「いつもありがとう!」日頃の感謝の気持ちを英語で伝えよう!厳選フレーズ34選

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

心の中で「いつもありがとう」
と思っていても、

なかなか伝えられないことは
ありませんか?

あえて言うのは照れくさい…。

でも言われた方は
すごくうれしいですよね。

いいコミュニケーションができ、
そこからまた
素敵な関係ができあがって
いくのではないでしょうか。

特別な日だけじゃなく、
思ったらすぐ、さりげなく
伝えられるフレーズ
ぜひ覚えておきましょう。

そしてどんどん
発信していきましょう。

“Thank you”を使って「いつもありがとう」

すぐに思いつく感謝の言葉は、
“Thank you”

ではないでしょうか?

“Thanks”

も同じ意味で、
同じように使えますが、
“Thank you”よりも
くだけた言い方になります。

友だちや同僚なら問題ありませんが、
ビジネスシーンでは
“Thank you”を使う方がいいでしょう。

“Thank you”は
カジュアルでもフォーマルでもどちらでも使えます。

「いつもありがとう。」
Thank you as always.

いつものようにありがとう。
またよろしく。

という次への期待の意味も含まれ、
軽い印象を与えることもあるので、
気をつけて使いましょう。

“Thank you for always being a great support.”

~ing(名詞)には、
やってもらったことの内容が入ります。

具体的に何に対して
お礼を言っているのかを示します。

家族や友だち、大切な人を
思い浮かべながら、
以下の例文を読んでみてください。

「いつも支えてくれてありがとう。」
Thank you for always being a great support

「いつも優しくしてくれてありがとう。」
Thank you for always being nice to me.

「いつもいい友だちでいてくれてありがとう。」
Thank you for always being a good friend.

「友だちでいてくれてありがとう。」
Thank you for being my friend.

「いつも私のそばにいてくれて、ありがとう。」
Thank you for always being there for me.

「いつも励ましてくれてありがとう。」
Thank you for always supporting me.

「いつも助けてくれてありがとう。」
Thank you for always helping me out.

Thank you always for your help (support).

「いつもいろいろやってくれてありがとう。」
Thank you for everything you do for me.

「いつも味方でいてくれて本当にありがとう。」
Thank you a lot for always being on my side.

「あなたのしてくれたことすべてに感謝します。」
Thank you for all you’ve done for me.

一度“Thank you”で終わって、
別フレーズを続けるのもいいですね。

「ありがとう。いつも助かってるよ。」
Thank you.
You’ve always been a great help.

“Thank you”を使わず感謝を示す3パターン

①“appreciate” :

「感謝する」
「ありがたく思う」
という意味の動詞

《主語+ appreciate + 感謝の対象》
の形で使います。

「~を賞賛する」
「~の真価を認める」
「~を正しく識別する」

という意味もあります。

感謝を表す際の、
もっともフォーマルで
丁寧な表現になります。

「いつも君の助けに感謝しているよ。」
I always appreciate your help

「あなたの優しさに感謝しています。」
I always appreciate your kindness.

「あなたの理解に本当に感謝しているよ。」
I really appreciate your understanding.

「あなたが私のためにしてくれた全てのことに感謝しています。」
I appreciate all you have done for me.

②“grateful” :

「感謝して」「謝意を表わす」
という意味の形容詞

“be grateful for ~”:

「~に感謝している」
という様子を表現できます。

be を
feel

と置き換えたり、
時制を変えたりすることもできます。

“Thank you“より
もうちょっと丁寧な印象の表現です。

「それにはいつも感謝しているんです。」
I always feel grateful for that.

「あなたの手助けに本当に感謝しているよ。」
I am grateful for your help.

「ありがとうございます。」
(一生この感謝の気持ちを忘れません。
というニュアンス)
I am forever grateful.

③“thankful”:

「(…を)感謝して」
「ありがたく思って」
「うれしくて」

という意味の形容詞

「私はあなたの優しさにいつも感謝しています。」
I am always thankful
for your kind personality.

「いつもありがとうございます。」
I’m always thankful for the help.

「いつもありがとうございます。」
I am thankful for all you have done.

“grateful”

と“thankful”、

厳密には違いがあります。

gratefulは人に何か
してもらったことに対しての「感謝」、

thankfulは自分の恵まれた
環境や運への「感謝」、
をそれぞれ表します。

ですが、

実際にはあまり区別されずに
使われることが多いです。

「いつもありがとう」と言われた時は

「どういたしまして」と
「こちらこそ」
カジュアルな返しを紹介します。

「どういたしまして。」
You’re welcome.

→定番の表現です。

知らない人や店員さんなど
に対してよく使われます。

(直訳:いいよ、問題ないですよ。)
No problem.

(直訳:いいよ、心配ないですよ。)
No worries.

(直訳:いいよ。)
That’s OK.

→これらは親しい人に対して
カジュアルな返しです。

「こちらこそ」
Thank you.

これ一言で
「こちらこそ」になります。

気をつけたいのは、
発音は“ you ”
アクセントを置くこと。

「あなたに」が強調されることで
「私の方こそありがとう」
というニュアンスになります。

他の表現で感謝を伝える

「ありがとう」
「感謝」の単語以外の表現で、
より感情を込めたフレーズを紹介します。

「あなたはいつもとっても頼りになります。」
You’re always so reliable.

「ありがとうございます。」
(ありがとうの言葉だけでは
足りないほど感謝しています)
I can’t thank you enough

「あなたは特別な存在です。」
You are so special to me.

「すごく助かっています。」
You are of great help.

「あなたはいつも優しい。」
You are always so kind to me.

「いつもそばにいてくれてありがとう。」
It is great having you around.

「何か必要な時いつでも手を貸してあげるよ。」
You always have my back.

「君にはするべき感謝を
ちゃんとしていないと思っている。」
(普段感謝の回数が足りていないことを
反省しているというニュアンス)

I feel like I don’t thank you
as often as I should.

「あなたがいなかったら私はどうしよう。」
What would I do without you?

「あなたがいなければ
私はどうしたらいいだろうか。」
I don’t know what I’d do without you.

いないと困る、
あなたが必要だ、
という気持ちを表しています。

ありがとうの後にもうワンフレーズを

「ありがとう」と言った後に、
より強く気持ちが伝わる
ワンフレーズを付けてみましょう!

「あなた、最高!」
You are the best!

友達同士でカジュアルに
使える表現です。

「あなたは本当に優しいね。」
How kind of you.

It’s so kind of you.

How + 性格や態度を表す形容詞 + of you.

It’s so + 性格や態度を表す形容詞 + of you.

よく使われる表現です。

“You are the best!”

より
丁寧なニュアンスになります。

「とてもうれしいです。」
It means a lot to me.

自分にとって
とても意味があることです

→ありがたい、
うれしいこと、となります。

相手がしてくれたことによって、
自分にとって
とても有意義で状況が変わった、

良い意味で大きな影響を
受けた時などに使うことが多いです。

「いつもありがとう!」日頃の感謝の気持ちをネイティブっぽくさりげなく伝えたい!のまとめ

私たち日本人は、
何かと「すみません」
口にしてしまうことが多いですよね。

英語圏では
「感謝」の文化が根づいていて、
日頃から「ありがとう」を口にします。

ビジネスでも
「お忙しいところ申し訳ありません」
ではなく、

「ご協力に感謝します」
という考え方です。

これは発想の転換です。

同じ場面で伝えるのなら、
ポジティブな言葉を使った方が
お互い気分がいいと思いませんか。

「お詫び」ではなく、
相手がやってくれたことに感謝する、
あなたのおかげでうれしかった、

という気持ちを伝える。

気持ちを口に出すことで初めて、
伝わることもあります。

積極的に感謝の気持ちを伝えれば、
言う方も言われた方も、

前向きな気持ちになれること
間違いなしです!

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須