風邪を英語で?「ひどい風邪」など症状を伝えられる万能フレーズ

風邪 英語

はっくしょん!
ブルブル…。
鼻水ずるずる。
こんな症状が現れると、風邪かも?
風邪は、私たちにとって一番身近といっても過言ではない病気の一つではないでしょうか?

今回は、そんな身近な風邪に関する英語表現を紹介します。
風邪を引いた風邪が治るなどの基本フレーズから、さまざまある風邪の症状を伝える英会話例文もふんだんに紹介していきますよ!

また、日本では馬鹿は風邪ひかないということわざがありますが、英語圏でも同じなのか?というのも気になりますよね!?こちらは記事後半に紹介します!

最後までしっかり読んで風邪の英語をマスターしましょう!

風邪を英語で?

風邪 英語

風邪を表す単語は、coldです。
coldといえば寒い冷たいといった形容詞の意味で知っている方も多いと思いますが、実は、病気としての風邪の意味もあります。

ひどい風邪重い風邪は、terribleawfulhorribleを使い、軽い風邪は、slightを使って表現できます。

ひどい風邪
terrible cold

awful cold

horrible cold

terriblehorribleriの発音はではなくどちらかというとに近いので注意しましょう!

軽い風邪
slight cold

また、日常英会話ではあまり使われませんが、the common coldという表現もあります。これはフォーマルな用語で一般的な風邪を意味します。ただ、フォーマルだからといってビジネス英会話で風邪をthe common coldと言うわけではなく、主に以下のような医療の話の際に使われます。

あの薬は風邪に効いた。
That medicine was helpful against the common cold.

なお、風邪と似ている症状もあるインフルエンザは、英語でinfluenzaもしくは(the) fluと言いますよ!

さて病気は英語で何て言うのでしょう?こちらの記事で確認しましょう!

風邪を引いたの英会話フレーズ

風邪をひくことは、catch a coldget a coldの形が用いられます。

風邪を引いた。
I caught a cold.

I got a cold.

また、風邪をひいているという際には、have a coldの表現を使います。

風邪をひいている。
I have a cold.

catch/gethaveの違いがわかりますか?
catch/getは、風邪をひく風邪にかかるというニュアンスで、かかるという動作に焦点を当てた表現です。
haveは、風邪をひいているという状態を表しています。
2つのニュアンスの違いを例文で確かめましょう。

息子の風邪がうつった。(動作)
I caught a cold from my son.

昨晩、風邪を引いた。(動作)
I caught a cold last night.

昨晩から風邪をひいている。(状態)
I have had a cold since last night.

息子さんが風邪なら(状態)、あなたも風邪をひく(動作)かもしれないね。
If your son has a cold, then you will get a cold too.

風邪をひくという動作catch/get風邪をひいているという状態haveで表しますよ!
しっかりと頭にイメージを抱きながら覚えましょう。

具合が悪そうな人を気遣うことも大事ですよね!こちらの記事が参考になります。

風邪が治ったの英会話フレーズ

風邪をひいてもいつかは治る、ということで、続いて風邪が治ったことを伝えるフレーズを紹介します。

風邪が治った。
I’ve recovered from my cold.

I got over my cold.

I’m over my cold.

My cold is gone.

なお、風邪という言葉を入れずに、単にI feel better now.というフレーズで具合がよくなったことを伝えることもできますよ!

風邪をひかないようにねの英会話フレーズ

風邪はひかないのが一番!風邪をひかないようにねと注意喚起するフレーズを紹介します。

風邪をひかないようにね。
Don’t catch a cold!

Be careful not to catch a cold.

これらのフレーズに、以下のような言葉を付け足してもいいですよ!

暖かくしてね。
Stay warm.

Keep warm.

気を付けてね。
Take care.

Take care of yourself.

Look after yourself.

鼻水など風邪にまつわる症状の英語表現

単に風邪といっても鼻水がでる、咳が出るなど、さまざまな症状がありますよね。ここでは、風邪の症状を表す英会話フレーズを紹介します。

熱があります。
I have a fever.

咳が出ます。
I have a cough.

鼻水が出ます。
I have a running nose.

頭が痛いです。
I have a headache.

悪寒がします。
I feel chilly.

くしゃみがよくでます。
I have a fit of sneezing.

馬鹿は風邪をひかないって英語で?

ここからはオマケの豆知識、馬鹿は風邪をひかないに関して紹介します。

馬鹿は風邪をひかないとは、日本のことわざの一つです。本来は、馬鹿と呼ばれる人間の鈍感さを、風邪を引いても気づかないほど愚鈍と例えて表現したものです。
ただ、日常生活において、文字通りの意味でしばしば友人や知人、家族を冷やかす時に用いることの方が多いですよね。

では、この馬鹿は風邪をひかないということざわは、英語圏でもあるのか?というと…、無いようです。
世界で人気の日本のアニメのセリフにも出てくることがありますが、海外の人にとっては、あまり腑に落ちない難しい表現のようです。残念ながら英語圏の人には通用しないようですね。

私たちが日常生活で使う文字通りの意味の馬鹿は風邪をひかないを英語で説明してみました。

馬鹿は風邪を引かない。
Idiots don’t catch colds.

これは、日本の迷信のようなもので、馬鹿な人は風邪に対して平気だということです。
It’s like a superstition in Japanese culture, which states that stupid people are immune to colds.

友達や家族からこの言葉をニヤニヤ顔で言われたら、あなたは馬鹿と言われているのかもしれませんよ!?
If your friends or your family say this phrase to you with a smirk, it might mean you’re an idiot!!??

英語のことわざいくつ知っていますか?こちらの記事で確認しましょう!

まとめ

風邪 英語

風邪の英語表現いかがでしたか?
健康であることが一番ですが、残念ながら風邪をひいてしまうこともあります。
いざという時に備え、風邪をひくなどの基本フレーズだけでなく、症状などの関連表現もマスターしましょうね!

英語学習は継続が大事です。短い時間でも毎日コツコツと続けましょうね!

最初のコメントをしよう

必須