429
Too Many Requests

褦ȤڡɽǤޤǤ

Υ顼ϡ¿ΥꥯȤäȤ̣ޤ
֤֤ƺ٥Ƥ

ʲΤ褦ʸͤޤ

  • ִṲ̄Webä
  • ץˤ̤ΥꥯȤȯ
#top-btn{display:none}.main-color,.hover-color:hover {color: rgba(18,122,44,1);}#ez-toc-container, #ez-toc-container .ez-toc-title-container, .ez-toc-list li, #toc_container, #toc_container .toc_title, .toc_list li {border-color: rgba(18,122,44,.3);color: rgba(18,122,44,1);}a:hover, .content-post a, .calendar_wrap a {color: rgba(18,122,44,1);}#page-top-menu {background: rgba(18,122,44,.1);}#left-icon-area i {color: rgba(18,122,44,.3);}#left-icon-area i:hover {color: rgba(18,122,44,1);}#header-searchbox-area input[type="text"] {background: rgba(18,122,44,.1);}#header-searchbox-area input[type="text"] {color: rgba(0,0,0,.75);}#header-searchbox-area button {background: rgba(18,122,44,1);}.top-related-article-list-button a, .related-article-list-sp-button {color: rgba(255,255,255,1);background: rgba(18,122,44,1);}.article-type-list .related-article-list a:after {background: rgba(18,122,44,1);}.article-type-list .related-article-list a:before {background: rgba(18,122,44,.5);}#sidebar-searchbox-area form, #sidebar form, .search-form {border-color: rgba(18,122,44,.2);}#sidebar-searchbox-area button, #sidebar form button, .search-form button {color: rgba(18,122,44,1);}#sidebar .sidebar-head {color: rgba(18,122,44,1);}#global-header, #sp-sub-navigation-wrap, #global-navigation .sub-menu {background: rgba(255,255,255,1);}#site-id a {color: rgba(18,122,44,1);}#global-navigation li a {color: rgba(0,0,0,1);}.cls-1 {fill: rgba(0,0,0,1);}.hover-boderbottom-color {border-bottom: 2px solid rgba(255,255,255,0);}.hover-boderbottom-color:hover {border-bottom: 2px solid rgba(18,122,44,1);}#sp-navigation-content-wrap {background: rgba(18,122,44,1);}.sp-navigation-head {color: rgba(18,122,44,1);background: rgba(255,255,255,1);}#sp-searchbox-area button {background: rgba(255,255,255,0);}#sp-navigation-content-wrap .related-article-list-date,.sp-navigation-related-list a, .widget-inner-spmenu a,#sp-icon-area li a {color: rgba(255,255,255,1);}#sp-searchbox-area input {background: rgba(255,255,255,1);}#one-column,#two-column {background: rgba(18,122,44,.03);}#main,.sidebar-widget {background: rgba(255,255,255,1);}#breadcrumbs li a {}.content-post h2 {color: rgba(255,255,255,1);}.content-post h2 {background: url(https://eigo.plus/wp-content/themes/shaper/img/headline-shadow-white.png) no-repeat left top rgba(18,122,44,1);}.content-post h3 {border-color: rgba(18,122,44,1);}.content-post h4 {border-color: rgba(18,122,44,1);}.post-categories li a, .related-article-list-category .inner, #copy-btn, #pagenate a, .sp-sub-navigation-menu-list a {color: rgba(255,255,255,1);background: rgba(18,122,44,.5);}.post-categories li a:hover, #copy-btn:hover, #pagenate a:hover {color: rgba(255,255,255,1);background: rgba(18,122,44,1);}.tagcloud a:hover, .post-author-list-btn a, .authors-list .post-author-list-btn a, #comment-submit, input[type="submit"], .continue-button a {color: rgba(255,255,255,1);border-color: rgba(18,122,44,1);;background: rgba(18,122,44,1);}.tagcloud a, .post-author-list-btn a:hover, .authors-list .post-author-list-btn a:hover, #comment-submit:hover, input[type="submit"]:hover, .continue-button a:hover {color: rgba(18,122,44,1);background: rgba(255,255,255,1);}.comment-list-txt {background: rgba(18,122,44,.2);}.content-post hr {border-color: rgba(18,122,44,1);}.pnavi-prev-icon,.pnavi-next-icon {color: rgba(18,122,44,1);}.related-article-list-head,.archive-related-article-list-head {color: rgba(18,122,44,1);border-bottom-color: rgba(18,122,44,1);}.related-article-list-head:after {background: rgba(18,122,44,1);}#related-article-list-wrap {background: rgba(255,255,255,1);}.aside-head {color: rgba(18,122,44,.75);}.related-article-list-head.aside-head:after {background: rgba(18,122,44,.75);}.related-article-list-eyecatch:before {border-color: rgba(18,122,44,1) transparent transparent transparent;}#top-btn a {border-color: rgba(18,122,44,1);color: rgba(255,255,255,1);}#top-btn a {background: rgba(18,122,44,1);}#global-footer {background: rgba(18,122,44,.1);}.footer-menu-title {color: rgba(18,122,44,.75);}#global-footer-menu li a, #global-footer-menu .footer-info-area p.footer-info {color: #333333;}#global-footer-menu .footer-info-area .footer-info-sitetitle {color: rgba(18,122,44,1);}#global-footer-info-area {color: rgba(255,255,255,1);background: rgba(18,122,44,1);}

トイレが詰まった!ホテルのフロントに英語で何て説明する?

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

英語を勉強中の方にとって、海外旅行は緊張の連続でしょう。ましてやトラブルにあったときには、とっさに状況を説明したり、誰かに必要なことを伝えたりしなくてはならず、頭が真っ白になってしまうかもしれません。

いざというときのために、旅行中に起こりそうなトラブルに関しての英語表現をおさえておきましょう。

ではこれから、海外旅行のトラブルの中でも特に困ってしまう、トイレが詰まったときの表現を紹介します。

トイレが詰まるという表現

海外旅行に出かけて、ホテルでゆっくり。

さあ、明日はどうしようなんて考えてのんびり過ごしていたら、トイレが詰まってしまった!なんてこともあるでしょう。

こんなときには、フロントに電話をして状況を伝え、スタッフの方に見に来てもらいたいですよね。ではどう言えば良いのか、まずはトイレが詰まったという表現から見てみましょう。

トイレが詰まりました。
The toilet is clogged up.

このclogged upと言う表現、あまり聞いたことがないかもしれませんが、詰まるという意味になります。

もともとclog

という単語が、トイレに限らず、管や道路などが詰まっている場面でよく使われる単語なので、覚えておくと別のシーンにも応用できて便利ですよ。

例)
ハイプがゴミで詰まっています。
The pipe is clogged up with waste.

鼻が詰まっています。
My nose is clogged up.

でも、耳慣れない単語なので、とっさにclogは浮かばないかもしれません。そんなときは、こう言いましょう。

The toilet is blocked.

be+blockedは、英語でふさがれた・ブロックされたという意味で使います。ですので、この表現もトイレが詰まったという意味になりますが、先ほどの表現よりはぐっとシンプルなニュアンスになります。

トイレトラブルの英語表現

トイレトラブルには、詰まる、逆流する、流れないなど、いろいろな要因があります。早く対応してもらうためにも、できるだけ詳しい状況を最初に伝えておきたいものですよね。

これから、詰まる以外の表現も紹介しますので、参考にしてください。

トイレが逆流した

流そうとしたらトイレが逆流し始めちゃった!というひどい状態を表したいときには、backing up

という表現を使って、こう言いましょう。

トイレが逆流しています!
The toilet is backing up!

この表現は進行形で、今まさに逆流中というニュアンスになります。この伝え方だと早急に対応してくれるかもしれません。

ちなみにこのback upは、日本でも、誰かをバックアップしたり、コンピュータのデータをバックアップしたりする意味でよく使われますが、トイレやシンクの逆流(詰まり)にも使える表現なんですよ。覚えておいてくださいね。

トイレが流れない

トイレを流すというときには、flush

を使います。最近では店舗や公衆トイレの表示でよく見かけるので、馴染みもあるのではないでしょうか。

トイレが流れません。
The toilet doesn’t flush.

The toilet can’t flush.

トイレが流せません。
I can’t flush the toilet.

flush the toiletはトイレを流すという表現で、トイレが詰まってしまったシチュエーションでよく使われます。

トイレが詰まった!とフロントに英語で伝えよう

トイレが詰まってしまったときの表現方法が分かったところで、ホテルのフロントにどう説明すれば良いのか、その会話の流れとポイントを見て行きましょう。

まずは、自分の部屋番号を伝えます。

フロントに電話をする場合:
Hello, this is room 〇〇.

直接フロントへ行って話す場合:
Hi, I’m in room 〇〇.

ちなみにホテルの部屋番号○○は、最初の2ケタと後ろの2ケタに分けて読むことが多いです。1020号室だと、ten twenty

(またはone oh two oh

かone zero two zero

になります。

もし3ケタの場合は、575号室なら five seventy-five


(またはfive seven five
)
のように言ってください。

言い方はある程度覚えておくと便利ですが、分からなくなったら数字を1つずつ言って大丈夫です。ネイティブでも相手に間違いなく伝えたい時や紛らわしい時は1ケタずつ言いますので、気負わずに伝えましょう。

次に今回の表現を使って、状況を説明します。

トイレが詰まりました。
The toilet is clogged up.

そして最後に、部屋まで見に来てもらうように依頼してみましょう。

誰かチェックしに来てもらえますか?
Could you send someone to check?

今すぐ私の部屋に来てくれませんか?
Can you come to my room right now?

right now今すぐという意味なので、早く来て欲しい場合は、ぜひ付けてくださいね。

まとめ


いかがでしたか?海外旅行先では、なにもトラブルが起こってほしくないものですが、もしもトイレが詰まってしまったときにはぜひ、焦らずに今回紹介した表現を使って

The toilet is blocked, so I can’t flush the toilet!

とフロントの方に伝えてみましょう。きっとあなたも無事にトラブルを解決できるはずですよ!

動画でおさらい

トイレが詰まった!ホテルのフロントに英語で何て説明する?を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

1件のコメントがあります

  1. アバター
    久世協子

    またmailが届き始めました
    あちがとう

    毎朝楽しみにしてます。
    季節の変り目、
    可愛いお子さんたちと
    お元気でお過ごしください。

    きょうこ

Comments are closed.