1. TOP
  2. 英会話フレーズ
  3. 英語で友人や同僚など親しい間柄の挨拶よくある2パターン

英語で友人や同僚など親しい間柄の挨拶よくある2パターン

 2016/12/05 英会話フレーズ 日常英会話
 
LINEで送る
Pocket

道端でふと友人と会った際や、久しぶりに友達と再会した時に、まずどう切り出せばいいのか迷う方も多いのではないでしょうか?

ここでは、そんな時に使える、「仲の良い人とどのようなあいさつをすればいいのか」について紹介したいと思います。

What’s up?の表現

shutterstock_246896863

仲が良い、距離が近い遠い、というのは別問題として、会話の出だしというのはほとんどの場合、

Oh,Hi. How are you?
から始まることが非常に多いです。

なぜかというと、このHow are you?という表現は、「元気ですか?」という意味合いよりも、「こんにちは」くらいのニュアンスで使われていることが多いからです。

ちなみにHi. How are you?と聞かれても、もし急いでいる時だったら、How are you?と返すだけでOKです。

これはどういうことなのでしょうか。

例えば、日本語で「元気?」という表現がありますが、これを急いでいる場面で使われることもあると思います。

急いで歩いて、仕事に遅れそうという時に、前から知り合いだった人が歩いてきて、「あ、元気?」と向こうから声を掛けることがあるでしょう。

そんな時に、自分が急いでいてあまり話す時間がないのであれば、「あ、元気?」と聞き返すこともあるのではないでしょうか?

それと同じ感覚で、海外でも、急いでいるときに”How are you?“と聞かれたら、”How are you?“と聞き返してOKなのです。

これは使ってもいい表現だというのを覚えておきましょう。

もし急いでおらず、ちょっと会話ができるなという状況であれば、
How are you?“と聞かれた後に、”I’m good. How are you?“”I’m good. And yourself?““And yourself?“などと聞き返すようにしてください。

そうすると向こうが元気なのか元気でないのかを教えてくれるはずです。

また、あいさつの一つとして”What’s up?“という表現があります。
この”What’s up?“には、「最近どう?」というようなニュアンスがあります。

これも特に深い意味はなく、軽いあいさつとして使われていることが多いです。

本当の意味は「最近何かありましたか?」という意味で、”What’s up?“と聞かれてよく聞く答えというのが”Nothing much.「特になにもありません」です。

しかし、これも”How are you?“と同じく、「こんにちは」程度のニュアンスで使われることが多いので、

What’s up?“と聞かれたら、”What’s up?“と返してもOKです。

あいさつをするときに役立つ英語はこちら
⇒あいさつのバリエーションを増やそう!

ところで…

How are you?“や”What’s up?“で、「こんにちは」というやりとりをした後はどう続ければ良いのでしょうか?

もし、仲の良い人と久しぶりに会ったと仮定した場合は、

例えばSo, What’s up?“”Oh, Nothing much.「いや特になんもないけど。ところで」のように続ければOKです。

ちなみに、“So“というのは「それで」という表現です。

日本語でもよく、言葉をつなぐときに、「で(それで)」という言い方をすると思いますが、”So“が、その「で」に当たります。

「ところで」の後には、
How’s life?
How’s life treating you?
などと聞くことができます。

How’s~についてはこちらのトピックもご参考に。
⇒「仕事の調子はどう?」を英語で聞いてみよう!

”How’s life?”のニュアンス

shutterstock_529303657

How’s life?“で、”life“というと、日本人の耳には「人生」といった意味合いに聞こえるかもしれません。

確かに人生という意味もありますが、”life“には「生活」というニュアンスもあります。

そのため、How’s life?“というと、「最近(の生活は)どう?」と聞かれているようなイメージです。
How’s life?“と聞かれて、調子が良いなら、
Life is good
「やあ、いい感じだよ」
と答えると良いでしょう。

また、”How’s life treating you?“という聞き方もあります。

treat“には「扱う」という意味があるので、直訳をすると、

How’s life treating you?
「あなたの生活はあなたの事をどういう風に扱ってますか?」
となります。

少し難しい言い方ですが、この”How’s life treating you?“も”How’s life?“と同じく、
「いや最近どうなの?」とほとんど同じようなニュアンスだと覚えておいてください。

あいさつついてはこちらの記事もお役立ちです。
⇒caféでの注文は流れで大丈夫!

直訳すると英語が出なくなってしまう

英語を覚えるときにやってはいけないことがあります。

それは、覚えた文法を直訳で覚えてしまうことです。

例えば”How’s life?“や”How’s life treating you?“を直訳で覚えないようにしてください。

直訳すると、「あなたの人生どうですか?」や、「人生はあなたをどのように扱っていますか?」のように、違和感のある言葉になってしまいます。

こうして直訳してしまうと、仮に日本語で覚えたとしても、実際の英語の会話になった時に、この英語の表現が出てこなくなってしまうのです。

これはなぜなのでしょうか?

初心者の方が英語を話そうとする時には、まず日本語を考えると思います。

「こういうことを言いたい」と日本語で考えた後に、英語の表現を出そうとするでしょう。

その時に、もし直訳で「人生はどうですか?」と仮に覚えたとしても、「人生はどうですか?」という表現が最初に日本語で頭に浮かばないはずです。

そうすると、当然、いくらこの”How’s life?“という表現を覚えても会話として出てこなくなってしまうのです。

直訳ではなく、”How’s life?“の1番日本語に近い意味、この場合ですと「最近どうなの?」でリンクして覚えてあげるといいです。

音とリンクして会話を覚える

shutterstock_529165219

こういったことはよくあります。

たとえばわかりやすいのが
How old are you?
です。

これは、年齢を聞く時に使う言葉で、「おいくつですか?」という意味がありますが、
How old are you?“を直訳すると「あなたはどれくらい年を取っていますか?」となってしまいます。

しかし、この”How old are you?“を、「おいくつですか?」という普段使っている日本語とリンクして覚えているはずなので、違和感なく使うことができているはずです。

それと全く同じで、”How’s life?“や”How’s life treating you?“というのも、実際に自分が普段使っている表現と英語の音をリンクして覚えてみましょう。

すると、実際の会話の中で「仲の良い人とのあいさつ」として使いこなせるようになるはずです。

まとめ

仲の良い友人とあいさつをする時に、何から話せば良いのか迷う方も多いと思いますが、ここで紹介したような定型文を使っておけば、まず間違いはありません。

少し長い英文であっても、直訳して覚えるのではなく、自分が普段からよく使っている日本語に当てはめてみれば気兼ねなく使えるはずなので、ぜひセットで覚えておきましょう。;

動画でおさらい

英語で友人や同僚など親しい間柄の挨拶よくある2パターンを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。