【完全保存版】役職名や肩書きの英語表記一覧|あなたの知りたい表現が見つかる68選

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

英語で名刺を作成したり英文メールを書く時、意外に役職名や肩書きがさっと出てこないものです。そこで今回は、ビジネス英語でよく使われる役職の種類と名称を一覧にしました。

いやいや、私は平社員なので役職名はありませんよという人も多いと思いますが、平社員staffもしくはemployeeと表記できます。それでは肩書きとしてちょっと寂しい…という場合は、敢えて担当業務を強調してsales staff(営業担当)technical staff(技術担当)のように表現してみてはいかがでしょうか?

平社員だけでなく、役職名は国の違いや企業によってバリエーションがあります。また、英語か日本語かに限らず、同じ肩書きであっても、仕事内容や意味が異なることもよくあります。例えば日本でも最近は、マネージャー、ディレクター、チーフのように横文字での呼び方がありますが、会社毎で階級の中での順位や求められる業務は違いますよね。

ですので、今回紹介する役職名は、あくまでも一般的な表記として考えてみてください。

そもそも役職って英語で何?

役職/役職名/肩書き/職名
job title

position

役職という日本語はjob titlepositionという英単語で表せます。2つ目のpositionは、日本語でも仕事のポジションのように使われるので馴染みがあるでしょう。フレーズで使う時は、

あなたの役職名は何ですか?
What is your job title?

のようになります。

job titlepositionの他に、official positionofficial titlepost役職名を意味する英語として使えますが、まずは最初に紹介した2つを覚えておけばOKです。

英語の役職名一覧(カテゴリー別)

役職や肩書きとひと括りで言っても、管理職から最高責任者、役職なしまで様々です。大まかにクラス分けした英語表現を見ていきましょう。

最高責任者の英語役職名

最近はニュースでも、企業の経営陣が略語で呼ばれるようになりました。どことなくかっこいい響きもする役職名を紹介します。

最高経営責任者/代表取締役
CEO(Chief Executive Officer)

最高執行役員
COO(Chief Operating Officer)

最高技術責任者
CTO(Chief Technology Officer)

最高財務責任者
CFO(Chief Financial Officer)

最高マーケティング責任者
CMO(Chief Marketing Officer)

最高情報責任者
CIO(Chief Information Officer)

最高総務責任者
CAO(Chief Administrative Officer)

最高法務責任者
CLO(Chief Legal Officer)

いずれもChiefOfficerの間が業務上の責任範囲となります。

ビジネスシーンだけでなく、カジュアルな場面でも略語や短縮形がよく使われる英語。知ってトクする略語表現を集めてみました。

役員と上級管理職の英語役職名

取締役会長
chairperson

取締役副会長
vice chairperson

取締役社長
president

representative of directors

副社長
executive vice president

senior vice president

vice presidentはよくVPと略されます。

取締役
director

専務取締役
senior managing director

常務取締役
managing director

執行役員
executive officer

corporate officer

operating officer

監査役
auditor

相談役
senior advisor

顧問
advisor

special advisor

corporate advisor

executive consultant

consultant

通常の管理職やその他の英語役職名

本部長(統括部長)
general manager

general managerはよくGMと略されます。

副本部長
deputy director

事業部長
division manager

部長
department manager

副部長
assistant manager

次長
deputy general manager

室長
chief

director

head of a section

head of a division

head of a department

課長
manager

section chief

課長代理
acting chief of a section

課長補佐
assistant section manager

参事
associate director

associate chief

主幹
senior manager

係長
chief clerk

主任
section chief

主査
assistant section chief

工場長
factory manager

plant superintendent

支店長
general manager

所長
branch manager

秘書
secretary

参与
counselor

consultant

社外取締役
outside director

役職なしの場合の英語表記

平社員/一般社員
staff

employee

member

公務員
civil servant

public officer

government employee

研修生/見習い
trainee

派遣社員/契約社員
temporary staff

non-regular employee

インターン/助手
intern

アルバイト
part-timer

アシスタント/補佐
assistant

役職名を英語で書く時に気をつけたいこと

自分の役職名を名刺などに載せる際は、より細かい組織から記載するのが一般的です。具体的には

名前→役職→係→課→部→会社

の順番です。勘の良い人はピンとくるかもしれませんが、日本語での表記と順番が逆になります。

英語名刺を作りたい人必見!書き方や外国人との名刺交換時の作法については、こちらの記事をぜひ参考にどうぞ。

また、役職を兼務している場合、and、もしくは,(コンマ)でつなげて表記します。

例)
General Manager and Managing Director
General Manager & Managing Director
General Manager, Managing Director

ただ、どちらかの記載で問題ないのであれば、混乱を招かないためにも1つを選択すると良いでしょう。なお、通常名刺に記載する英語の情報は大文字から始めます

部署名の英語もできるだけ知っておこう

役職名とあわせて知っておくと便利なのが部署名の英語です。全部完璧に記憶する必要はありませんが、主要なものを挙げますので、覚えられるものはぜひ覚えてくださいね。

人事部
Personnel Department

技術部
Technology Department

Engineering Department

マーケティング部
Marketing Department

開発部
Research & Development Department

R&D Departmentと略されることもあります。

企画部
Planning Department

経理部
Accounting Department

総務部
General Affairs Department

広報部
Public Relations Department

法務部
Legal Department

情報システム部
Information Systems Department

営業部
Sales Department

海外事業部
Overseas Department

まとめ

いかがでしたか?今回はビジネスシーンでよく使われる役職名を一気に紹介しました。

記事の冒頭で説明したように、英語の役職名も日本語と同様、会社によって基準が異なるため、絶対にこれというものはありません。しかし、ざっくりとchief<manager<director<officerの順で職位が上がると知っているだけでも便利です。

得意先との名刺交換や自己紹介、外資系企業とのやり取りなどにぜひお役立てください!

LINEで送る
Pocket