「なるほど」だけじゃない?make senseの意味&ネイティブ流の使い方

LINEで送る
Pocket

make senseという英語表現は、ネイティブが日常会話でよく使う英語フレーズです。洋画や英会話スクールなどで耳にした経験がある方も多いのではないでしょうか。

make senseは、英語初心者からビジネスシーンまで幅広く使える表現です。

今回は、make senseの意味・適切な使い方をはじめ、類語であるunderstandとの違いなども合わせて紹介します。
それでは、早速見ていきましょう!

make senseの意味は?

make senseは日本語で大まかに以下2つの意味を持ちます。

  1. 明らかで分かりやすい
  2. 道理にかなっている

自分自身が理解できた時以外に、相手に理解度を確認する場合にも用いることができる表現です。

ちなみに、make senseは、イギリスよりアメリカで多く使われています。決してアメリカ英語という意味ではなく、イギリスでも使えますが、アメリカでの使用頻度が多い表現であること覚えておきましょう。

make senseの使い方

続いては、使い方を確認していきましょう。疑問文をはじめ、肯定形・否定形の返答の仕方を確認しておきましょう。

疑問文の場合

相手の理解度を確認する場合には、こんな風に聞いてみましょう。

ここまで、大丈夫ですか?
Does it make sense?

今までのところは、理解できましたか?
Does it make sense so far?

これらの表現は、「ここまでの説明で理解できていますか?」という意味合いで使われることが多いです。

例えば、何かを説明する場合などに、しばらく一方的に説明する必要がありますよね。そんな状況には、これらの表現を使ってみましょう。

肯定形

①理解できた/よく分かる場合
Make sense=なるほど、と覚えていた場合も多いはず。

相手が何かを言った時に、理解できた時にはこれらの表現を使いましょう。

なるほど。※以下どれも意味合いは同じです。
That/It makes sense to me.

It all makes sense now.

It makes perfect sense.

That makes sense to me.は、よく耳にするポピュラーな返答です。

②〇〇するのは合理的と言いたい場合
〇〇するのは合理的と言いたい場合には、不定詞toを用いて表現を用いましょう。

〇〇するのは合理的だね。
It makes sense to〇〇.

否定形

相手の言ったことに納得できない時や、疑問点が残った場合には、こんな風に言ってみましょう。

それは、分からないよ / 理解できないよ。
It does not make sense.

ほとんど意味がないよ。
It makes little sense.

全く理解できないよ / 全く意味をなさないよ。
It does not make sense at all.

全然わからない場合の受け答えはこちらの記事も参考になります。

make sense使用時の注意点

若者が使うスラング英会話としても、ビジネスシーンでも幅広く使える表現、make sense

相手の理解度を確かめる際にDo you understand?と聞くと、ぶしつけな印象を与え、失礼に当たることもあります。
理解度を確認する場合には、以下のように相手別に使い分けてもGOODです!

分かるかな?※子供向け。
Do you know what I mean?

ここまで理解できていますか?※友達や同僚など向け。
Does it make sense?

ここまで何か質問はありますか?※プレゼン、先方の会社向け。
Do you have any questions so far?

make senseその他イディオム表現

make senseのように単語が複数繋がった表現は、イディオムと呼ばれています。

イディオムは、日常英会話フレーズでネイティブがよく使う言い回し。イディオムを押さえることは、英語力アップにつながる有効な英語勉強法です。例文を通して少しずつ使い方を掴んでいきましょう!

あの教授の説明は、理にかなっていた。
That professor’s explanation made sense.

君の詩の中のこの文は、凄く意味をなしているね。
This sentence in your poem really makes sense.

彼女に聞いてみたけれど、彼女の説明は全く意味をなさなかった。
I’ve tried asking her but his explanations aren’t making any sense.

価格が上がるから、今すぐ家を買うのは理にかなっているね。
It makes sense to buy a house now because prices will certainly go up soon.

make senseとunderstandの違い

make sense理解しましたという意味でも使え、類語にunderstandがあります。こちらでは、understandmake senseの違いを紹介します。

I understandは、相手に親身な印象を与える


何かを理解した時、I understand.という表現が使われますよね。この表現は、わかりましたという意味を持ち、相手の立場に立って話を聞いている印象を与えます。

ビジネスシーンなどで何かを理解した時には、I understand.を使いましょう。

That makes sense.は、相手の言っている事に対して「なるほど、分かったよ」というニュアンスで使います。
何か、説明を受けた場合などにmake senseを使ってみましょう!

わかりましたの英語表現ならこちらの記事も参考になります。

まとめ

日常会話からビジネス英会話まで広く使える表現、make sense

幅広く使える分、使う相手や場面、また言い方によって、失礼な印象を感じてしまう人もいます。そういった状況を避けるためにも、適切なタイミングで使いこなしたいもの。

今回紹介した表現を中心に、ぜひあなたの英語スキル向上に役立ててくださいね!

LINEで送る
Pocket

無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須