目的を英語で?ニュアンスの異なる6つの単語で「目的はなんですか?」を使い分けよう!

LINEで送る
Pocket

滞在目的はなんですか?
英語学習の目的は、海外旅行を満喫するためです。
目的達成のために仕事をしています。

日本語で目的と言っても、さまざまな場面が考えられます。
そして、それぞれの使用場面によって目的を意味する英語表現は異なります。
今回は目的を意味する6つの単語の使い分けと、直接、目的という単語を使わずに目的を表現するフレーズを紹介します。

シーン別での目的を上手に使い分けて、英語上級者を目指しましょう。

目的を意味する英単語

目的を意味する英単語は主に6つあります。
まずは、6つの目的を意味する単語について、それぞれが表現するニュアンスと使用場面を理解していきましょう。

①purpose


1つ目はpurposeです。
目的を意味する最も一般的かつ基本的な単語です。
何かを行う理由や動機を表現するときに使い、日本語では意図と言い換えることができます。

purposeを使った用語とフレーズ>
主な目的
a main purpose

非営利目的
non-commercial purpose

non-profit purpose

目的がある
have a purpose

目的がない
have no purpose

目的がぶれる
waver in purpose

目的にかなう
meet the purpose

<例文>
旅行目的(滞在目的)は何ですか?
What is the purpose of your visit?

フィリピン留学する目的は何ですか?
What is your purpose in studying abroad in Philippine?

私はこの企画書について話すために取引先へ行った。
I went to meet my client for the purpose of talking about this proposal.

ビジネスシーンで使える企画の表現はこちらの記事が参考になります。

②aim


2つ目はaimです。名詞、動詞ともに目的を表現する際に使います。
政策やマーケティングの狙いなど、何に向かって努力または行動しているのか、という目的を明確にするときに使います。

aimを使った用語とフレーズ>
~することを目的としている
aim to~

~を狙いとしている
be aimed at~

研究目的
the aim of study

<例文>
そのチャリティーは、食料を必要とする子供を助けることを目的にしています。
The charity aims to help kids in need of food.

彼女は新しい靴を見せる目的でそこへ行きました。
She went there with an aim to show her new shoes.

③goal


3つ目はgoalです。
すでに日本語でゴールが浸透しているので使い方は想像しやすいですね。
達成したいと思っている目的を表現し、目標と言い変えることもできます。

どちらかというとpurposeaimよりも長期的な目的のニュアンスがあります。

発音は日本語のゴールとは異なりますので、注意して確認してください。

goalを使った用語/フレーズ>
目的(目標)を達成する
achieve one’s goal

<例文>
彼の目標は、今年中に英検1級に合格する事です。
His goal is to pass Grade 1 on EIKEN before the end of the year.

海外留学の目的は、英語を勉強して通訳者になるためです。
My goal in studying abroad is to study English and to become a translator.

自分の目標を英語で伝えてみよう!こちらの記事が参考になります。

④intention


4つ目はintentionです。
意思意図といった意味の用法もありますが、目的という意味では、頭の中でこれからしようと思っていることや計画、設定している目標を表現します。

~するつもりといった英和対訳でも使われます。

intentionを使った用語/フレーズ>
心に決めた目標
one’s intention

~するつもりで
with the intention of~

<例文>
彼の目的はお金持ちで、かつ有名になることでした。
His intention was to become rich and famous.

換気をするつもりで窓を開けました。
I opened the window with the intention of ventilation.

⑤objective


5つ目はobjectiveです。明確な目的を表現し、主にフォーマルな場面で使われます。
形式ばった表現が求められるビジネス英語や論文などで使用されることが多いです。

objectiveを使った用語とフレーズ>
目的格(文法用語)
objective

最終目標
a final objective

<例文>
あなたがこの研究をする目的は何ですか?
What’s your objective for this study?

これを人気商品にすることが私たちの目標です。
To make this product more popular is our objective.

⑥target


6つ目はtargetです。
ビジネスシーンでの売上目標やテストの点数など、具体的な数値目標があり、かつ短期的な目的を表現します。

名詞では目標に言い換えられ、動詞では〜を目標に定めるといった訳がなされます。

targetを使った用語とフレーズ>
特定の目的
specific target

particular target

目標を設定する
set a target

目標を達成する
hit a target

目標に足りない
fall short of a target

<例文>
来年の目標は10%の売上増です。
Our target for next year is to increase our sales by 10 percent.

私たちの目標は、1試合で少なくとも3得点することです。
Our target is to get at least three goals in each game.

ビジネスシーンで役立つプレゼンに関する情報はこちらも参考になります。

目的地など関連英語表現

ここでは、目的地など目的に関するさまざまな英語表現を紹介します。

日本語では目的とつく言葉でも、英語では上記で紹介した目的を意味する単語を使うとは限りませんので、ひとつずつ丁寧に確認していきましょう。

目的地
destination

目的意識
a sense of purpose

多目的
multipurpose

all-purpose

営利目的
profit

身代金目的の誘拐
kidnapping for ransom

特別目的会社
SPC(Special Purpose Company)

なお、目的の駅目的の学校など目的の〇〇というには、my stationmy schoolというようにmy 〇〇といった形で表現できます。

目的を尋ねるフレーズ

日常会話で目的を尋ねる言い方もさまざまあります。

例えば、なんでここに来たの?という質問は、何の目的でここに来たの?と言い換えることができます。
このように目的という言葉を直接使わずに、目的を尋ねる言い回しは英語でもあります。

どのような言い回しがあるのか例文でみていきましょう。

何で日本に来たのですか?(日本に来た目的を尋ねている)
What brought you to Japan?

なぜ中国語を学びたいと思ったのですか?(学ぶ目的を尋ねている)
What made you want to learn Chinese?

何が目当てなの?(自分に関わる目的を尋ねている)
What is your interest?

何かを探ったり、疑っていたりするときなどネガティブなシーンで使われる表現です。

目的を述べるフレーズ

英語圏の文章または会話の構成は、目的や結論を先に伝えることが多いです。
プレゼンテーションや研究論文だけでなく、日常会話でもそういった傾向があります。

話の目的を伝える表現として、以下のような定番フレーズが役立ちます。

〇〇の目的は~です。
The purpose of 〇〇 is ~.

例文をみてみましょう。

英語を勉強している目的は、海外ドラマを字幕なしで観るためです。
The purpose of studying English is to watch international TV dramas without Japanese subtitles.

また、目的(purpose)という単語を使わずに、becausesinceso thatin caseといった接続詞を使って目的を伝えることもできます。

皆が聞こえるように、大きな声で話した。
We spoke loudly so that everyone could hear us.

渋滞するといけないから、電車でいった方がいいよ。
You should use the train in case the road is busy.

あなたと直接話したかったのは、早急に問題を解決しないといけなかったからです。
I wanted to talk to you because we had to solve the problem ASAP.

例文で使ったASAPなど英語の略語に関してはこちらの記事で確認できます。

まとめ

目的の英語表現を紹介しました。

目的を意味する単語は6つ。まずは、これらの単語のニュアンスや使用場面をしっかりと押さえて使いこなせるようになりましょう。

そして、和英辞典では出てこない、目的という言葉を使わない尋ね方や、伝え方の言い回しもマスターしましょう。

becausesinceso thatin caseといった接続詞を使った表現は、日常英会話で使えるものばかりです。

あわせて覚えると英会話の幅が広がりますよ!

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須