「ドキドキ」を英語で言うと?緊張や興奮を表すフレーズ4つ

LINEで送る
Pocket

日本語でドキドキすると言いたいときは一言で言えてしまいますが、英語の場合にはいくつか表現にバリエーションがあります。

今回は、ドキドキするを英語で表現する場合の、いくつかのパターンを紹介します。

英語でドキドキを表現

ドキドキすると聞いて、どんなシチュエーションを思い浮かべますか?

興奮しているドキドキ、緊張しているドキドキ、恋をして胸がドキドキなど、様々ですよね。

どんなドキドキを表現するかによって表現方法が変わります。

それでは詳しく見ていきましょう。

興奮しているドキドキ

興奮している様子を表すときには、
excited

を使います。

I am excited.

でわくわくしている、喜びで興奮しているニュアンスを伝えることができます。

来週サム・スミスのコンサートに行くよ!とても楽しみ!
I am going to Sam Smith’s concert next week. I am so excited!

また、(待ちきれないよ)
can’t wait

と付け加えると、楽しみ過ぎてドキドキしている、待ちきれないといったニュアンスを表現することができます。

ドキドキして待ちきれないよ!
I am excited and can’t wait.

緊張しているドキドキ

緊張感をともなうドキドキは
nervous

を使いましょう。

日本語でもナーバスと使うので、緊張している様子がイメージできると思います。

明日は仕事の面接があるから、とても緊張しているよ。
I will have a job interview tomorrow. I am so nervous.

緊張しているという表現ですが、緊張しているときにはドキドキもしますよね。

プレゼンテーションや面接前の緊張感を伴う場面で使ってみてください。

落ち着かない状態のドキドキ

緊張するとソワソワして落ち着かない状態になりますよね。

そんなときは、緊張してドキドキするというフレーズを使ってみましょう。
I have butterflies in my stomach.

直訳すると蝶がお腹の中にいるとなりますが、緊張でお腹の中で蝶が飛んでいるような気持ちになることを表します。

I’m nervous.

に近い英語表現です。

あまり馴染みのない表現かもしれませんが、英語圏ではよく使われる表現なので、覚えておきましょう。

心臓がドキドキ

緊張で心臓がすごい速さでドキドキするときは、
My heart is beating so fast.

を使いましょう。

恋愛やデートの時にも使える表現です。

また、紹介したI’m nervous.と繋げて使うこともできます。

緊張して、心臓がドキドキしているよ。
I’m nervous. My heart is beating so fast.

他にもheartを使ったドキドキを表現するフレーズをご紹介します。

胸がドキドキしている
My heart is racing.

心臓のドキドキが聞こえる=胸がドキドキしているのがわかる
I can hear my heart beating.

心臓が激しく鼓動している=ドキドキしている
My heart is pounding.

日本語でも心臓がドキドキすると表現しますが、英語でもheartと使ってドキドキを伝えることができます。

ぜひ覚えて使ってみてくださいね。

まとめ

今回は英語でドキドキする様子を相手に伝えたいときのフレーズを紹介しました。

緊張や胸が高鳴る場面は誰にでもあるはずです。

様々な表現方法を身につけておくと、シチュエーションによって適切なフレーズを使うことができますよ。

是非、声に出してフレーズを練習してみてくださいね。

動画でおさらい

「ドキドキ」を英語で言うと?緊張や興奮を表すフレーズ4つを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket