「ホントにやんの?」の英語表現。英語の場合は「誰が」を追加します

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

日本語では何気なく使う言葉でも、いざ英語で言い直そうと思うと、頭を悩ませてしまうことってありますよね。

今回は、ホントにやんの?と尋ねる表現を紹介します。

では、どのように「ホントにやんの?」を英語でスムーズに尋ねることができるのでしょうか?早速見ていきましょう!

ホントにやんの?英語と日本語での違い

よく考えてみると、日本語のホントにやんの?という表現は、主語が含まれていません。

そのため、誰がやろうとしていることについて話しているかは、文脈から判断します。

話している相手に対してあなた、ホントにやんの?と尋ねる場合もありますし、自分も含めてわたしたち、ホントにやんの?と確認する場合もあるでしょう。

けれど英語では、主語をはっきりさせる必要があります。

あなた、ホントにやんの?と言いたい場合は、youを使って、

Are you really…

と尋ねるようにします。

また、わたしたち、ホントにやんの?と言いたい場合は、weを使って、

Are we really…

と表現すればよいでしょう。

ここまでを直訳すると、あなたは(わたしたちは)、ホントに…という言い回しが完成します。

主語のポイントはこちらの記事も参考になります

be going to の省略形

やんの?の部分は
gonna do it?

となります。gonnaは、
be going to

の省略形の表現。

これらを全部組み合わせて、

Are you really gonna do it?

または、

Are we really gonna do it?

と表現できます。

本当にをReally以外の表現で

本当にというフレーズを英語表現したい場合、Reallyが思い浮かぶ人が多いと思います。しかし、Really 以外にも本当にを表現する英語表現があります。

Seriously

Reallyより驚きが強い時に使います。本当に?だけではなく、本気なの?といったニュアンスも含まれています。

えっ、本当に!?
Are you serious!?

Truly

Reallyと同様に
truly

もよく使われます。使う時は感情をこめていってみましょう。
リィーーアリ?、トュルゥーーリ?と、伸ばして言うと伝わりやすいです。

本当にやるの?
Are you truly gonna do that?

Sure

Sure

は、本当に、確かに、確実に、という意味があります。あなたの言っていることは確かですかと聞きたいときに使います。

本当に?
Are you sure?

For Real(スラング)

日本語のマジで?に値する表現です。若い世代を中心によく使われます。

マジで?
Are you for real?

ホントにやるの?を別の表現で

本当にを表現する単語がいくつかあるように、ホントにやるの?に値する、別の表現を紹介していきます。

Are you kidding?

Kidding

は、冗談を言うを意味する
kid

の現在進行形として使われます。

本当に?嘘でしょ?冗談でしょ?といったニュアンスで使われます。

使い方としては、

Are you kidding me?

というように使われます。

Are you joking?


Kiddingと同じ意味。

こちらは、
Joke(冗談を言う)

の現在進行形で使われています。

No kidding!


Are you kidding?

と同様に、冗談を言うを意味するkiddingを用いたべつの表現。

冗談はよして!というニュアンスで使います。

No way!


まさか!ありえない!という非常に強い否定を表したい時に使うフレーズです。

たとえば、飽き性の人が車を変えるんだ!という発言に、こないだ変えたばかりじゃない!という意味で使ったりします。

「ホントにやんの?」の英語表現。英語の場合は「誰が」を追加しますまとめ

友だちや仕事仲間と集まっていると、本当なのかジョークなのか、わからないことがあると思います。

とても友好的な雰囲気の中で、このこなれた表現を使えば、ググッと距離感も近くなること間違いなしです。

紹介した通り、ホントにやんの?を表現する英語表現はいくつかあります。日常会話の中で本当に?と返答する際にも用えますので、ぜひ覚えて使ってみましょう!

動画でおさらい

「「ホントにやんの?」の英語表現。英語の場合は「誰が」を追加します」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket