1. TOP
  2. スピーキング
  3. あなたが日頃考えていることを英語で言える!英語スピーキング上達法
Sponsored Link

あなたが日頃考えていることを英語で言える!英語スピーキング上達法

LINEで送る
Pocket

今回は英語の
スピーキングの上達法
について紹介します。

英語のスピーキングを
上達させるためには
なにが必要でしょうか。

上達させる為に
重要なことは、

高頻度で英語で考え、
実際に英語を口にしたり
すること
です。

たとえ、
「ネイティブスピーカーの
友達がいない。」

「英語を話す機会がない。」

という方でも英語を
練習できる機会

十分にあります。

英語を勉強するのに
適した環境がなくても、

ひとり言
練習材料にすることが
できるのです。

Sponsored Link

5万というひとり言

ひとりで考えごとを
しているときは、

色々な考えが
頭に浮かんでは
消えていきます。

頭の中に
浮かんでは消えていく
「考え」のその数は、

一日あたり5万に上る
とも言われます。

この5万の「考え」を、
あなたのスピーキング
勉強法の教材として、

実際に利用して
あげればいいのです。

スピーキングについては
こちらの記事も参考になります。

テキストに頼らない

あなたが英語の
スピーキングを上達させたい
理由のひとつは、

あなた自身が
「日本語で考えていること」や、

「日本語でいつも
話していること」

英語で言えるように
なることではないでしょうか。

あなたの頭に浮かぶ
言葉の数々は、

おそらく
あなたが日常的に
考えていること
です。

ですから、
この5万の「考え」、
あなたの「ひとり言」を
教科書にすると、

あなたにピッタリな
勉強法になるわけです。

その他にもある、
スピーキングに関するポイントはこちら

間違ってもあきらめないで言う努力

ただし、自分の
「ひとり言」で英語の
勉強をする場合、

ひとつだけ
注意してください。

例えば「お腹が空いた」
という「ひとり言」
考えてみましょう。

英語だと
“I’m getting hungry.”
です。

“I’m getting hungry.”
と思いつき、
これを一言目に
言うと仮定します。

一言目に言う言葉は、
たとえ間違っていたとしても、

頑張って自分の力で
センテンスを作りましょう。

間違えてもいいので
思いついたセンテンスを
口に出す
ということが
重要であり、
練習にもなります。

間違えた言葉を発し、
あなた自身の耳で聞き
間違えに気づくこと
で、
英語上達へとつながります。

間違えることこそが
とても大切な事なのです。

なぜ間違えても
口に出すことが大切なのか。

それは、そもそも
間違えていなければ、
直すことすら
できないからです。

ものごとは何ごとも
失敗を重ねることで、

正しい方向に
進むことができます。

口に出さないというのは、
一歩も踏み出さない
ということです。

英語を学び始めた
ばかりの日本人は、

「英語が上達したい。」
「英語が話せるように
なりたい。」
思ってはいるものの、

「わたしは英語が
ある程度できるように
なってから英会話
スクールに通います。」

「もうちょっと単語や
文法を覚えてから
留学します。」

という方が多いですが、

実際に失敗を重ねる環境に
自分の身をおかない限り、
英語の上達は望めません。

数多く失敗すると
それだけ上達も
早くなることが出来ます。

失敗を多くできる環境に
果敢に挑戦して、

自ら身を置くことが
大切なのです。

例えば、
留学している場合、

センテンス作りを
諦めることはできませんね。

「ひとり事」なら
「お腹が空いたって英語で
なんて言うんだろう。」と、

ここで諦めてしまうことも
できますが、

実際に海外で
生活している場合、
諦めてしまったら

会話が成立しないので、
頑張って何としてでも
伝えようとします。

ひとり言も留学と同じで、
まずは間違えてもいいから、
英語でセンテンスを作って、
口に出す
ということが大切です。

諦めないで
間違えながらも口に出す
努力を続ける
ことで
上達も早くなってくるはずです。

ちなみに、
“I’m getting hungry.”

「お腹が空いてきた。」の

“hungry”
部分を変えると、

“I’m getting sleepy.”
「眠くなってきた。」

“I’m getting tired.”
「疲れてきた。」と、

様々な表現が
できるようになります。

便利なので
覚えておいてください。

gettingの使い方については
こちらの記事もお役立ちです。

思いつくには理由がある

間違えていても
センテンス作りができる
ようになったら、

次は、もう少し
長い文章を話せるよう
意識してみましょう。

日本人が英語を話す際の
傾向として、
センテンスが短いこと
あげられます。

英語の文章としては
「お腹が空いてきたな。」は
間違いではありませんが、

実際の会話の場合、
通常、もう少し長い文章で
話すことになります。

そして、「ひとり言」を
思いつくのには、
必ず「理由」があります。

“I’m getting hungry.”
「お腹がすいてきたな。」で

やめてしまうのではなく、

「なんで自分がそれを
思いついたんだろう」と考え、

その理由をまたセンテンスに
してみてください。

例えば、
“I’m getting hungry.”
の場合は、

“I didn’t have time”
「時間が無かった」

“to eat.”
「食べる時間が無かった」
という具合です。

そして、
このような文章も、

“to”のあとを
別の単語に変えるだけで、

様々なセンテンスに
作りかえることができます。

例えば、

“I didn’t have time
to study English.”

「英語を勉強する時間が
無かった」です。

「○○する時間がなかったです。」
という表現は

この「○○」の部分を変えるだけで
作ることができます。

重要なのは、「ひとり言」
思いついたときに、

その理由も合わせて
口に出すことです。

スピーキング上達に必要な事

スピーキング力
上達させるためには、

もうひとつ
大切なことがあります。

「スピーキングは
自分が話すだけ。」
と思いがちですが、

スピーキングは
それだけではありません。

その他に、
「相手に質問できる力」
必要となってきます。

「ひとり言」
思いついた「考え」と

それを思いついた
理由」を
口に出してから、

最終的には
「質問」できるレベルにまで
もっていけるとよいですね。

例えば、
“I’m getting hungry.”
「お腹が空いてきちゃった。」は、

あなた自身に
対しての発言なので、

“I didn’t have time to eat.”
「食べる時間がなかったからだ。」

“What am I gonna eat.”
「何食べようかな。」
といった流れになります。

“What am I gonna eat.”
最後の動詞”eat”の部分を
他の動詞に変えると

「何をしようかな。」
という文章になります。

例えば、
“What am I gonna watch.”
「何を見ようかな。」など、

いろいろと
言い換えることができます。

自分自身に質問してあげる

スピーキングを
上達させる際にとても
重要なのが、

まず自分が思いつく
「ひとり言」、
つまり
アイディアです。

それを英語で
言葉として発します。

そしてそれを思いついた
理由を考え、
さらに英文にして発します。

「ひとり言」と
その理由の後は、

あなた自身に
質問していきましょう。

頑張って
このサイクルを楽しみながら、

スピーキングの勉強に
励んでください。

あなたのスピーキング力は
アップします。

あなたが日頃考えていることを英語で言える!英語スピーキング上達法 まとめ

今回は
「ひとり言」を使った
スピーキングの練習

について紹介しました。

間違えてもいいから、
とにかく口に出すこと

また、「ひとり言」を
深掘りしていくこと
大切です。

ひとつ表現を覚えれば、
そこから
枝分かれした表現が
いくつも浮かんできます。

そして、
「ひとり言」の練習に
慣れてきたら、

実際に英会話スクール
通ってみるとよいです。

英会話スクールでは
間違えを指摘してくれるので、
さらに上達が期待できます。

動画でおさらい

「あなたが日頃
考えていることを英語で言える!
英語スピーキング上達法」を、

もう一度、
動画でおさらいしてみましょう。

こちらの記事も読まれています!

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「このバス○○に行きますか?」と英語で聞こう!「Can you」と「Could you」の違い

  • 「逆転勝ち/負け」を英語で言うと?スポーツの話でよく出てくる表現

  • ネイティブ発音の「Have to」が聞き取れない理由

  • 「蒸し暑い」は英語で?むしむし感を表現する英語

関連記事

  • 「充実した毎日」を英語で何と言う? “satisfied” など4つの表現

  • 英語で「超ウケる!」のニュアンス3つの表現

  • 猛暑で使おう!「耐えられないほど暑い」を英語で!

  • 「Yes・OK」だけで終わらない!気持ちよく承諾する英語表現

  • 言いたい表現がなかなか分からない!英文作成での辞書活用方法

  • トラベル英会話「次のツアーは何時からですか?」を使ってみて!