「こんばんは」英語で何て言う?こんにちはでも使えるネイティブが使う表現

こんばんは 英語 ネイティブ

日常会話に欠かせない挨拶は英語でも正しく言えるようにしておきたいですよね。
今回のテーマはこんばんはです。夕暮れ時の挨拶としてネイティブが使う表現をご紹介します。こんにちはとしても使えるものもあるので、マスターしてぜひ活用してくださいね。
ディナータイムに英語で気軽にネイティブと挨拶を交わしましょう!

「こんばんは」は英語で?発音と読み方

こんばんは 英語 ネイティブ

夕方の挨拶はGood eveningと学校で習ったと思いますが、実際のネイティブの会話ではシチュエーションごとにさまざまな挨拶が使い分けられています。
こんばんはとして使われるさまざまな挨拶表現について見てみましょう。

目上の人向け!丁寧に「こんばんは」

Good evening

日本人にお馴染みのGood eveningはとても丁寧な英語表現です。つまりちょっと硬い言い回しというわけですね。
そのため目上の人を対象にした挨拶として用いられることが多く、友人同士で使われることはほとんどありません。
ちなみにGood eveningは別れの挨拶にもなります。
日本語では別れ際にこんばんはということはありませんが、Good eveningには、良い晩ですね、良い晩をお過ごしください、の両方の意味があるため、別れ際にも使えるのです。

Good eveningは夕暮れ時の挨拶ですが、日本語同様、英語の場合も時間帯によって挨拶の言葉は異なります。朝会ったらGood morning、昼の時間帯ならGood afternoonですね。

Good morning

Good afternoon

礼儀正しい挨拶が必要な時にはこの3つのフレーズを時間ごとに使い分けましょう。

他にもいろいろ!別れ際に使える英語のフレーズはこちらの記事でもご紹介しています。

こんにちはでも使える!ネイティブが使うカジュアルな「こんばんは」

Hello.

Hi.

Hi there.

Hey!

Hiya!

Heya.

友達相手に使うカジュアルな挨拶表現はいろいろありますが、いずれも時間を問わずこんにちはの意味でも使えるのでとても便利です。
Helloは比較的丁寧な印象を与える言葉で、ビジネスの場や目上の人に対しても使うことができます。
Hiはもう少し砕けた表現になり、親しい友人や家族間で使われることが多いです。単独で使うことはあまりなく、たいていHi,~と後に相手の名前など何らかの言葉が続きます。
Hi there.Hiの後にthereを続けて使う場合もあります。このthereそこを意味する副詞ではなく、相手の注意を喚起する間投詞です。日本語でいえば、やあ!とか、ほら!などに該当するのがthereというわけですね。
Hi!よりさらにフランクなのがHey!で、出会い頭にやあ!と声をかけるようなニュアンスです。
Hiya!Heyaはイギリスでよく使われる挨拶で、Hiya!Hi, you!HeyaHey youを省略したものだそうです。
いずれも短い単語なのでぜひ使ってみてくださいね。

相手に「どう?」と尋ねるいつでも使えるあいさつ

How are you?

What’s up?

こちらは相手にどう?と尋ねるタイプの挨拶言葉で、どちらも時間帯を問わず、いつでも使えます。

How are you?はご存知の方も多いでしょう。お元気ですか、という意味です。日本語でも元気にしてる?調子どう?などと挨拶がわりに言いますよね。あれと同じニュアンスです。
How are you?よりもさらにフランクな形がWhat’s up?です。
What are you up to?の省略形で、何をしていますかという意味です。どうしてる?と最近の様子を尋ねているわけですね。
What’s up?はアメリカではとてもよく使われますが、イギリスではHow are you?の方がポピュラーです。

「こんばんは」の返事の仕方

こんばんは 英語 ネイティブ

ネイティブに挨拶をされてどう返せばいいのかわからず、困ったという経験がある人は多いのではないでしょうか。なかには笑顔だけで乗り切ってきたという人もいるかもしれませんね。
せっかく挨拶をしてくれているのですから、気の利いた返しをしたいものですが、どのように返すのがよいのでしょうか。
こんばんはの返事の仕方を見てみましょう。

Good eveningの場合

Good eveningは会った時だけでなく、別れ際の挨拶としても使えると説明しましたが、どちらのタイミングかによって返し方は変わってきます。
会った時にGood evening.と言われたら、こちらもGood evening.と返せばOKです。
しかし、もし別れ際にGood evening.と言われたら、You, too!と返しましょう。
You, too!はあなたもという意味です。別れ際のGood evening.は、良い晩をお過ごしくださいという意味なので、あなたもね、と返すわけですね。

HelloやHiの場合

HelloHiの場合はどうでしょう。
同じようにHelloHiと返しても、挨拶としては十分に成り立ちます。
ですが、できれば違った言葉を選びましょう。
例えばHelloと言われたらHiHiと言われたらHelloといった具合に、相手とは違う言葉で返した方がよりスマートになります。
気にしない人も多いですが、英語圏では同じ言葉の繰り返しを避ける傾向があります。そのためオウム返しの挨拶をすると、おざなりな対応をされたと捉える人もなかにはいます。
違う言葉を返す習慣を身につけておけば、よりスムーズにコミュニケーションできるでしょう。

How are you?の場合

How are you?は疑問文です。調子はどう?と質問されているわけですから、これに答えればOKです。
とはいえあくまでも挨拶ですから、実際の体調を細かく答えたり、ネガティブなことをあえて言ったりする必要はありません。よく使われるフレーズは、調子いいよという意味のI’m good.I’m fine.、まあまあだねという意味のI’m okay.、悪くないよという意味のNot bad.などです。

もっとも実際のところ、How are you?を挨拶と捉えるネイティブも多く、そのままHow are you?と返すケースもままあります。英語は繰り返しを避ける傾向にあると先述しましたが、How are you?と挨拶した時にオウム返しされても、相手の態度がフレンドリーならあまり気にしなくてもよいでしょう。
言葉は生き物ですし、特に挨拶は仲良くしたいという気持ちを伝えることが一番大切ですから、ケースバイケースで対応してくださいね。

How are you?への返答のバリエーションを増やすなら、こちらの記事もおすすめです。

What’s up?の場合

What’s up?と挨拶されたら、Not much.と返せばOKです。悪くないよ、という意味ですね。
場合によってはWhat’s up?とオウム返しすることもあるので、それだけWhat’s up?が挨拶の言葉として認識されているということかもしれません。

挨拶だけでなく、What’s up?どうしたの?何してるの?といった質問文として用いられることもありますが、挨拶か質問かは語尾で判断できます。質問なら語尾が上がるので、その時は自分の調子や状況について答えましょう。

こんなときの「こんばんは」

こんばんはの挨拶はさまざまな状況で用いられます。深夜の挨拶やメールの書き出しにはどのような英語表現がふさわしいのでしょうか。
シチュエーションごとのこんばんはについて見ていきましょう。

深夜の「こんばんは」はおはよう?

深夜の時間帯ともなると日本語でもこんばんはなのかおはようなのか、迷ってしまうことがありますが、英語ではどうなのでしょうか。
厳密な定義でいえば、eveningは夕方の6時~夜の9時あたりまでの時間帯をいいます。夜9時~翌朝4時ごろまでの時間帯はnightになりますが、Good night.はあくまでも夜の別れの挨拶で、深夜に人と会った際のこんばんはには適していません。

では、Good morning.(おはよう)でいいのでしょうか。
morningの定義は深夜0時から昼12時までを指します。そのため深夜0時を回ったら、Good morning.でよさそうです。

だとすると、Good evening.は使えないのかというと、実はそういうわけでもないのです。
eveningは主観的な時間感覚が反映される言葉でもあり、日没から就寝時までを指すと定義されることもあります。つまり就寝しないかぎりはeveningが続いているとも考えられるわけです。
そのため深夜に会った相手にGood morning.と挨拶しても、Good evening.と挨拶してもよい、ということになります。

時計の時刻を基準にしてGood morning.と挨拶する人もいれば、自分が寝ていないのでGood evening.と挨拶する人もいるというわけですね。

【ビジネス】メールの書き出しで「こんばんは」

  • Good evening.
  • +でSorry to bother you so late at night.

夜分遅くにビジネスメールを送る場合、最初の挨拶はフォーマルなGood evening.を使いましょう。
もっとも夜遅い時間帯に仕事の連絡を入れるのはできれば控えたいところです。どうしても送らなければならない場合は、Good evening.の後にSorry to bother you so late at night.を添えるようにしましょう。
botherは煩わせるです。こんな夜遅くにあなたを煩わせてしまって申し訳ありません、というお詫びの一文ですね。

【友達】メールの書き出しで「こんばんは」

  • Hello、Hi、Hey
  • 〈スラング〉Howdy!

友達相手に送るメールをこんばんはから始めたいなら会話同様、HelloHiHeyを使いましょう。
Helloは失礼のない表現なので誰が相手でも使えます。もっとも遠慮のいらない親友や家族が相手ならHiHeyの方が自然でしょう。Hi, John! How are you?(ハイ、ジョン!元気?)といった感じですね。

Howdy!はアメリカ南部でよく使われているスラングで、How do you do?を省略したものです。カウボーイの間で使われていた挨拶言葉で、ディズニー映画トイストーリーでウッディが使っていたことで覚えている方もいるのではないでしょうか。

【お子さんにおすすめの英語絵本】Good Evening Mr.Moon

こんばんは 英語 ネイティブ

最後に今回のテーマこんばんはにぴったりの絵本をご紹介します。

日本文学研究者のロバートキャンベル氏が英訳を担当する英語でたのしむ福音館の絵本シリーズ。日本語で描かれた優しい絵本の世界観を美しい英語で楽しむことができます。
その中の1冊Good Evening Mr.Moonは、著者である絵本作家・林明子さんの代表作の1つおつきさまこんばんはを翻訳したものです。優しいタッチで描かれたお月様の表紙を覚えている方もいるのではないでしょうか。

小学校での外国語活動をひかえた年齢のお子さんだけでなく、昔懐かしい定番絵本の英訳本は大人でもきっと楽しめるでしょう。
忙しい一日の終わり、おやすみ前に美しい英語絵本を開いて親子で英語に親しむのも素敵な晩の過ごし方ですよね。

まとめ

挨拶はコミュニケーションのはじめの一歩ですが、英語圏でもそれは変わりません。
ディナータイムにネイティブとよりスムーズなコミュニケーションを取るためにも、今回の情報も参考に、こんばんはを表す英語表現をぜひ覚えてくださいね。
挨拶から話を広げるために、天気など無難な話題に使える表現も併せて覚えておくといいでしょう。

挨拶表現をはじめ日常英会話を学びたいなら、やはり英会話スクールに通うのがおすすめです。疑問点があってもすぐに講師に意見を求めることができるので、フィードバックをもらいつつ効率よく学べます。マンツーマンレッスンの無料体験を受け付けているところもあるので、身近にあれば是非申し込んでみましょう。

独学を目指すなら音読CD BOOKも役に立つでしょう。音読を聞きながらわからない単語が出てきたらすぐに辞書を引く習慣をつければ、音声とセットで新しい言い回しを覚えることができます。
辞書には研究社新和英中辞典などのロングセラー商品もたくさんあります。この機会に最新版を一冊手に入れてもいいかもしれませんね。今や英和辞典や和英辞典もネットで手に入る時代です。通販サイトの広告だけでなく、レビューの星の数やコメントなど他人の評価も参考にして自分に合ったものを見つけましょう。

紙の辞書にこだわらないなら、辞書アプリがおすすめです。重たい辞書を持ち歩く必要がないのは最大のメリットですが、収録数も桁違いに多いため、多彩な英語表現を身につけることができます。また検索履歴もチェックできるので、繰り返し検索している単語を自分なりにページにまとめれば、自分専用の英語教材完全版を作ることができます。
辞書アプリは無料版を用意しているところも多いので、登録して使ってみましょう。

新しく覚えた単語は、英会話や英作文で実際に使ってみることが大切です。
単語やイディオムをワンフレーズ覚えたからといって、すぐに英語力がアップするわけではありません。学んで覚えて使えるようになってこそ、英語学習は実りあるものになっていきます。
覚えた単語や表現の使い方を学びたいと思ったら、Weblio Email例文集をはじめ、できるだけ多くの例文と接することが大切です。自分なりに例文帳を作ってみてもいいかもしれませんね。

英語ブログを書いたり、英語でTwitterをやってみたりするのも、英語を使う良い機会となるでしょう。ネイティブがコメントをつけてくれれば英語の使い方の参考にもなるはずです。
マンツーマンレッスンでもSNSでも、あらゆるコミュニケーションは挨拶から始まります。英語の挨拶をマスターしてネイティブの友達を増やしていってくださいね!

最初のコメントをしよう

必須