go withの意味と3つの使い方|「ワインと合う」などの例文やスラングで解説

go with 意味 使い方 例文 スラング

This wine goes with seafood.
We can go with it.
These jeans go with anything.

go withというイディオムは、日常会話でとてもよく使われます。
直訳すると~と行くという意味ですが、上記例文の場合は、この訳では通じませんよね。

上記例文のgo withはイディオム(熟語)で、go(行く)with(~と)それぞれの単語からは推測しにくい意味での使い方です。 では、イディオムgo withはどんな意味なのでしょうか?

今回は、イディオムgo withの意味と使い方を例文とともにわかりやすく紹介します。
日常英会話で役立つ表現ばかりなので、ぜひこの機会にマスターしましょう!

go withの3つの意味

go with 意味 使い方 例文 スラング

イディオムgo withには以下3つの意味があります。

①~と合う/似合う
②~を選ぶ/~にする
③~に同意する/受け入れる

それぞれの意味での使い方を例文とともに見ていきましょう。

go withの意味①~と合う

go withには、~と合う、似合うという意味があります。食べ物の組み合わせが良くて美味しかったり、服装の組み合わせが良くて見た目が良かったり、調和がとれていることを表現したい時に使われます。

A goes with Bの形で使われ、AはBによく合うという表現になります。

この赤ワインはシーフードによく合います。
This red wine goes well with seafood.

go well withとすることで、とても合うと強調できます。really go withと言うこともできます。

このジーンズは何にでも合います。
These jeans go with anything.

この壁紙は家具ととてもよく合います。
This wallpaper really goes with the furniture.

go withの意味②選ぶ

go withには、選ぶ、~にするという意味もあります。いくつかの選択肢の中から何かを選ぶ際に使われ、同意語のchooseselectよりもカジュアルな響きを持ちます。

go with somethingの形で使われ、somethingには、選んだものごとを入れます。

壁は水色にしようと思います。
I think I should go with light blue for the walls.

それで行きましょう!いい考えだね。
Let’s go with that! It’s a good idea.

「どちらかというと」の英語表現6選|例文で使い方とニュアンスをシーン別解説

go withの意味③~に同意する

go withには、~に同意するまたは受け入れるという意味もあります。

go with someone/somethingの形で使われ、アイデアを受け入れたり人に同意することを表現します。I am with you.や、I agree with you.と同じ意味です。

彼の提案を受け入れられます。
We can go with his suggestions.

この点では彼に同意せざるを得ません。
I have to go with him on this one.

have to go with someoneで、~に同意せざるを得ないといった決まり文句です。議論や口論の際に、相手の言い分もわかるけれど、この点では~に同意する賛成だと言いたい時に使われます。

Can I go with you?の意味

同じgo with someoneの表現でもイディオムとしてではなく、単語単位で直訳が必要な場合もあります。

たとえば、Can I go with you?といった場合、go行くwith~と一緒に行くという意味で使われています。つまり、Can I go with you?の意味は、あなたと一緒に行っていい?となります。

go with someoneが、~に同調するというという意味なのか、~と一緒に行くと言う意味なのかは、前後の文脈で判断しましょう。

A:彼のアイデアどう思う?
A:What do you think about his idea?

B:まぁ、いいんじゃないかな。これについては彼に同意するよ。
B:That’s not so bad. I’ll go with him on this.

A:来週ニューヨークへ出張だ。
A:I’m going to New York on business next week.

B:一緒に行っていい?
B:Can I go with you?

go with the flowの意味

go with 意味 使い方 例文 スラング

go withを含んだイディオムで、go with the flowという表現があります。これは、流れに身を委ねる成り行きに任せるという意味です。

自分で何かをコントロールしようとするのではなく、物事が起こるのをそのままに受け入れたり、他の人がしていることを実行したりする場合に使われます。

リラックスして流れに委ねましょう。
Let’s relax and just go with the flow.

私たちにできることは何もないので、成り行きに任せた方がよいでしょう。
There’s nothing we can do, so we might as well go with the flow.

mayとの違いは?mightの意味や使い方を理解して英語力UP!

まとめ

go with 意味 使い方 例文 スラング

イディオムのgo withには3つの意味があり、ネイティブは日常的によく使います。

1つ目は、「~と合う」という訳で、物事の組み合わせがよく、調和がとれているという意味です。2つ目は「~を選ぶ」という訳で、chooseやselectと同意。そして3つ目は「~に同意する」という訳で、誰かのアイデアを受け入れたり人に同意する際に使われます。

いずれの使い方も、「行く」という意味のgoと、「~と一緒に」という意味のwithからは、なかなか想像できませんよね。イディオムはとにかく丸々暗記するのが一番です。

シーンを思い浮かべながら例文を繰り返し読むことで、しっかりと頭に定着させましょう!