1. TOP
  2. TOEICテスト
  3. 時間配分でスコアアップ!TOEICリーディングセクション時間配分の目安
Sponsored Link

時間配分でスコアアップ!TOEICリーディングセクション時間配分の目安

 2016/12/07 TOEICテスト
  2,882 Views
LINEで送る
Pocket

TOEIC問題を解く目安というのは、とても大切な問題です。

TOEICはテストですから、テストの構成を知っているか知らないかで、結果が大きく左右されます。

同じ英語力の人がはじめて同時にTOEICを受けたとして、ぶっつけ本番で受けた人と、以前から模擬問題を繰り返して、テストの構成に慣れている人では、スコアに大きな差が出てきます。

今回は、TOEICのうち、リーディングセクションにどれくらいの時間をかけるのか、時間配分について考えていきましょう。

Sponsored Link

TOEICのリーディングセクション

shutterstock_257788978

TOEIC問題を解く目安というのは、とても大切な問題です。

TOEICはテストですから、テストの構成を知っているか知らないかで、結果が大きく左右されます。

同じ英語力の人がはじめて同時にTOEICを受けたとして、ぶっつけ本番で受けた人と、以前から模擬問題を繰り返して、テストの構成に慣れている人では、スコアに大きな差が出てきます。

今回は、TOEICのうち、リーディングセクションにどれくらいの時間をかけるのか、時間配分について考えていきましょう。

TOEICのコツはこちらの記事も参考になります
⇒TOEICの裏技?問題を解くテクニックを磨く方法!

どのぐらいの時間かけられるのか

リーディングセクションというのはPart5 Part6 Part7のことです。

このリーディングセクションPart5~Part7の合計時間は75分です。

問題数と時間から割り出して、1問にかけられる時間を考えていきます。

Part5は40問です。

40問あると1問にかけられる時間は1分20秒です。

絶対1分20秒秒しかかけられないという風に思ってください。

1分20秒秒で解くという練習を常日頃やっていないとあっというまです。

1問1分20秒を厳守して、練習問題を解くようにしてください。

次に、Part6は12問あります。

12問あって1問にかけられる時間は1分40秒ぐらいです。

Part5と同じように、1分40秒で解けるようになる意識を持って練習してください。

最後、Part7は48問あります。

48問あるので、1問にかけられるのが大体60秒ぐらいですね。

1分以内に解けるようにしてください。

実はこのPart7っていうのが1番厄介なんです。

問題数も多いですし、内容も難しくなります。

なので、1問どのぐらいの時間をかけられるのかということを、とくに意識してください。

リーディングのコツは、こちらの記事も参考になります
⇒あなたの間違いがスコアアップの鍵!TOEICおすすめ問題集

体内時計に叩き込む

shutterstock_511056316

時間を意識するということは、ぶっつけ本番ではほとんど不可能です。

ちゃんと自分でTOEICの問題を解く時、おうちでTOEICの勉強をして、模擬問題を解いていく時に、意識的にちゃんと、Part5なら1問1分20秒で答えなければいけない、Part7なら1問1分40秒で答えなければいけない、Part8なら1問1分以内で答えなければいけない、というのを自分の体内時計の中にこう叩き込まなくてはいけません。

 

時間配分に失敗すると

時間配分に失敗すると、結局全部問題を解くことが出来なくなってしまいます。

時間配分に失敗してしまって最後の何問を解く事が出来なかったというのはよくある話です。

実際にTOEICを受けた時に、もう問題を解くことが出来なくて終わらなくて、最後の10問を解くことが出来なかったとします。

10問解く事が出来ないって非常にもったいないですよね。

TOEICはマークシート式ですから、いざとなれば適当にぬりつぶすことも可能ですが、もしちゃんと時間配分さえ出来ていれば、この10問の中で正解があったかもしれないのに、10問解けないで終わってしまうのは非常にもったいないです。

1問解くのはもう絶対1分20秒って決めて解いていって、自分の体内時計にこれだけしかかけられないんだ、というのをもう叩き込むぐらいの気持ちで練習をしてください。

もう1個の練習法としては、「15分10分50分」を意識することです。

どういう事かというと、これはリーディングセクションを解く目安なんです。

Part5、40問を解くのに費やしていい時間というのが15分。

Part6、12問解くのに費やしていい時間、約10分。

Part7、48問シングルパッセージの問題を解くのに費やしていい時間、50分。

なので、この「15分10分50分」っていうのも覚えておいて、自宅で練習する時にじゃあこの40問解くのに15分以内で解くとか、12問解くのに10分以内で解くとか、48問解くのに50分以内で解くというふうに意識していきます。

 

まとめ

TOEICのリーディングセクションについて、時間配分の仕方を説明しました。

あてずっぽうでやるよりも、全部ちゃんと解き終わってきちんと回答したほうが、点数的にはたぶんいいはずなので、この時間配分に気を付けてがんばってください。

 

動画でおさらい

時間配分でスコアアップも!リーディングセクション時間配分の目安を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。

2人の子供をこよなく愛する。


英語はいまだに得意とは言えないものの、

英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 英語の発音記号は必要なし!ネイティブは発音記号の通り話しません。

  • 「ごめん、今ダメ」の英語表現。小さい声で言って下さい

  • 英語で飲み物を注文しよう!カフェで使えるかんたん英会話フレーズ

  • 全然シボレーではない「CHEVROLET」のネイティブ発音

関連記事

  • TOEICリーディングパート攻略法!知って有利になるテクニック

  • TOEICのスコア別でのレベル解説!あなたはどのレベル?

  • あなたに必要なTOEICの文法対策テキスト。その理由と学習法

  • TOEICリスニングでハイスコアを取る3つのコツ!

  • TOEIC900点の壁を超えるために絶対にやって頂きたいこと

  • 大学受験のリスニングを攻略する3つのキーポイント