社長を英語で?PresidentとCEOの違いを知って正しい表現を使おう!

LINEで送る
Pocket

社長を英語で?といって思いつくのは、CEOPresidentではないでしょうか?
実はこの2つ、違った役職を表現する英語なんです。
日本では社長は社長ですが、海外での社長事情は日本とは異なるものがあります。

ポイントは正式な肩書き

今回は、日本とは違った海外の複雑な英語の役職名と役割を比べながら、社長の英語表現について解説していきます。
また、社長に関連する用語やフレーズもふんだんに紹介。

海外とのビジネスをよりスムーズにしていくためにも、社長の英語表現、しっかりとものにしましょう。

社長の英語表現

まずは、日本語でいうところの社長にあたる英語表現からみていきましょう。
社長は英語で、ずばり、
President

です。
大統領の意味もあるため、区別するためにCompany presidentと表現する場合もあります。

CEO

では、社長が対訳だと思っていたCEOとはどういった意味なのでしょう?
CEOとは、Chief Executive Officerの略で、最高経営責任者といった役職の英語表現です。

会社の経営方針から事業計画まで全ての業務を統括し、全責任を負う重要な役割を担います。

CEOとPresidentの違い

ここまで出てきた2つの表現、社長(President)と最高経営責任者(CEO)にはどういった違いがあるのでしょう?

CEOは、企業の実質的なトップといわれます。
CEOを置く企業では、社長職はその下の役職で、役割としては現場部門のトップ
こういった組織形態の場合、社長は経営に関する権限はあまり持たず、経営に関してはCEOや役員が権限を持ちます。

社長とCEOの違いは、役職の違い。つまり企業内での役目、肩書きの違いにあったのです!

ただ、日本では実際の役職に関係なく、会社のトップという意味で社長、という表現を使うことがあります。
こういった意味での社長は、headを使って表現できます。

社長(会社のトップと言う意味で)
Head of a company

この表現だと、取引先の組織形態やトップの役職がわからなくても、Head of a companyと表現するだけ。
とても便利な表現なのであわせて覚えましょう。

代表取締役

会社のトップといって社長以外に思いつく言葉といえば、代表取締役
代表取締役は英語で、
Representative of Director

と表現します。

代表取締役は会社法に定められている肩書きで、会社を運営する中心グループのトップ。他社とやり取りをする際に、会社の顔として権限を持つ人のことを指します。
実質、会社の最高権力者ともいえます。
ただ、Representative Director(代表取締役)の肩書きは、アメリカでもイギリスでもあまり使われていません。
アメリカではCEOに相当し、イギリスではManaging Directorに相当します。

こちらの記事もビジネスシーンで役立ちます。

役職名の英語表現

ここまで社長や最高経営責任者といった役職の英語表現をみてきましたので、ここではそれ以外の役職名を英語でどう表現するかみていきましょう。

会長
chairman / chairperson

最高業務執行責任者(最高執行責任者)
Chief Operating Officer(COO)

最高財務責任者
Chief Financial Officer(CFO)

取締役
board director

副社長
senior vice president / executive vice president

専務
senior managing director / executive managing director

部長
general manager / department manager

次長
assistant general manager

課長
manager

係長
section head

主任
chief / supervisor

ここに紹介したのは一部にすぎませんが、役職名の英語の表記方法や呼び方は会社や業界によってそれぞれ変わります。
取引先などの正式な役職名の英語表現を知りたい際には、先方に必ず確認するようにしましょう。

たくさんある役職名、さらに詳しくはこちらの記事が参考になります。

社長秘書の英語表現

最後に、社長秘書など社長に関連するさまざまな英語表現を紹介していきます。

<関連用語>
社長秘書
president’s secretary

社長室
president’s office

社長付き
assistant to president

社長代理
acting president

ワンマン社長
an autocratic president

<関連フレーズ>
社長を解任する
dismiss president

社長に就任する
amuse the presidency

take the chair of the president

社長を選任する
elect the company president

appoint the president

さまざまなビジネスシーンで出てきそうな用語、フレーズです。
是非この機会に覚えてみてください。

例文付き!「担当者」の英語表現はこちらの記事が参考になります。

まとめ

社長に関する英語表現をみてきました。

役職名での社長はPresident、CEOは最高経営責任者を意味するものでした。
ただ、私たちが使う日本語の社長には役職の意味ではなく、会社のトップという意味で使う社長もあります。

そういった社長を表現する際には、Head of a companyという表現が便利でした。
他にもワンマン社長(an autocratic president)など、日常英会話でも使えそうな社長に関連する用語やフレーズも紹介しました。

今回は、一度読んだだけで全てを覚えるのは難しい単語の量です。
まずは自分の興味のある単語や、必要性を感じる単語から順に覚えていきましょう。

単語を覚えるには、あせらず、コツコツ、意味をイメージしながら声に出すという勉強法が効果的です。

英語上級者への道は地道な学習の積み重ねですよ!

LINEで送る
Pocket

この記事にコメントする

必須

1件のコメントがあります

  1. アバター
    関根久

    面白い言い回しや話題をいただきたいです。