「信じる」を英語で?スラングからtrustとbelieveの使い分けまで例文解説

信じる 英語 スラング 使い分け 名言

※当サイトはプロモーションが含まれています

英語の勉強をするにあたって、日本語では同じ意味でも細かなニュアンスが異なるため、使い分けが難しい単語に出会う場面が多々あります。

自分の意思を伝えるためにも、ニュアンスの違いはしっかり認識しておくべき。

今回は、そんな使い分けが難しいワードの中から「信じる」を意味するtrustとbelieveの使い分けについて紹介します。

また、信じるを意味するスラングや関連ワードについても取り上げますよ!

trustとbelieveの違い

信じる 英語 スラング 使い分け 名言

早速trustとbelieveの違いについて解説します。

両者とも日本語では信じるという意味ですが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

trust

trustは、あなた(という人)を信じるという意味です。その人の人格や精神性を信用し、信頼するニュアンスを持ちます。

あなたを信じる。
I trust you.

仲間を信じるのは大切なことだ。
It’s important for you to trust your teammate.

信じる力は偉大だ。
The power of trust is great.

ちなみに、ディズニー映画の名作「アラジン」の主人公であるアラジンにはDo you trust me?というお決まりの台詞があります。

意味としては「僕の言うことを信じてみない?」ですが、日本語では「僕を信じろ」と翻訳されます。

僕を信じろ。
Do you trust me?

believe

believeは、あなた(の言うこと)を信じるという意味です。その人の発言、会話の内容、物事の正しさを信じるニュアンスを持ちます。

私は彼女が嘘つきでないことを、心から信じる。
I sincerely believe that she is not a liar.

彼を信じるな。
Don’t believe him.

また、believeにはbelieve inというイディオムがありますが、こちらはあなた(の能力、存在、中身)を信じるという意味です。

自分を信じるのは私には難しいと思う。
I think it’s difficult for me to believe in myself.

大丈夫、主イエスを信じなさい
Don’t worry, believe in the Lord Jesus.

I swearの意味は?誓う以外の使い方やスラングまで例文解説!

信じるにまつわるその他の単語やイディオム

信じる 英語 スラング 使い分け 名言

続いて、信じるにまつわる単語やイディオムについてご紹介します。

rely

relyは直訳すると頼るという意味の単語ですが、信用している、当てにしているというニュアンスがあります。

文章で使うときはonをつけてrely onとしましょう。

彼を当てにしすぎてはいけない。
Don’t rely on him too much.

credit

こちらはカタカナでも馴染みのある言葉ですね。

クレジットカードのクレジットにあたる単語で、ビジネスや取引における信用という意味です。他にも信頼、人望、評判など、複数の意味があります。

私は彼女の話を信じてる。
I gave credit to her story.

take on trust

trustを使ったイディオムです。意味は(調べもしないで)そのまま信用する、です。

友人ならまだしも、知らない人の言うことを鵜呑みにするのは危険なので、やめましょうね。

彼女の言うことはうっかり信じられない。
I can’t take her statement on trust.

使い分けが肝心「調べる」の英語|researchやlook up など全18表現の使い方をマスター

信じるに関する名言や格言

続いては、信じるに関する名言や格言について取り上げます。おしゃれな名言や、幸せになれるポジティブな一言を、まとめてみていきましょう。

Would you believe it!

believeを使った決まり文句です。驚きや怒りを込めて、信じられない気持ちを表現するのに使用します。

信じられない!
Would you believe it!

No way!

同じく「信じられない!」を意味するスラングにNo way!があります。

彼らは別れたの?まさか!
Did they break up? No way!

The first step is you have to say that you can

アメリカの俳優ウィル・スミスさんの言葉で、何かを始める最初のステップは、自分はできると口にすること、という意味です。

自分を信じないことには、何も成し遂げられない、という強いメッセージが込められています。

何かを始める最初のステップは、自分はできると口にすること。
The first step is you have to say that you can.

Believe you can

アメリカの第26代大統領、セオドア・ルーズベルトが口にした名言です。意味はできると信じて。

シンプルながら、力のこもった言葉は多くの人の心を動かしますね。

できると信じて。
Believe you can.

ECC外語学院とシェーン英会話はどっちがおすすめ?4つの項目で比較!

まとめ

信じる 英語 スラング 使い分け 名言

trustとbelieveを中心に、信じるに関する英語のワード、そしてフレーズについて取り上げました。

人を信じるというその短い一言には、とても重い意味が込められています。簡単に口にすることはできても、実際に信じ続けるのは簡単ではないですよね。

それでも、信じないことには何も成し遂げることはできません。

英語の勉強も同じです。

英語が話せるようになる自分の未来の姿を信じて、頑張って学習を続けましょう!