1. TOP
  2. 日本人が言えそうで言えない英語表現
  3. 直訳できない「ネコをかぶってる」の猫は出てこない英語表現

直訳できない「ネコをかぶってる」の猫は出てこない英語表現

LINEで送る
Pocket

友人との会話でマンガやエンタメなどの話題について盛り上がることってありますよね。
そんな時、「あの人絶対ネコをかぶっているよね」「あの女優ネコかぶりすぎじゃない?」なんてコメントしたりすることありませんか?

決していい意味で使われる言葉ではありませんが、使う場面は少なからずある言い回しです。
これを英語ではどう表現するのでしょうか?

今回は、ネコをかぶっているを英語ではどう表現するのかについて紹介します。ぜひ、勉強して使い方をマスターしてくださいね。

では、確認していきましょう。

ネコかぶってるって英語でどう表現するの?

英語で、ネコをかぶっているはどう表現するのでしょうか?
実は、いくつか類似の表現があります。

後ほど詳しくお伝えしますが、日本語と同じようにネコを使って表現したり、オオカミ偽善者などを用いて表現する方法もあります。
それぞれネコをかぶっているという意味へのアプローチが異なるので、細かく例文を見ていきましょう。

難しい英語表現はこちらの記事も参考になります。

ネコを使って表現する方法

ネコを用いて表現する場合、英語では下記のようにいいます。

He’s pretending to be as harmless as a kitten.
彼はネコをかぶっている。

pretendは、~のフリをする、まねをする、あえてするという意味の動詞です。

ingをつけることで現在分詞になり、He’s pretendingで、彼は~のフリをしていると訳します。
もちろん男性でなく女性であれば、heでなくsheを使ってくださいね。

pretendingの後は、to be as harmless as a kittenと続いています。
harmlessには、無害な、害を与えない、~に無害でという意味があります。
kittenは、子ネコですね。

また、as…asという程度が同じことを表す比較級の表現を用いることで、~と同じぐらいと訳せますよね。
これらを整理すると、to be as harmless as a kittenで、子ネコと同じぐらい無害だと訳します。

例文を直訳すると、下記になります。

He’s pretending to be as harmless as a kitten.
彼は子ネコとおなじぐらい無害なフリをしている。

よって、彼は子ネコとおなじぐらい無害なフリをしている=ネコをかぶっているという慣用句であり、状態を表していることが分かります。

まず、一つ目の表現例として覚えて下さいね。

オオカミを使って表現する方法

二つ目はオオカミを使って表現する方法です。

He’s a wolf in sheep clothing.
彼は羊の皮を身にまとったオオカミだ。

まず、wolfオオカミですね。そのためHe’s a wolfで、彼はオオカミだと訳せます。
次は、オオカミの後のin sheep clothingをそれぞれ確認してみましょう。

sheepには羊、臆病者という意味があり、clothingは、衣服という意味になります。
それらを整理するとin sheep clothingで、羊の服(皮)を(身に)まとうと訳せます。

つまり下記になります。

He’s a wolf in sheep clothing.
彼は羊の皮を身にまとったオオカミだ。

羊というのは害をあまり与えない動物として有名です。
一方、オオカミは人に被害を与えることの多い動物ですよね。

したがって、無害そうに見えて実は怖い、危険だという意味合いで使うことができます。

偽善者を使って表現する方法

最後の表現方法を確認してみましょう。

He’s playing the hypocrite.
彼は偽善者を演じている。

まずHe’s playingですがplayにingをつけることで現在分詞になっています。
また、He’s playingで、彼は演じていると訳します。

その後にでてくるhypocriteですが馴染みのない方も多いと思います。
こちらのhypocrite偽善者、ネコかぶりという意味です。

よって、彼は偽善者を演じていると訳すことができます。

つまり、先に紹介したネコをかぶっているや、彼は羊の皮を身にまとったオオカミだと同じような意味合いになります。

日本語の慣用句を英語に直訳できるのか?

日本語特有の表現を英語に直訳することは難しいケースも多々あります。

一つ目に紹介した、彼はネコをかぶっているを英語に直訳をすると、本来であればHe’s putting on cat.となります。

ただ、上記のように直訳してもおそらく外国人の方には伝わりません。
なぜなら、ネコに対するイメージが国によって異なるからです。また日本語と英語は異なる言語であり、生活スタイルも異なります。

日本語では有名な慣用句でも英語では存在しない場合もあります。よって相手に通じないケースはこれ以外にも多々存在します。

このような場合は伝えることを諦めるのではなく、不足部分をつけ足して説明してあげることで相手も理解できるようになります。

例えば二つ目に紹介したHe’s a wolf in sheep clothing.です。

羊の皮をかぶっているという表現は、日本人でも聞き馴染みがありますよね。
そのため、何が羊の皮をかぶっているのか説明してあげましょう。

もし相手に伝わらない場合、表現方法を変えたりどうしたら伝わるか考えながら話してみると面白いかもしれません。

ネイティブに通じる英語はこちらの記事も参考になります。

まとめ

今回は、日本人に馴染み深いネコをかぶっているという慣用句をお伝えしました。
英語では下記のように表現します。

He’s pretending to be as harmless as a kitten.
He’s a wolf in sheep clothing.
He’s playing the hypocrite.

一方、日本語の慣用句が通じない場合もあります。なぜなら、日本語と英語が異なる言語であるからです。

そのような時は、説明をつけ加えましょう。また表現を考えながら話してみるのも一つです。自分で考えて通じそうな表現を使ってみることで、相手に通じる場合もあります。

ぜひ、挑戦して英会話で使ってみてくださいね。

動画でおさらい

直訳できない「ネコをかぶってる」の猫は出てこない英語表現を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語に関係する仕事を始めて14年目。
累計20万人の英語学習者の悩みに答えてきた英会話エキスパート。