情報を得るを英語で?共有や収集などの関連表現と複数形の使い方

LINEで送る
Pocket

日常会話からビジネスシーンまで、日常生活でよく使われる情報という言葉。日本語でだけでなく、英語でもよく使われています。現代は、インターネットが普及し、情報の利便性がアップしている分、情報の重要性が問われる時代ですね。

例えば個人情報という言葉や情報発信という言葉を英語で表現する場合、あなたならどんな英単語を用いて英訳しますか?
辞書などを引くだけではうまく表現できないと感じる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、情報の英会話での自然な表現の仕方やその関連語を紹介していきます。
それでは、順番に見ていきましょう!

情報という意味の英単語

まずは情報に関する単語を紹介します。

情報と一言に言っても、情報にまつわる英語表現は種類が多くあらゆる分野で使われており、非常に奥が深い言葉です。

以下、3つのTIPS(ポイント)にわけて紹介しますので、順に確認してみましょう。

TIP①情報の意味を持つ英単語は?

TIP① 情報の意味を持つ英単語は、informationです。

よって、情報を英語で表現したい場合、カギとなる英単語はinformation。これを応用することで、様々な言い回しをすることが可能です。

追って表現例を確認していきましょう。

TIP②短縮形は?

英語でも時どき略語が使われます。
informationの場合、infoと短縮して活用されることが非常に多いです。

TIP③複数形は?

informationを複数形で表現したい場合、最後にsを付けると考えがちですが、実はそれは間違いです。
英語の名詞には可算名詞(数えられる名詞)と、不可算名詞(数えられない名詞)があります。可算名詞が、複数形の場合、語尾にsまたはesを付けますが、不可算名詞の場合は、複数形でもスペルがそのままとなります。

informationはまさに不可算名詞であるため、語尾にsは付かないと覚えておきましょう。

TIP➃冠詞・定冠詞の使い方は?

英文を作る際、定冠詞theや冠詞aの付け方に悩むことはないでしょうか?

上記で触れたように、informationは不可算名詞です。そのため、複数形でもスペルが変わらないのと同様に、数えられない名詞であるため冠詞のaは付きません。

その一方で、定冠詞theは場合によって付ける必要があります。定冠詞の付け方のポイントとしては、聞き手にとって特定の情報が事前に与えられており、内容を特定出来る場合は、その不可算名詞に定冠詞であるtheを付けましょう。

早速、例文で確認してみましょう。

あなたが昨日教えてくださった情報を送って頂けますか?
Can you send me about the information what you told me yesterday?

例えばこの場合、過去にこの情報について話した経緯があるため、聞き手からすると、どの情報について話しているのかがわかります。よって、定冠詞のtheを付ける必要があります。

こちらの例文の場合はどうでしょうか。

ネット上で情報を共有するシステム。
A system for sharing information online.

この場合は、あらゆる情報を共有できるシステム、ということで、ここで言うところの情報がどの情報であるか特定できないため、定冠詞は付きません。

このルールは不可算名詞に共通するものなので、この機会に押さえておきましょう。

情報に関連する英語表現一覧

以下の一覧で、身近な表現やビジネスシーンでも使える表現を確認してみましょう。

日本語 英語 発音 補足
基本情報 basic Information
個人情報 personal information
個人情報保護 personal information protection
機密情報 confidential information confidential =機密
情報漏えい information leakage
(非意図的・意図的)
意図的な情報漏えいの場合はdata leakと表現。
会社情報 company information
最新情報 latest information
商品情報 merchandise information product informationとすると製品情報という意味。
情報交換 exchange information
情報共有 for your information FYIと略されることもあり。
情報収集 collect / gather information
collectとgatherどちらも使用可。
情報整理 organize information
情報提供 provision of information ここではprovision=支給・配給
情報入手 get information
情報発信 offer information ビジネス上はdispatchを推奨。

サービス業などで使える英語表現はこちら。

情報を用いた英和例文

こちらでは、情報に関する英語の文章の例文を和訳と一緒に確認していきましょう。
日常会話からビジネスシーンでも使われる表現を幅広く押さえておくと便利です!

検定試験のお知らせが届かなかった。
The certification test information has not arrived.

そのサイトでは、たくさんの情報を得ることができる。
We can get a lot of knowledge from the site.

インターネットでは、最新の情報を得ることが出来る。
With the internet, we are able to access to the latest information.

大学の研究会に参加についての情報を教えてください。
Could you tell me the information about how to join the society?
societyは研究会という意味。clubと呼ばれる場合もあり。

SNSで情報発信したらどうかな?
Why don’t we post the information on SNS?
※SNSで情報発信する場合はpostが広く使われています。

情報をまとめると、〇〇ということ?
To summaries information, is that meaning 〇〇?

その情報PDFファイルでもらえないかな?
Could you send that information by a PDF file?

それらの部品の詳細情報を転送していただけませんか?
Could you forward me the specific details of the parts?

もっと情報を集めければならない。
We must collect more information.

私たちには情報収集力のある人が必要です。
We need someone who is able to collect right information.

そのプロジェクトに関する情報を共有していただけますか?
Could you share the information about the project?

入学試験に関する情報を教えていただけますか? 例えば、試験日はいつですか?
Could you tell me information about the entrance exam? For example, when am I supposed to take the exam?

最新情報を教えてください
Please keep me updated.

情報 英語の類義語

情報に関する類語を確認してみましょう。用途によって、それぞれの用語を使い分けられると素敵ですね!

英単語 用途 発音
outcome 結果・成果など
knowledge データ・知識・見聞など
message 情報・メッセージなど

ビジネスで使える英語表現はこちらの記事もおすすめ。

まとめ

今回の記事では、情報に関する英語表現を確認しました。
基本はinformationという単語を使いますが、これを応用すると様々な英語表現ができ、奥の深い英単語だということが分かりましたね。

ビジネスをする上で、業務を円滑に進める秘訣は報・連・相の徹底だとよく言われます。
密に連携を取れる体制が整っていることは、移り変わりの早い時代を生き抜く秘訣でもあるでしょう。

今回紹介した、Could you share the information about the project?など連結を図るフレーズを使って、ぜひ邁進し続けてくださいね!

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須