1. TOP
  2. 待ち合わせの英語表現5W1H「インフォメーティブクエスチョンズ」
Sponsored Link

待ち合わせの英語表現5W1H「インフォメーティブクエスチョンズ」

LINEで送る
Pocket

「いつ」「どこで」「誰と」「どのように」「なぜ」などを表す言葉があります。

日本でもビジネスの場や何かを決めるときによく使われるこれらのキーワードは、「5W1H」と言われています。

この「5W1H」という言い方は、英語の”What””When””Who””Where””Why””How”からきています。

これは「インフォメーデフクエスチョンズ」と呼ばれており、非常に重要なものです。

 

Sponsored Link

情報を仕入れたいときの疑問文

shutterstock_407640769

”What””When””Who””Where””Why””How” ”What””When””Who””Where””Why””How”は、何かの情報を仕入れるときに必要になってくるキーワードです。

私たちは、相手からの情報を聞いたり、もしくは相手と一緒に何かを決めたいと思ったりしたときには、この単語を頻繁に使います。

英語の場合は、「H」には”How much”とか”How long”なども分類されることもありますが、いずれの場合にせよ、この「5W1H」でほとんどすべての情報を得られる、と考えて間違いありません。

 

その他にもある、「5W1H」を使った文章の例はこちら
⇒スモールトークからのランチのお誘いの仕方♪

情報はだいたい5W1H

私たちが「どこかで集まろう」とするとき、もっとも重要になるのは「What time(時間)」と「where(場所)」です。

この2つはほかのものに比べても明らかに重要です。

これらをうまく使うことができるのなら、”When”や”Who”についても確認がとれるでしょう。

ただし、私たちの日常会話においては、いきなり「17時に会います」といったような会話がされることはありません。

もちろん、学校の授業などですでに始まる時間が決まっている、あるいは以前から「この日のこの時間に試験をするから、その1時間前に集合するように」と決まっている場合は別です。

しかしそれ以外のケースの場合は、その前に、ほとんど必ずと言ってよいほど、相手に対して「質問」を投げかけることになるでしょう。

 

時間を聞くシチュエーションはこちらの記事も参考になります
⇒「彼はいつお戻りになりますか?」を英語で電話対応!

「どこで会おっか?」

「何時に会いましょうか?」「何時だったら都合がいいかな?」「私はこの日が仕事の休みなんだけど、あなたはどう?」「どこで待ち合わせする?」「いつも使っている駅はココなんだけど、あなたはどう?」「どこに行く?」といった質問をすることは、ごく当たり前のことです。

そのため、英語で質問する際には、きちんとそのための質問文を作らなければなりません。

例えば、「どこで会おうか?」ということから決めるのであれば、使う単語は”Where”となります。

この場合、「会う人」「あなたと私」なので、主語が“We”になることは、察しがつくでしょう。

これを踏まえて、よく使われる言い回しを紹介します。

それが、”Where should we”という言い回しです。

これを使って、Where should we meet up?と誘いをかけることは、英語を母国語とする人にとって当たり前のことです。

日本語に訳すると、「どこで待ち合わせする?」といったような、比較的軽く、明るい意味になります。

学校で英語を学んだ、という人の場合、“should”には「~をすべき」というように訳したくなるかもしれません。

そのため、上の文章を、「私たちはどこで会うべきだろうか」と訳してしまうこともあるでしょう。

このような「言葉の受け取り方の違い」は、英語を「机上で」学んでいったときにつきものの話です。

(もちろん、机上で英語を学ぶことも悪いことではありません。

日本語を教えている教師のなかには、「理論だって学ぶことで、日本人以上に美しく、正しい日本語を学べる」としている人もいます)

 

「Where」を使った、その他の英語表現はこちら
⇒海外旅行に行った時のタクシーの乗り方

“Let’s meet up at”で集合場所

では、もう一歩進んで考えてみましょう。

今度は「受け答え編」です。

Where should we meet up?”と言われたとき、なんと答えればよいのでしょうか。

そのときのヒントとなるのが、Let’s meet up atという言い方です。

もちろん、atの後ろには具体的な場所名が続きます。

たとえば、“Let’s meet up at The west exit of Nagoya Station(名古屋駅の西口で会いましょう)”といった具合です。

また、”don’t we”といった表現もよく使われます。

Why don’t we meet up at~(場所名)?” “Why don’t we meet up at~(場所名)?”
この”don’t we”もまた、先にあげた”should”と同じように、ネイティブ以外の人を混乱させやすい単語です。

これはしばしば、「なぜ私たちは~をしないのか」と訳されてしまうのです。

このようなところは肌と経験で覚えていくしかない部分でもあるのですが、基本的には” Let’s”と同じような感覚で使われている、と考えてください。

ちなみに、「何時に会いますか?」の場合は、”What time are we going to meet up?”といった言い回しが使われます。

 

一緒に覚えるのが友好的

あなたが”What time are we going to meet up?”と尋ねた場合、相手は具体的な時間を言ってくるでしょうし、そこから新しいコミュニケーションが生まれます。

そのため、
What time should we meet up?
Where should we meet up?
と言う言い回しを、自分から言えるようにしておきましょう。大切なのは、「聞かれたことに答える技術」よりも、「自分から相手に質問をする技術」です。

自分が聞かれた場合は、「18」「19」「名古屋駅西口」のような「単語」で答えても問題はないからです。

 

 

まとめ

誰かと約束をするときに必要なのは、「待ち合わせ場所や時間を聞かれたときに答える技術」よりも、「自分から相手に疑問文を投げかける英語力」です。

その基本の言い回しは、「学問」として英語を学ぶときとは少し違いがあります。

ただ、それほど難しいセンテンスではありませんから、積極的に使っていくようにしましょう。

「相手を誘うこと」「相手の意向を聞くこと」は、人間関係を円滑にするためにも非常に役立ちます。

そしてこのような、「自然な会話のやりとりをするために必要な言い回し」を覚えることは、あなたの英語能力を上昇させるためにも非常に役に立つと言えるでしょう。

 

動画でおさらい

集合時間の確認に使える!「インフォメーティブクエスチョンズ」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。

この人が書いた記事  記事一覧

  • あなたは聞き取れる?オーストラリア英語のリスニング攻略!

  • 1千万円請求された私の体験!アメリカ留学1年間の費用の目安

  • TOEICリスニングでハイスコアを取る3つのコツ!

  • せっかくの留学やワーホリを充実させるための3つのポイント

関連記事

  • 英語で「どんなことをするのが好き?」好きなことを聞いてみよう

  • クリスマスに関する英語表現4つ。ネイティブのお友達に聞いてみよう!

  • 趣味が合えば盛り上がりそう!「いち番好きな歌手は誰?」を英語で

  • 「身をもって知ったよ」を英語で言うと?よく出てくる英語表現

  • 英語でフォーマルな挨拶をしたい!固くない表現でも丁寧な英語

  • 「まじで!?」の「Really?」以外の英語表現