1. TOP
  2. 英文法
  3. 英会話に最低限必要な英文法!パニックにならないために

英会話に最低限必要な英文法!パニックにならないために

 2018/05/16 英文法
 
LINEで送る
Pocket

英会話を行うにあたり、英文法をパーフェクトにマスターする必要があると思っている人は多いのではないでしょうか。

しかし、英文法をパーフェクトに覚えておく必要はないといえます。それでは、どの程度の英文法の基礎が必要なのでしょうか?

今回は、英会話に必要な最低限の文法を紹介していきます。

最低限の英文法の基礎を知らないと会話が続かない

英会話には最低限の英文法は必要です。

なぜ最低限の英文法が必要であるかというと、英文法の基礎を何も知らない場合、ネイティブの人たちと話すときに会話として成立しないケースが多いためです。

一般的に英語初心者の方が英語を話そうとする際には、頭の中がパニックになることが多いです。
そのような状況下では、思いついた単語を思いついた順番に、単語単位で口に出してしまう傾向があります。

もし、単語単位でしか日本語を話せない外国人の方と会話をしようと思っても、会話は続かないですよね。

英会話でも単語単位でしか口にできなければ会話は続きません。

それでは、英会話をするために、最低限知っておかなければいけない英文法の基礎は何なのでしょうか。それは、1つのセンテンスを作ることができる程度の英文法の知識です。

英文法の基礎中の基礎!1センテンスを作るとは?

1センテンスをミスなく作ることができるというレベルであれば、英文法の基礎中の基礎はマスターできていると言っていいでしょう。

1センテンス作る際に必要なことは、ネイティブが話している語順通りにセンテンスを作るということです。

しかし、英語初心者の方が英語を話そうとすると、パニックに陥り、日本語の文章の語順で単語を並べてしまう傾向があります。

そもそも、英語は日本語とは全く異なる言語であり、語順が全く異なることは中学校でも習いましたよね。

英語において語順は日本語以上にとても重要になります。

英語は、SVO(主語→動詞→目的語)の語順が基礎です。
それに対し、日本語はSOV型の言語ですよね。

したがって、日本語の語順で単語を並べてしまうと、ネイティブにはうまく伝わりません。

日本語の語順通りに単語を並べてしまうと…

例えば、家に帰りたいとネイティブに伝えたいときに、英語初心者の日本人が、まず最初に英語に変換しようとする単語は、家になりがちです。

つまり、HomeHouseといった単語です。

そして次に日本語の語順と同じく帰る、したいのような単語を英語にしようと考えるのかもしれません。

このように、日本語と同じ語順で英語に変換してしまうと。

Home go back want.のような文章になってしまうかもしれません。

家に帰りたいを正しい英語の語順で言うと、I want to go home.ですよね。

先ほどの、Home go back want.の文章をこの英語のSVO型の語順に当てはめてみてみると、Homeが主語(S)になっており、動詞(V)の位置にgo back、目的語(O)の位置にwantがきているので、ネイティブの耳には、Homeという人がwantというところへ帰るというような意味に聞こえてしまうのです。

この原因は、やはり語順です。英語を理解する上で、一番大切で基礎中の基礎といえるものが語順なのです。

英語初心者が早く英語力をつける方法

英語初心者の方は、上でお伝えした英文法の基礎だけでは英語は話せないと感じ、コミュニケーションをとるのが恥ずかしいと感じてしまう方もいると思います。

さまざまな文法を完璧に習得してから、実際に英語を話そうと考えてしまうと、月日ばかりが経ち、最終的にいつまでたっても英語が話せるようにならないという可能性もあります。

しかし、英文法の基礎中の基礎・語順をすでに身につけているのであれば、どんどん英語でコミュニケーションをとることをおすすめします。

英会話の中で、さらなる文法や新しい単語、言い回しなどを覚えていき、磨いていくことが、英語力を向上させていく1番の近道ではないでしょうか。

他の国の人達と比べ、日本人は特に、自分の英語に自信がないがゆえに話すことを恐れ、上達してから英語を使おうと考えている人が多い傾向にあるようです。

ただ、1つあなたに覚えておいてほしいことは、間違った英語を使うことを恥ずかしいと感じ話さずにいると、そもそも改善も上達もできないということです。

したがって、英文法の基礎の語順を理解したのであれば、間違いを恐れず英語をたくさん使用し、自身の英語力を高めようと心がけていきましょう。

英会話に最低限必要な英文法!パニックにならないためにまとめ

英会話でネイティブと話す場合、英文法の基礎を身につけておく必要があります。

それは英単語を正しい語順に並べることができれば十分です。

語順さえ理解しておけば、その先の英語力は失敗を重ねながら高めていけばいいので、積極的に英語を使っていきましょう!

動画でおさらい

「英会話に最低限必要な英文法!パニックにならないために」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。