ハンカチを拾ってあげよう「これ落としましたよ」の英語表現




LINEで送る
Pocket

外国人の旅行者などが落とし物をしたところを見かけたときに、どのように声をかけてあげるといいでしょうか。

今回は日本人が言えそうで言えない「これ、落としましたよ」という表現を紹介します。

誰かがものを落としたら

あなたの目の前で、誰かが物を落としたことに気づいたら、きっとあなたは言うでしょう。

「これ、落としましたよ」
と。

この日本語を英語で言うと、I think you dropped this.です。

単語の意味を確認すると、
You:あなたが
Drop:落とす
ですから、直訳すると

I think you dropped this.
あなたがこれを落としたと思います。

となります。

とっさの時に声をかけてあげられるように、この機会にフレーズとしてこの表現を覚え、発音の練習をしておきましょう。

英語での道案内の表現ならこちらの記事もおすすめ。

英会話の形はだいたい決まっている

I think you dropped this.(これ、落としましたよ。)と声をかけるともし本当にその人が落とし物をしたのであれば、Thanks.(ありがとう。)と言って受け取ってくれるでしょう。

もしその人が落としたわけではないなら、I don’t think it’s mine.のような返答があるはずです。

I don’t think ~:私はそうは思わない

つまり、「私のものではないと思う。」という意味になります。

多くの場合は、Thanks. I don’t think it’s mine.というふうな回答が返ってくるでしょう。

もし誰かが何かを落としたなと思ったら、I think you dropped this.(これ、落としましたよ。)と声をかけてみてください。

もしかしたら、相手は落とし主ではないかもしれませんが、声をかけられた相手の方はとても温かい気持ちになるはずです。

より簡潔な英語表現でも

誰かが目の前で落し物をしたのに気づいたら、すぐに声をかけないと相手を見失ってしまう可能性があります。

より短い声かけのフレーズを知っておくと便利です。

Is this yours?

直訳すると、「これはあなたのものですか?」と質問している文書ですが、意訳すると「これ、あなたの?」という意味になります。

咄嗟の場面で短く言える便利な表現ですね。これでもOKです。

You dropped something.
何か、落としましたよ。

Excuse me. You dropped something.
失礼、何か落としましたよ。

落としたものがハンカチなら、英語でhandkerchiefだとわかる方が多いと思います。

ハンカチが落ちた場合は、

You dropped a handkerchief.
ハンカチ、落としましたよ。

となります。

ですが、実際には何が落とされるかわかりませんし、わかっても英語表現がわからないこともあるでしょう。

somethingを使えば、何を落としたか、物の名前までは言わなくてもいいので、使いやすいフレーズです。

まずは自分が言いやすいフレーズを、普段から練習しておくといいでしょう。

置き忘れている物に気づいた時

何かを拾う状況には、誰かが目の前で物を落とす場合の他に、置き忘れている物があった場合が考えられます。

忘れ物に気づいた時の、英会話の例文をみてみましょう。

Excuse me, I think you left something. Is that yours?
すいません、忘れ物だと思いますが、違いますか?
※遠くにあるものを指さしながらこのフレーズを言う場合にはthat、
忘れ物を手に持ちながらこのフレーズを言う際にはthisを使いましょう。

Oh, thank you. It’s mine!
ありがとう!それ私のです!

とても丁寧な表現です。

他にも

You’ve forgotten something.
何か忘れていませんか?

と、より短いフレーズで伝えることもできます。

日本でも外国人の観光客の方が年々増えてきているのが現状です。
落し物や忘れ物を拾ったら、ぜひ一言添えて、声をかけてみてくださいね。

道を聞かれたとき「この辺りに詳しくない」と言いたいならこちらの記事もおすすめ。

まとめ

日常英会話では、状況によって、話すフレーズがだいたい決まっているものがあります。

今回紹介した、落し物や忘れ物を見つけた時のやりとりは、返ってくる返事のパターンが決まっていますよね。

ぜひ英会話でのやりとりのフレーズを暗記して、いざという時に思い切って声をかけてみてください。

ただ、落し物や忘れ物を見つけて声をかける時と言うのは、とっさの出来事なので、スピード感も大切です。
すぐに声をかけられるように、普段から状況を想定して、発声の練習をしておきましょう。

そうすると、いざという時に、口から自然に英語のフレーズが出てきますよ!

動画でおさらい

ハンカチを拾ってあげよう「これ落としましたよ」の英語表現を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須