1. TOP
  2. 英会話フレーズ
  3. 「う」から始まる!?「Really」のネイティブ発音

「う」から始まる!?「Really」のネイティブ発音

 2018/03/12 英会話フレーズ
 
LINEで送る
Pocket

今回は英語学習で悩みがちな発音にまつわる疑問について解説していきます。

今回ご紹介する単語はReallyです。日本語の「マジで!」「本当に!?」と同様英語の日常会話の中でも、よく使われる表現なのをご存知ですか。

Really以外にも、RとLの発音のポイント、スキマ時間で楽しく練習できるトレーニングも合わせて紹介します!

Let’s check it out!さぁ、みていきましょう!

理解すれば物理的に音は出る!

Reallyは「ほんとに?」という表現ですが、 これを難しいと感じる方は非常に多いようです。

なぜ難しいと感じるのかをご説明すると、このRの発音があり、 そしてLが2つあるからです。

RとLの音というのは、日本語には存在しない音です。

つまり、普段日本語で話す時、RとLの発音をするような言葉はなく、その結果難しいと感じてしまいます。 英語に触れていなければ、生まれてからRとLが、 入るような言葉を口にすることはないでしょう。

そのため、口を動かす、舌を動かすのが難しいと感じるのです。 ただこれはその舌の位置がどこに来るべきなのか、舌をどういう風に動かすべきなのかを しっかり理解すれば、物理的に音が出るようになります。

その為に、 Rの舌の位置Lの舌の位置を説明していきます。 これさえわかればしっかりと音が出ます。 まずは練習していきましょう。

まず、Rです。 Rはどのように発音すればいいかというと、よく舌を巻くといった表現をします。

舌の左右の部分を口の中の上にくっつけてあげるのを意識すると 「アーアー」という音が出ます。 Reallyの場合も同様です。

ReRe Re Reと何度も発音して練習していきましょう。
しかしいきなりRの発音をしっかりするというのは、 難しいケースが最初は多いです。

ネイティブの発音についてはこちらの記事も参考になります。

「ウ」に近い音

では、Rの舌の位置のポイントをご紹介していきます。

あいうえおの「う」という音がありますね。「うーーー」という風に言ってください。 「うーーー」と言いながら、上述した位置に舌をもってきてあげてください。

「うーーー」Really「うーーー」Reallyという風に、 「うーーー」という音を出しながら、正確な位置に舌を準備してあげると、 Rの発音がしやすくなります。 そして何度も発音することで「うーーー」と準備の時間を少しずつ短くしていけばよいでしょう。

最終的には、微妙にRの発音が入ってるのを聞き取れるようになり、 発音もスピーディにできるようになるはずです。

実は、ネイティブの人が発音する時も、最初にちょっとだけ「ウ」っと音を言いながら、 このRの位置に舌を動かして準備をしています。

このように、最初に言う時は「うーーー」と言いながら、 所定の位置に舌を持っていくことが大切です。

それから「ウーィ、ウーィ、ウーィ」、と「e」の音を混ぜながら 「ウーィ、ウーィ」と発音します。

ここまでRの口で 「e」を発音してあげましょう。 「ウーィ」。 次に「ア」がきて「ウーィア」といった具合になります。

その他にもある、発音を学ぶポイントはこちら

Lの発音の時の舌の位置

次は、Lの発音です。

Lは上の歯の裏側の歯茎に舌を当ててください。これがLの舌の位置です。

その位置から「リー、リー、リー」と言います。 日本語で言う「り」の音です。

らりるれろは全部、舌の位置が上の方になっていますよね。らりるれろと少し言ってみてください。

ただ、Lを発音する時というのは 歯茎の裏に舌を当てることを意識して、発音しましょう。

単語によって変わるアルファベットの発音はこちらのトピックもご参考に。

R発音の時の舌の位置

はじめは RからLのところに舌を持っていくのが難しいと感じる方もいらっしゃいますが、 練習をしていけばスムーズに口が動くようになっていきます。

日本語と英語は音の出し方が全く違うため、最初は、かなり難儀するかもしれません。

しかしRとLの発音方法は、どの単語でも変わらないため、 一度口が覚えてしまえばどの単語を話してもすぐにその発音ができるようになります。

ReallyはRの音とLの音 それぞれの発音の仕方、舌の位置を意識しながら練習をしていけば、ネイティブのような音で Reallyと言えるようになります。

最後に、Reallyにまつわるお話をご紹介します。

英会話スクールの講師の方のお話ですが、英会話スクールなどでレッスンをしていると、 生徒さんがReallyという表現をよく使うそうです。その時、生徒さんはどういう発音をするのでしょうか。

その講師の方の話では、オーリアリー?と平たく驚きのない発音をするそうです。カタカナをそのまま発音したような平たい音です。

Reallyというのは、本当?!という表現です。 マジで!?本当!?という表現は、 日本語でいっても、それ本当なの?!と、感情がこもるものです。

マジで!?本当?!という時は、 大抵思ってもいなかったことを言われた時です。 驚きと感情がこもって然るべき言葉なのです。

しかし、感情がこもらなければいけないはずなのに、英語になってしまった瞬間に 、オーリアリー?では全く感情が感じられません。

ですので、この表現を言うときは、 日本語で「え、ほんとに?!」と言うぐらいの勢いで、 Really!?と、感情を込めて言うようにしてください。

このRとLの発音を気を付けることに プラスアルファとして覚えておいていただきたいのは、 あなたの感情を込めてReally!?と言うことです。

是非、覚えておいてください。

注意!RとLが違うと全く異なる単語

例えば、食べ物は何が好き?と聞かれて、Riceと伝えたつもりで正しくRを発音しないとLiceとなりますよね。

この場合Liceはシラミを意味しますので大変おかしな回答になります…。

RとLの発音が会話の中でたくさん出てくる場合は、聞き手が混乱してしまう可能性もあります。

下記は、RとLの単語の違いをピックアップし表記したものです。RとLの発音でどのような違いがあるのか確認しましょう。

Lの発音 Rの発音
Lead(導く) Read(読む)
Light(軽い) Right(正しい)
Lice(シラミ) Rice(米)
Load(負荷) Road(道)
Fly(飛ぶ) Fry(揚げる)
Collect(集める) Correct(正しい)
Play(遊ぶ) Pray(祈る)
Lane(小道) Rain(雨)
Lan(構内通信網) Ran(走った)
Link(連結する) Rink(スケート場など)
Rink(スケート場など) River(川)

RとLの発音をマスター!矯正トレーニング

早速、RとLの舌の位置を身に付けるため、矯正トレーニングを実践してみましょう 上記の表にある単語を抜粋してみましょう。

例えば、Lane,Rainの順序で連続して発音し、逆からもRain,Laneと発音してみましょう。

これを3回繰り返して1セットとします。そして異なる単語を3つ選びトータルで3セット行います。

① Lane→Rain、Rain→Lane
② Lice→Rice、Rice→Lice
③ Lead→Read、Lead→Read

最初はゆっくりで大丈夫ですので、一日一回3セットを実践してみましょう。
トレーニングは動画を参考にトライしてみましょう!

コツコツ続けてあなたもネイティブのようにReallyのリアクションをマスターしてください!

RとLを聞きわけるコツ

会話の中でLとRを聞きわけが出来るようにするにはどうしたら良いのでしょうか?

Lは日本語のラ行に近い音、Rは小さな「ゥ」が前についたような音です。

LとRの違いを聞いてみましょう。

近年ではRとLの発音の違いが確認・練習できるアプリなど便利なツールがどんどん出てきていますのでぜひ利用してみて下さい。

楽みながらで発音練習!あのCMを真似してみよう!

馴染み深いあのCMの真似をするとちょっとした発音の練習になります。

そのCMとは、こちら。

「LUX SUPER RICH」これを、思い出してください。
どんな風に発音していたか少し耳に残っていませんか?

このフレーズを上記で紹介したポイントを押さえ、CMの女優になりきったつもりで、言ってみましょう!

「う」から始まる!?「Really」のネイティブ発音まとめ

今回発音について紹介したReallyは、日本人が苦手とする RとLが入っている単語です。

この二つの発音は、日本語には存在しない音であるため、練習して身につける必要があります。

また、単語のなかでの発音となると口の動かし方も変わってくるため、 正しく発音できるようになるには時間がかかるでしょう。

そのため、今回紹介したポイントを参考に練習してみてください。

最初は単語を区切って練習することもおすすめです。 自分ができる範囲から練習することで、確実に正しい発音につながるでしょう。

また、Reallyを使うときというのは、驚きが必ず含まれるはずです。

発音ももちろん大切ですが、それと同じくらい感情を込めることも大切にしてください。 感情を込めるということを意識して発音練習に取り組みましょう。

動画でおさらい

「「う」から始まる!?「Really」のネイティブ発音」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。