「トイレ」の国別の英語表現!知っておくと海外旅行で便利な表現

LINEで送る
Pocket

海外旅行などで、
とっても役立つトイレを表す英語表現。

日本語と同様に
トイレを表す英語は
「toilet」と思っている方も
多いのではないでしょうか?

今回はトイレについての英語表現を
国別に分けてご紹介いたします。

「トイレ」の英語表現は?

実はトイレの英語表現は国ごとに異なります。

アメリカは「restroom(レストルーム)」
カナダは「washroom(ウォッシュルーム)」
イギリスは「toilet(トイレット)」
または、「bathroom(バスルーム)」

となります。

どの単語も
「トイレ」を表す英語表現。

どの表現も通じますが、
国ごとに使われている単語が異なるため

海外旅行などに行く際は、
その国が使っている単語を
使うようにしましょう。

「トイレを借りたい」を英語にすると?

ホームパーティーや友達の家にいるときに
トイレに行きたくなること、ありますよね。

「トイレを借してください」

これを英語でなんと表現するかご存知ですか?

「借りる」という英単語を
思い浮かべると、まず一番に思いつくのは
「borrow」でしょう。

この「borrow」には、
動詞で“(金・物などを)借りる”
という意味があります。

そのためここでも、
「borrow」を使用するのでは?と思いますが
実は、トイレを借りるときは使用しません。

ここで使用できる「借りる」を表す
英語表現は「use」です。

中学校で習ったシンプルな単語なので
簡単に覚えて、使用することができますね!

トイレを借りるときには
「borrow」ではなく「use」。

大事なポイントなので覚えておきましょう!

May I use the bathroom?
トイレを借りてもいいですか?

「May I ~?」を使用している英文は
丁寧な表現になるので、
フォーマルな場でも使えます。

親しい人などには、
「Can I」を使用して

Can I use the bathroom?
トイレを借りてもいい?

と表現することもできます。

「bathroom」は、その国の表現に合わせて
変えて使用してください。

こんな英語表現もご紹介。
アメリカ英語とイギリス英語で「ゴミ」を使い分けよう!

「トイレ」を表す英文

Where is the restroom?
トイレはどこですか?

海外旅行などで活用できます。
「Restroom」は、その国に合わせて
表現を変えて使用しましょう。

I want to go to the restroom.
直訳すると、
「トイレに行きたい」となりますが

英語圏では「トイレに行く」
というニュアンスも持ち合わせています。

また同じような表現で

I need to use your restroom.

これもトイレに行くことを表す表現。

子どもが使う表現で

I have to pee!

というものもあります。

こちらも同じく
トイレに行きたいことを表す英語表現。

大人でも使用することがありますが、
基本的には子供が使う英語表現と
覚えておきましょう。

ビジネスの場でも使用できる表現で

I’d like to wash my hands.

こちらの表現も活用できます。

手を洗うという表現を使用して
トイレに行くニュアンスを伝えます。

また、
自分がトイレに入っているときに
順番を待っている人からノックされたとき

日本ならば
「入ってます。」などと
返事をしますよね。

英語では何と言うと思いますか?

返答はいたってシンプルで簡単。

「Just a minute.」
「Just a moment.」

といえば、大丈夫です。

「ちょっと待ってね」という意味なので
ぜひ、こちらも活用してみてください。

海外旅行に大活躍!国別「トイレ」の英語表現まとめ

いかがでしたか?

日本で使用する
「トイレ」も通じますが

その国に合わせた表現を使用して
よりスムーズに
海外旅行などを楽しみましょう。

いくつかの英文を覚えておくと
とても役に立ちますよ。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須