あいこでしょ!を英語で?じゃんけんの掛け声や勝ち負けを伝える12フレーズ

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

子供から大人まで、気軽に何かを決めたいときはじゃんけんをしますね。
グー、チョキ、パーなど出した手の形で勝ち負けを決める遊びは世界各地に存在します。

英語でじゃんけんは何というのでしょうか。
また、じゃんけんで勝ったじゃんけんで決めよう!を英語ではどのように表現するのでしょうか。

今回は、じゃんけんに関する英単語や例文をみていきます。

英語でじゃんけんグー、チョキ、パー

手の形で勝ち負けを決めるじゃんけん。
世界各地で呼び方や掛け声も異なりますが、英語ではRock, Paper, Scissorsです。

アメリカ、イギリスのどちらでも通用します。

手の形と意味、発音をみていきましょう。

グー
Rock

日本語のグーに当たるのはRockです。
場所によって、Stone(石)の場合もあります。

パー
Paper

日本語のパーに当たるのはPaperです。
発音記号は、péipə(アメリカ英語)でペェィパーと二重母音になるので注意しましょう。

チョキ
Scissors
ハサミ

日本語のチョキに当たるのがScissorsです。
他と異なり複数形です。

じゃんけんを意味するRock, Paper, Scissorsは、手の形の単語を並べていることがわかります。

ただし、日本語と順番が異なるので注意しましょう。

日本語は、グー(石)、チョキ(はさみ)、パー(紙)
に対して

英語は、Rock(岩)、Paper(紙)、Scissors(はさみ)
となります。

英語の歌

小さい頃に、グー、チョキ、パーの歌を歌ったことがある!という人も多いのではないでしょうか。

英語にも同じメロディーで、じゃんけんの歌があります。
そんな歌忘れちゃったという人もメロディーを聞けば思い出すかもしれません。

是非聞いてみてくださいね。

じゃんけんの掛け声を英語で?

手の形がわかったところで、次は掛け声です。

最初の掛け声

じゃんけんポン!という最初の掛け声はいくつかあります。

1. Rock, Paper, Scissors!

日本語にすると、グー、チョキ、パー!と言いながら手を出すイメージです。

2.Rock, Paper, Scissors, One, Two, Three!

この掛け声では、Threeに合わせて手を出します。

3.Rock, Paper, Scissors, Shoot!

この掛け声では、Shootに合わせて手を出します。

他にはShootGoになる場合もあります。

あいこでしょ!

引き分けて再勝負の時の掛け声、あいこでしょ!に当たる英語はありません。

繰り返す時には、もう一度
Rock, Paper, Scissors!

または
One,Two,Three!
と言って、手を出します。

最初はグー

日本には、全員が1回目の手の形をグーで揃える掛け声がありますね。
これは日本で生まれた出し方なので、英語には存在しません。

じゃんけんに関する例文

次はじゃんけんに関わるフレーズをみていきましょう。

勝った時

じゃんけんに勝った時には

私の勝ち。
I win.

と言います。

win勝つという意味の動詞です。winの過去形wonを使って
I won.

と表現することもできます。

負けた時

じゃんけんに負けた時には

私の負け。
I lose.

といいます。

loseは、失う、迷うという意味の動詞で、勝負では、勝ちを失う=負けるという意味になります。
loseの過去形lostを使い
I lost.

と表現することもできます。

勝ち、負けの表現についてはこちらの記事もおすすめです。

じゃんけんを提案する時

じゃんけんしよう!と呼びかける時はこんな風に言ってみましょう。

じゃんけんしましょう。
Let’s play Rock, Paper, Scissors.

じゃんけんで決めましょう。
Let’s go with Rock, Paper, Scissors.

Let’s decide with Rock, Paper, Scissors.

じゃんけんを英語で説明

世界各地には様々なじゃんけんがありますが、日本のじゃんけんを英語で海外の人に説明してみましょう。

じゃんけんは、手を使う遊びです。
Jyanken is the game of using hands.

勝ち負けを決めるためにじゃんけんをよく使います。
We often play it when we decide a winner and a loser.

じゃんけんには、Rock, Paper, Scissorsと同じように3つの手の形があります。
There are 3 kinds of hand shapes in Jyanken such as Rock, Paper, Scissors.

グーは、石を意味します。
Guu means rock.

チョキは、はさみを意味します。
Choki means scissors.

パーは、紙を意味します。
Paa means paper.

グーはチョキに勝ちます。
Guu beats Choki.

チョキはパーに勝ちます。
Choki beats Paa.

パーはグーに勝ちます。
Paa beats Guu.

じゃんけんポンと言って、ポンで手を出します。
Players call “Janken pon” and show their hands on “pon”.

もし引き分けだったら、あいこでしょと言って再度手を出します。
If there is a draw, players call “Aiko desho” and show their hands again.

勝者が決まるまでそれを続けます。
Players continue to play it until one of them wins.

説明しながら、グー、チョキ、パーを見せてあげるとわかりやすいですね。

説明するという表現についてさらに知りたい方はこちらもおすすめです。

まとめ

とてもシンプルな遊び、じゃんけん。
今回は、英語のじゃんけんや、日本のじゃんけんを英語で紹介する例文をみていきました。

海外に目を向けると、紙が布、はさみが針になる地域や、手の形が生き物を表す地域もありさまざまなじゃんけんルールが存在します。

周りに外国の人がいたら、出身地のじゃんけんを質問したり、日本のじゃんけんを紹介してみるのも面白いかもしれません。

お互いの国のじゃんけんで遊びながら交流を深めるのも楽しそうですね。
シンプルな遊びを、信頼関係を深めるきっかけに使ってみましょう。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須