時間配分でスコアアップ!TOEICリーディングセクション時間配分の目安




LINEで送る
Pocket

TOEIC問題を解く際に、時間配分の目安というのはとても重要な要素です。

TOEICはテストですから、問題の構成を知っているか知らないか、そして時間配分を意識して解けるか解けないかで、結果が大きく左右されます。
同じ英語力の人がはじめてTOEIC試験を受けたとしても、ぶっつけ本番で受けた人と、以前から時計を前にして模擬練習を繰り返し、対策勉強法をとってきた人とでは、スコアに大きな差が出るでしょう。

今回は新形式となったTOEICのうち、リーディングセクションについて、理想的な時間配分を紹介します。ぜひ、TOEIC勉強法の参考にしてください。

新形式TOEICのリーディングセクション



TOEIC
に限らず、筆記テストにおいて問題を解く時間の目安というのは、とても大切な要素です。そしてこの時間配分は、予め問題の構成を知っているからこそできるものでもあります。

そこで、まずは2016年より新形式となったTOEICリーディングセクションについて、設問の変化を簡単に確認しておきます。

Part5

問題数:(旧)40問→(新)30問
短文の穴埋め問題です。
不完全な英文を完成させるために、4つの選択肢の中から最も適当なものを選びます。

Part6

問題数:(旧)12問→(新)16問
長文の穴埋め問題です。
単語や句に加え、1つの文章を丸ごと挿入する問題が増えています。

Part7

問題数:(旧)48問→(新)54問

  1. 1つの文章を読んで2〜5個の設問に答えるもの(シングルパッセージ)
    10セット×29問
  2. 2つの文章を読み、5つの設問に答えるもの(ダブルパッセージ)
    2セット×10問
  3. 3つの文章を読み、5つの設問に答えるもの(トリプルパッセージ)
    3セット×15問

チャット・SNS・メールといった形式の文章が問題文として登場しており、時代に即した実践的な内容が盛り込まれています。

TOEICのコツはこちらの記事も参考になります。

各パートにどのぐらいの時間をかけられるのか

リーディングセクションとは、TOEICテストのPart5・Part6・Part7のことです。

このリーディングセクションPart5~Part7の合計時間は75分です。このセクションの試験時間は合計で75分。

では、問題数と時間から、1問にかけられる時間を割り出してみましょう。

Part5:30問

できれば10分で終わらせたいパートです。
30問あるので、1問にかけられる時間は20秒。ここでは、1問を20秒で絶対に終わらせる!と思って進んでください。20秒となると判断に瞬発力が必要です。

これは日々練習をこなしていないと、なかなか難しいでしょう。1問20秒、全体で10分を厳守して、練習問題を解くようにしてください。

Part6:16問

ここも、Part5と同じく10分で解きたいところ。
16問で10分なら、1問にかけられる時間は約37秒です。Part5と同様に、テキパキと解き進む練習を重ねてください。もし時間がかかっても、Part5と合わせて25分を最大の目安にしておくと良いでしょう。

ここまでで時間をかけ過ぎてしまうと、次のPart7にかける時間がなくなります。時間切れで最後まで解ききれなかった…とならないよう、注意が必要です。

Part7:54問

新形式になって設問数や出題タイプが増えました。55分くらいを目安に進みましょう。54問あるので、1問で約60秒ぐらいです。1問を1分以内に解けるようにしなければなりません。

実はこのPart7が、1番の強敵です。他のパートと比べて問題数が多く、内容も難しくなっているので、1問にかけられる時間というのを、特に意識するようにしてください。

参考までに、このパートの問題構成ごとに使える時間の目安も紹介しておきます。

  1. シングルパッセージ:20~25分
  2. ダブルパッセージ:5~10分
  3. トリプルパッセージ:25分

リーディングのコツは、こちらの記事もおすすめです。

時間配分は体内時計に叩き込む!

時間配分を意識して問題を解き進めるということは、ぶっつけ本番ではほぼ不可能です。では、どうすれば良いのでしょうか?

答えは、解答のペースを体が覚えるくらい、時間を意識した練習を積み重ねることです。

TOEIC対策として模擬問題を解く時、Part5なら1問20秒(全体で10分)、Part6なら1問約37秒(全体で10分)、Part7なら1問約1分(全体で55分)で答えなければいけない、としっかり意識しましょう。時計やストップウォッチ、タイマーなどを使いながら、自分の体内時計にその感覚を叩き込むのです。

はじめはなかなか上手く行かないかも知れませんが、繰り返す内にどんどん身についてきます。根気が必要ですが、これが時間配分を感覚に落とし込むベストな勉強法です。きっとTOEICスコアのアップにつながりますので、頑張ってみてください。

時間配分に失敗すると…

時間配分に失敗すると、試験時間内に問題を全部解くことができなくなってしまいます。時間が足りなくて最後まで解くことができなかった、というのはよくある話です。

実際にTOEICを受けた際、最後の10問を丸々解くことができなかったとしましょう。10問を解くことができないって、非常にもったいないですよね。

TOEICはマークシート式ですから、いざとなれば適当にぬりつぶすことも可能です。でも、ちゃんと時間配分できていれば、この10問の中に正解できる問題があったかも知れません。

得点できたかも知れない問題を、解けないまま終わってしまうなんて、非常にもったいない話ですよね。

まとめ

TOEICのリーディングセクションについて、時間配分の目安を紹介しました。あてずっぽうでやるよりも、全問題に取り組んできちんと回答したほうが、スコアは良いはずなので、この時間配分に気をつけて頑張りましょう!

この他、リスニングパートの対策法をはじめ、レベルアップのための英語学習法やおすすめの問題集に関しては、他の記事で詳しく解説していますので、併せてぜひご一読くださいね。

動画でおさらい

時間配分でスコアアップ!TOEICリーディングセクション時間配分の目安を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須