1. TOP
  2. スピーキング
  3. 第一声に「Nice to meet you」は言わない?出会いの英語表現

第一声に「Nice to meet you」は言わない?出会いの英語表現

 2018/09/29 スピーキング
 
LINEで送る
Pocket

想像してみてください。学校で・ビジネスシーンで・海外旅行で。外国人と出会ったときの第一声、あなたは何と声を掛けていますか?

日本語だったら、初めまして!や、よろしくお願いします!と伝えられるのに、英語だと言葉が出てこない…。そんな経験はないでしょうか。

今回は、初めて会う人や、自己紹介をする時に使う表現を紹介します。

例文やフレーズを音読して、外国人との初めて対面するときの会話をスムーズにできるようにしましょう!

初めまして=Nice to meet you …?

shutterstock_407616367

初対面の挨拶として真っ先に想像するのは、
Nice to meet you.
ではないでしょうか。

英会話スクールの中などで、初めて会った日本人同士はまずNice to meet you.と言うことが非常に多いです。

Nice to meet you.=初めましてという意味だと、日本人は習っているからです。

これは間違いではありません。しかしネイティブは、初めて誰かに会った時、いきなりNice to meet you.から入ることはあまりありません。

Nice to meet you.を直訳すると、niceto meet you.

つまり、あなたと出会えて良かったです、と言ってることになります。

自分の名前などを言って、ある程度相手と話した後にあなたと会えて良かったです、というのが通常の会話の流れではないでしょうか?

つまりこの表現は、まず自己紹介をし、そのあとに付け加えるのが適切です。

自然な自己紹介の流れ

Nice to meet you.を日本語に訳した時、初めましてという表現が一番近いので、初めて会った人にいきなりNice to meet you.と言ってしまうケースが多いと思います。

また、学校や英会話スクールなどでも、それが正しいと教えていることがほとんどです。

しかしお話した通り、これは実際に初対面の人に、第一声としていきなり言う表現ではありません。

誰かと最初に出会った時は
Hi.
と挨拶することから始めます。

やぁ。というようなニュアンスなので、日本人としては少々抵抗があるかもしれませんが、実際にネイティブの間では、こういった始まり方が一般的です。

次に名前を言いましょう。

名前を言う時の表現として
My name is 〇〇.
を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

しかしネイティブは
I’m 〇〇.
を使用することが多いです。

Hi. I’m 〇〇.と言います。I’m 〇〇.を使うことが多い理由を説明します。

I’m 〇〇.というのは日本語に訳すと、〇〇です。くらいの感じに聞こえます。

一方、My name is 〇〇.という風に言うと、私の名前は~です。といった感じに聞こえます。

後者は少し硬めの表現ですね。

使い分けのポイントとしては、自分の苗字まで、フルネームで言うときはMy name is 〇〇.を使い、フランクに名前だけ伝える時はI’m 〇〇.を使うと良いでしょう。

I’m Kenta Tanaka.
私は田中ケンタです。
と言うケースはほとんどありません。

例えば仕事で知り合った人へのあいさつや、採用の面接など、しっかりとした自己紹介が求められる場面では、フルネームをきちんと伝えるためにMy name is 〇〇.を使いましょう。

そして、友達の紹介で知り合った人への自己紹介なら、I’m 〇〇.を使い、まずはカジュアルに自分の名前を覚えてもらうようにする、などと使い分けるといいかもしれません。

名前と苗字

shutterstock_379643956
日本人が自己紹介をするとき、My name is Kenta Tanaka.と、自分の名前と苗字を、一気に早口で言う人がいます。

これが、外国人の耳にどのように聞こえるかを説明していきます。

例えば、あなたがベトナム人と初めて会ったとします。

ベトナム人が早口で苗字と名前を連続して言った場合、苗字と名前がどこで切れるかわかりますか?

おそらくほとんどの人はわからないと思います。日本の名前もそれと同じです。

日本の名前は日本語ですから、日本以外の出身で、日本の名前に慣れていない人からすると切れ目がわかりません。

結果として、せっかく自己紹介をしたのにも関わらず、相手に自分の名前が伝わらない、ということになりがちです。

2回言ってあげると親切♪

それでは、日本の名前を相手に分かってもらうためにはどうしたら良いでしょうか?

例えばMy name is 〇〇.で自分の名前を伝える時は、ファーストネームを2回言ってあげるのが非常に親切です。

先ほどの例でいくと、
My name is Kenta, Kenta Tanaka.
などというように、自分のファーストネームを2回言ってあげると、どこまでがファーストネームなのかがはっきりします。

またMy name is 〇〇.と言った時に、Kentaで切り、一呼吸置いて、続けてTanakaと言うようにするのも一つのアイディアです。

ちなみにこのやり方は映画フォレストガンプで使用されている場面があります。

この映画の中でフォレストガンプは
My name is フォレスト、フォレストガンプ.
という言い方をしています。

これをすれば、苗字と名前がどこで切れるのかが分かりやすくなるはずです。

日本人の名前はネイティブの人はわかりにくいので、My name is Kenta,Kenta Tanaka.

もしくはMy name is Kenta(一呼吸)Tanaka.と丁寧に言うのがおすすめです。

自己紹介をし終わった後に!

そして、名前などの自己紹介をお互いにし終わったあとに、Nice to meet you.と言うようにしてみてください。

名前とあいさつ、という初対面で交わす英会話の内容は変わらなくても、順番を工夫するだけで会話の質がぐっとアップしますよ。

自己紹介をする機会は多くあるはずなので、ぜひ実践してみてください。

何か一つ、情報を付け加えたいときに使える表現

初対面の時に、あいさつと名前に加えてなにか情報を付け加えたい時に使える表現を紹介します。

仕事編

ビジネスシーンや採用の面接などでは、名前に加えて今働いている会社名・部署名などを言いたい場合がありますよね。

例えば
My name is Kenta Tanaka. I work for Eigo Plus bank.
私の名前は田中ケンタです。英語ぷらす銀行で働いています。

というように、I work for 会社名.という表現を使うことができます。

もう少し詳しく部署名を表したいときは
I’m in the sales department.
私は営業部にいます。

というように、I’m in the 部署名.で表すことができます。

部署の名前ではなく、担当している仕事の内容を話したいときには、
I’m in charge of promotion.
私は宣伝の担当者です。

と、I’m in charge of 仕事内容.で表現できます。

専門職の場合は、
I’m a prep school teacher.
私は予備校講師です。

I’m a 職種名.を使うこともできます。

プライベート編

出身地・家族・趣味の話を付け加えてみましょう。相手と共通点があれば、会話も弾みますね。

出身地

I’m from Japan.
日本から来ました。

というように表現したい場合はI’m from 地名.を。

I was born in Tokyo.
東京で生まれました。

というようにもう少し詳しく話したい場合は、I was born in 地名.で表現してみてください。

家族

I have two sisters.
姉(妹)が2人います。

や、もう少し詳しく、

I have a 10-years-old sister.
私には10歳の妹がいます。

と言うこともできます。

趣味

I love to travel.
旅行が好きです。

というように、I love to 趣味.というシンプルな形で表すことができます。

read: 読書
watch a movie: 映画
listen to music: 音楽鑑賞
take pictures: 写真

などなど、あなたの一番の趣味を一言付け加えられたらスマートですね。

まとめ

いかがでしたか?今回紹介したように、Nice to meet you.を使うときにはお互いに自己紹介を簡単にしてから使うようにしましょう。

Nice to meet you.=初めましてという意味の表現、ということだけを知っていると、このフレーズを冒頭に言ってしまいがちですが、それだと相手を少しびっくりさせてしまいます。

また自分の名前を名乗るときも、自分の名前をスムーズに聞き取り覚えてもらうために、今回紹介した注意点を意識するようにしましょう。

特に、I’m 〇〇.My name is 〇〇.では、名乗る範囲が異なることは、知っておきたいポイントです。

そして、苗字と名前の区別が相手に伝わるように工夫してみると、相手に対しても親切ですね。

仕事でもプライベートでも、初対面の印象はとっても大切。場面に応じて適切な表現を使い、良い第一印象を与えられたらいいですね。

動画でおさらい

第一声に「Nice to meet you」は言わない?出会いの英語表現を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。