看板は英語で?よく使う3つの言い回し&signとsignboardの違い

看板 英語 立て看板 signboard sign

看板には告知、注意、案内、広告など様々な種類があります。
例えば、海外旅行で初めての土地についた時、スマホと看板の情報を頼りに目的地へ向かう人も多いでしょう。では、この看板を英語で言うとどんな表現を使うのでしょうか?

今回は、よく使われる看板の英語表現3つと合わせて、接客業などで使える英語での看板メッセージ例看板に関するフレーズを紹介します。それでは早速みていきましょう!

看板の英語表現3つ

看板 英語 立て看板 signboard sign

まず看板の英語表現を紹介します。看板の意味を持つ英単語は4つあります。以下、よく使われる順にみていきましょう。

sign/signboard

signはもっとも広く使われる英語表現で、交通標識はtraffic signと言います。signはsignboardの省略形。標識やお店の看板、案内看板という意味を持ちます。

看板(最も広く使われる)
sign

signboard

新しい看板のアイデアはありますか?
Do you have any ideas for a new sign?

まだ求人していますか?あそこの看板に書いてあるのを見たのですが。
Are you still hiring? I saw the sign over there.

billboard

日本ではビルボードと聞くと、音楽チャートを連想する人も多いかも知れません。英語でbillboard街中の大きな看板や広告塔を意味します。

看板(広告塔)
billboard

看板広告は、ドライバーや歩行者のためのものです。
The billboard’s advertising is for the drivers and pedestrians.

なおadvertisingは広告を意味します。

signpost

道路案内標識/道しるべ
signpost

signpostには、道路案内標識や道しるべという意味があります。
また、サインポスト・フレーズという英語ビジネスで使われる用語を知っているでしょうか?

サインポスト・フレーズ(Signpost phrase)とは、プレゼン時や論文などの文章作成をする際に第1に○○、第2に△△のように、順序立てて説明するスキルを指します。参考までにこれらの表現を使った例文も押さえておきましょう!
 
道路案内標識によれば東京まであと20キロのようだ。
The signpost said Tokyo 20 miles.

私の上司が、サインポスト・フレーズはプレゼンテーションの理解を導くためのもの、と言っていました。
My boss said Signpost phrases are for guiding understanding of the presentation.

 
 
あわせて読みたい。

英語で伝える!お店の看板フレーズ

立て看板などに英語が添えられていると、外国から来たお客様にも伝わりやすいもの。こちらではお店の看板に使える看板用英語フレーズを9つ紹介します。

英語でメッセージを書く場合は、ストレートに要求を書くよりも、丁寧かつポジティブにお願いする文面にするとオシャレな印象に伝わります。

①マスク必須
Mask required

パンデミック後によくアメリカで見かけるmask requiredの表記は、要求を押しつけているような印象に聞える場合もあります。丁寧にお願いする場合は下記の様に記載してもgood。

②マスク着用をお願いします。
Put your mask on please

③休憩中です。すぐ戻ります。
Sorry! Gone on a break.
Be back shortly.

④月曜定休(定休日)
Monday:closed

⑤本日休業。火曜日に戻ります。
Sorry, we’re closed today.
Be back on Tuesday.

⑥ラストオーダーは午後11時です。
Last Order:11pm.

⑦只今、席を外しております。
(すぐ戻ります)
Be back shortly.

英語での看板メッセージは、席を外していたり定休日の場合は、すぐ戻りますや○○に戻りますのようにポジティブな表記をする事が多いです。

⑧立ち入り禁止
(従業員以外立ち入り禁止)
Employee only.

立ち入り禁止はDo not enterという言い回しも使われますが、強くお願いしている印象に聞えることもあるのでEmployee onlyのように柔らかく立ち入り制限を示すことが多いです。

⑨注意!
Caution!

警告や注意を促す英語表現にはcaution以外にもwarningという表現も用いられます。
caution注意しないと中・軽度の怪我の可能性がある場合に使い、warning注意しないと死や重度の怪我の可能性がある場合に使います。warningの方が警告度に重みがある事を覚えておきましょう。
 
注意!足元にご用心。
Caution! Watch your step.

警告!高電圧!(高電圧を扱う機器の周辺など)
Warning! High Voltage!

 
 
あわせて読みたい。

看板に関する表現

看板 英語 立て看板 signboard sign

看板に関する英語メッセージを紹介したところで、今度は看板に関する例文を見ていきましょう。

look at the sign

広告の役割は人の目を引くこと。思わず目を引かれる看板を見つけた時にはこんな一言。

あの看板を見て!
Look at the sign!

set up a sign/set up some signs

アメリカでは自宅などでガレージセールや誕生日パーティーがある際、近所に手作りの案内看板を設置することが多いです。看板の案内を設置したよと伝える場合にはこんなフレーズ。

ガレージセール案内の為に幾つか看板を設置した。
I set up some signs for the garage sale.

box-office stars

The box-officeとは映画館のチケット販売所を指します。box-office starsで、映画スターという意味になるため週刊誌や、新聞でも目にする表現です。

あなたのお気に入りの看板役者(映画スター)は誰?
Who is your favorite box-office star?

上記例文の場合は特定の人を尋ねているのでstarsではなくstarの単数扱いになります。
 
 
あわせて読みたい。

まとめ

看板 英語 立て看板 signboard sign

今回は看板に関する英語表現を3つ紹介しました。

最も一般的な表現はsignですが、billboardやsignpostの表現も合わせて覚えておくと役立つでしょう。
また、接客業などで使う看板メッセージや看板に関するフレーズを用いて、接客時や英語圏のお友達との会話がグングン広がるといいですね!

この記事にコメントする

必須

1件のコメントがあります

  1. nagayan

    映画スターと言えば、単純にmovie star と思っていました。box-office starsという、言い回しがあるなんて知らなかったので勉強になりました