admireの意味・使い方・英語例文|尊敬のrespectとの違いは?

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

admireは歌の歌詞にもよく出てくるので、知っている方も多いかもしれませんね。好ましい感情を表現する際に使われる単語ですが、どのような意味があるのでしょうか。

この記事のテーマはadmire。意味が似ているrespectとの違いについても説明します。
単語を使い分けて豊かな英語表現を目指しましょう!

admire word meaning in English

ケンブリッジ辞典では、admireは英語で以下のように説明されています。

to look at something or someone and think that he, she, or it is attractive.

to like something or to like and respect someone for the good qualities that he, she, or it has.

attractiveは魅力的、good qualitiesは美質です。
対象が魅力的に思えたり見えたりする、または対象が持つ美質に対して尊敬の念を抱いたり好ましく思ったりするという意味があるわけですね。

admireが持つ基本的なイメージはなんとなく掴めたでしょうか?

admireの意味

admireとは、~をすばらしいと思う、感嘆する、称賛するという意味です。
他動詞なので、admire+目的語の形で使います。

admireの発音・読み方

admireの発音記号はædmáiər | əd-
音声を聴いてみましょう。

admire

日本人が苦手なR音が入っているので、繰り返し聞いて真似してみてくださいね。
R音のコツは舌をどこにもつけないこと。日本語のラ行は舌が上の歯茎にあたりますが、これだと英語の場合、L音に聞こえるので注意しましょう。

RLの発音のコツについてはこちらの記事もおすすめです

admireとrespectの違い

admireによく似た単語にrespectがあります。

respect

カタカナ表記のリスペクトは日本人にも馴染みがありますね。尊敬や敬意を表す際に使われる言葉で、一見admireと同じ意味のように思えますが、実は両者は使い分けられます。

admirerespectの違いを語源を踏まえて見てみましょう。

好意や憧れを含むかどうか

admiread+mire
adは~に向かって、~の方へを意味する接頭辞で、mirには驚いて見る、見とれるという意味があります。同じくmirを持つ単語にはmirror(鏡)やmiracle(奇跡)などがあります。

対して、respectre+spectです。
reは~の後ろに、再びの意味を持つ接頭辞、語幹にあたるspectは観察する、見るを意味する印欧語根spek-の派生語です。同じ語幹の単語にはinspect(検査する)、aspect(様相)などがあります。

2つを比べてみると、admireには驚きの感情のニュアンスが含まれていることがわかりますね。つまりadmireの方が感情が意識されているわけです。

尊敬の念を持つという基本の意味は同じでも、respectが、対象の持つ評価されるべき価値にふさわしい敬意を表するのに対し、admireは個人的な好意や憧れの気持ちがより強く意識されているのです。

admireを使った例文

それではadmireを使った例文を見てみましょう。

admire 目的語 for+(代)名詞

彼らの発想力には敬服する。
I admire them for their creativity.

admire+目的語+for+(代)名詞で、(代)名詞のために目的語を称賛する、という意味になります。
creativityは発想力ですから直訳すると、その発想力のために彼らを称賛する、ということになります。

より自然な表現に直すと和訳文のような日本語になるわけですね。ここでは敬服すると翻訳されています。

あきれる感情を含むadmire

彼女のドケチっぷりには感服するわ。
I admire her extreme stinginess.

日本語で敬意を表するという言葉を皮肉で使うことがありますね。
英語も同様で、admireを反語的にあきれ返るといった意味で使うことがあります。

extremeは極端な、stinginessはケチです。彼女のケチぶりにあきれ返ると言いたいところを、感服すると皮肉たっぷりに表現しています。

尊敬の念を表すadmire

ERで働く人を尊敬します。
I admire people who works in an ER.

こちらの例文では尊敬の念を表すadmireが使われています。目的語はpeopleで、who以降に詳細が述べられています。

an ERan emergency roomの略で、救急室のことです。海外ドラマER 緊急救命室で知っている方も多いかもしれませんね。

想うを表すadmire

父は当時文通相手だった母を長い間想っていた。
My father had admired my mother for a long time who was a pen friend of that time.

想うを表すadmireを使った例文です。admire+目的語なのでわかりやすいのではないでしょうか。文通相手はpen friend、当時はthat timeです。

admire youであなたに憧れる

彼女はきっとあなたが好きなのではなく、憧れているのだと思うようになった。
I have come to think that she has most likely admired you, not loved.

admire youは、あなたに憧れるという意味です。
have come to think~は、~と思うようになる、という表現ですね。

most likelyは、きっと、最も可能性が高いという意味ですから、その可能性が高いと思えるようなことがあったのでしょう。恋心と思っていた彼女の気持ちに対する見解を改めたということですね。

愛でるのadmire

昨夜、私たちは十五夜のお月さまを愛でた。
We admired the harvest moon last night.

admireには愛でるという意味もあります。目的語は人物とは限らず、自然の美しさに対しても使われます。例文では月見をしたといいたいところを、admireを使って月を愛でたと表現しています。

十五夜のお月さまはthe harvest moonです。harvestは収穫期のことで秋の意味でも使われます。実りの季節のお月さまというわけで、なかなか風情のある表現ですね。

これも日本独特の文化?お盆についてはこちらの記事も参考になります

見惚れるのadmire

彼と目が合った途端、彼女は見惚れて顔を赤くした。
She admired him and blushed as soon as she had eye contact with him.

admireは見惚れるという意味でも使います。
have eye contact目が合うという意味です。カタカナ表記のアイコンタクトは日本語でも使いますよね。blushは顔が赤くなる、恥ずかしいという意味です。
as soon asは、~するとすぐにという意味になります。

まとめ

洋楽でも邦楽でも憧れの相手やひそかに想う相手がテーマの時にたびたび登場するadmire。単語の意味やニュアンスを正しく理解して日常英会話でも是非使ってみてくださいね。

使っているうちに自分の言葉として馴染んでくるものです。しかし、言葉が持つイメージをきちんと把握できていないと、使いどころがわからなくなってしまうこともあります。新しい言葉が出てきたら、英和辞典などで基本の意味をおさえておく習慣をつけましょう。

重たい辞書を持ち歩かずともオンライン辞書を活用すれば、隙間時間に英語の勉強ができるのでおすすめです。

Weblio英和対訳辞書やEDR日英対訳辞書、英辞郎on the WEB Proなどで単語を調べたら、Weblio Email例文集で実際の使い方をチェックしてみるといいでしょう。
ビジネス英語として使える専門用語を学びたい人にはJST科学技術用語日英対訳辞書などが情報量が多く参考になります。

一度検索表示させた単語はマイ単語帳を作って登録しておくといいでしょう。
なかなか覚えられない単語はリストアップしておけば、繰り返し確認できるので便利です。

単語ごとに例文一覧もまとめておけば自分だけの英語教材が出来上がります。疑問点を質問すれば回答してくれる質問箱などのサービスが用意されているサイトもあるので、わからないことは放っておかず、その都度解消していきましょう。

今や英語学習のための商品はネットでも店頭でもたくさん並んでいますが、いかに評判が良くても自分に合っていなければ、あまり意味がありません。無料版が用意されていることもあるので購入前に実際に使用してみるといいでしょう。

単語の数が増えれば増えるほど英語表現は広がります。単語を覚えて英語力をブラッシュアップしていきましょう!

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須