1. TOP
  2. 英文法
  3. 英文法SVOCを意識すると会話できない?どうすれば…?
Sponsored Link

英文法SVOCを意識すると会話できない?どうすれば…?

 2016/12/01 英文法
 
LINEで送る
Pocket

今回紹介していくのは「SVOC」についてです。

これは、中学校の時に習う文法です。

これらを1個ずつ詳しく紹介していきます。

「SVOC」とは英語の文章の構成ことです。

英語の文章では基本的に文法などのルールがあります。

ルールを守ることで、話すことや書くことができるため、そのルールを単純にまとめたものがSVOCになります。

イメージとしては、英語を作るときの語順だと思うと理解がしやすいでしょう。

Sponsored Link

Sについて

shutterstock_445697146

Subject”は主語という意味です。

私やあなたなどその動作をする人のことです。

主語については、英語を学ぶなかで最初に覚えると思うため、そこまで詳しく説明しなくても大丈夫でしょう。

例えば、“My mother named me Kenta”という文章の場合、最初のMy motherが主語になります。

文法についてはこちらのトピックもご参考に。
⇒完璧な人はいない!英語で励ましの言葉

Vについて

そして“Verb”「V」です。

Verb”は動詞のことです。

これも日本語で考えるとそこまで難しくないでしょう。

My mother named me Kenta”のなかでは、nemedが動詞です。

この場合、過去形になっているため、名付けたという意味になります。

その他にもある、文法に関するポイントはこちら
⇒ディクテーションをもっと効果的に!意識するべき3つのポイント

Oについて

shutterstock_527373904

O」はObject”の頭文字であり、目的語という意味です。

目的語は動詞の動作の対象となる語のことになります。

My mother named me Kenta”の場合は、meが目的語になっています。

これは、名付けられた人が私であるためです。

文法を踏まえて「何やるの?」と言いたいときにに役立つ英語はこちら
⇒5W1Hが必ずくるフレーズ「何やるの?」の英語表現法

Cについて

C」はComplement”であり補語のことです。

先ほどから紹介している例文“My mother named me Kenta”では最後のKentaが補語にあたります。

英語では、このようにSVOCが順番通りに出てくることが一般的です。

 

SVOCを意識しないと英語が出ないと…

shutterstock_527448403

なかには、主語・動詞・目的語・補語、「SVOC」を意識しないと英語を作ることができない人もいるようです。

そうした方は、以下の状態に陥りやすいです。

例えば「うちのお母さんは私の事をケンタと名付けた」と話したいとします。

その時に主語は、“My mother”その次には動詞がくるから「私のお母さんは名づけた」

名付けるという動詞で過去形である”named”そして「私のお母さんは私の事をケンタ」では目的語は“me”、「ケンタと名付けた」だから“Kenta”と考えます。

このように「SVOC」を意識して考えながら英語を話そうとすると、上記のように考えないと英文を作成することができません。

こうした傾向は、0からしっかりと自分の力で英文を作れるようになりたい、または言えるようになりたいという人に多いです。

そうした方は、この「SVOC」を意識しながら話そうとしてしまいます。

この方法では正しい文法を作ることができるメリットがありますが、問題点があります。

それは、文章を話す前に主語や動詞、目的語、補語を考えないといけないためです。

また、それを行わないとセンテンスを作る事ができないです。

もしも、文章を話すのではなく書くのであれば上記のことはそれほど問題ではないでしょう。

実際に自分が文章を書くのであれば、そこに会話は無く、相手とのやりとりやコミュニケーションも無いため、考えながら文章を作っていくという面では良いのかもしれません。

しかし、実際の会話になってしまった時は、主語や動詞、目的語は何かという様に考えてしまうと、1個のセンテンスを話すためにものすごい時間がかかってしまうのです。

例えば“My mother named me Kenta”と話すのであれば、1秒程度しかかかりません。

しかし、文法を意識して「SVOC」を考えないとセンテンスが作れなくなってしまうと、話すまでに5秒~10秒程度かかってしまうでしょう。

この5秒~10秒の間に会話は進んでしまいます。

そうすると会話に入ることができなくなってしまうため、基本的にこの「SVOC」を意識しながら話しをする事というのは、おすすめできないのです。

もしもSVOCを意識するのであれば、主語と動詞を意識するようにしましょう。

さらに「T」“Tense”である時制を意識することもおすすめです。

この3つの「STV」が意識できていると、基本的に後ろにキーワードさえ並べてしまえば、意味が相手に通じてしまう事が多いです。

自分が話したいことが、誰の話で、それはいつの話なのか、そして何なのか、これが言えるようになれば、ある程度自分が言いたい事は伝わるでしょう。

英語を日本語の語順で話してしまうと、通じなくなってしまうのですが、英語は主語があり、それがいつの話しなのか、そしてそれが何なのかという事を言えていれば、ある程度通じます。

SVOC」を意識しながら話すのではなくて、今回紹介したようにおおまかに頭に入れて勉強をすると、スピーキング力が向上していくでしょう。

主語、時制語、動詞の順で英語は話されているということを、意識しながら英語の勉強を行いましょう。

また、読む時もこれを意識して読むと、理解力の向上にもつながるためおすすめです。

 

まとめ

今回は「SVOC」について説明してきました。

この「SVOC」とは英語の文章を作るときのルールです。

そのため、英語を勉強している人のなかには正しい順番やルールで文章を作らないといけないという意識がある人も多いようです。

もちろん、正しい順番で話すことが大切ですし、小中学校でもそのように勉強してきたと思います。

しかし、これができないと話せないという場合は、実際の会話のなかで英語を使うことが難しくなってしまう可能性があります。

普段、日本語を話しているときには頭のなかで動詞や目的語を意識して文章を組み立てて話すということはしていない人が多いでしょう。

これは、英語でも同様です。

そうして考えている間にも会話は進んでしまうので、実際の会話では頭で文章を組み立てる余裕はほとんどないのです。

そのため、今回紹介したように主語と時制、動詞を意識するぐらいに留めて、話すことを意識するようにしましょう。

この3つが正しく使えて入れば、相手に自分の考えなどが伝わるといわれています。

また、そうした会話を繰り返していくことで、英語表現やよく使う単語や文章の流れなども身についてくるでしょう。

そのためにも、今回紹介した方法を参考に会話してみてください。

 

動画でおさらい

SVOCの説明と使い方を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。

2人の子供をこよなく愛する。


英語はいまだに得意とは言えないものの、

英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 英語に無い表現「空気読めない」を言うとしたら?

  • 同じ意味です。「Would you like something to eat ?」と「Would you like to eat something ?」

  • 「正直」「ぶっちゃけ」を英語で言うと?To be honest,◯◯

  • 実は便利な日本語「芸能人」は英語でなんて言う?

関連記事

  • 英語で「体温を計りますね」病院でよく使われる英語表現

  • 「I like study」は間違いです。動名詞を使った英文法解説

  • 英文法の勉強方法!理解するコツは説明ではなく形から覚えること

  • 英文法の現在進行形は、基本の3パターンを覚えるだけ!

  • すごい頻繁に使います!英語での副詞のおすすめの使い分け方

  • 自分が主役が脳に良い!英文暗記法3つのポイント