiar with this area.
ごめんなさい、この辺りに詳しくないんです。

と一言添えるだけで、相手も納得してくれるでしょう。

もしくは自分にも相手にも時間の余裕がある場合は、

I’m not sure where it is, but I’ll google it for you.
私はその場所がどこか知らないのですが、Googleで調べてみます。

と使ってみると、自分もその場所のことが知れますし、相手も喜ぶのではないでしょうか。

応用編その3!「一緒に行ってあげましょうか?」

地図を見たり、紹介した表現を使ってもうまく説明できなかったりしたときや、場所が比較的近いところの場合、口で説明するよりも一緒に行ってあげたほうが良い場合もあります。

そういうときは、

Shall I go with you?
一緒に行ってあげましょうか?

Let me take you to the place, follow me please.
案内するのでついてきてください。

と言ってあげてもいいですね。

単純に Follow me please. だけでも伝わりますが、この言い回しを覚えておくだけでも親切さが違います。

実際旅行に行った時の会話を覚えるのも◎

外国の人に道案内をする時には自分が知っている表現を使って頑張って説明するのは本当に勉強になります。

道案内の表現を実践的に学んでいくためにもう一つ出来ることがあります。

海外旅行に行ったときに、ホテルまでの帰り方を自分はちゃんとわかっていても、わからないフリをして地元の人に聞いてみてください。

帰り方がわかっているので、地元の人にホテルまでの道を聞いて、その答え方の表現が初めてで、たとえ理解できなかったとしてもホテルには帰れますよね。

その中でネイティブが実際に使っている表現を聞いて、ああこういう風に言えばいいのか、
と理解して、覚えるのはとても勉強になるでしょう。

英語で道案内する時に絶対に役立つ英語まとめ

いくら正確な地図や、スマートフォンのアプリがあるとはいえども、見ず知らずの土地に行って、見たことのない目的地を目指すのはとても不安で困難なことです。

これをその土地を知った人に手助けしてもらえるとしたら、どれほど安心なことでしょうか。

そして、この表現を知っていればあなたがその恩人にもなりえて、人との繋がりの輪が広がります。

それってとっても素敵だと思いませんか?

動画でおさらい

「英語で道案内する時に絶対に役立つ英語」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

こちらの記事も読まれています!

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。