英語で友人や同僚など親しい間柄の挨拶よくある2パターン




LINEで送る
Pocket

親しい友人に会った時や同僚との挨拶で、最初にどう切り出せばいいのか迷う方もいるのではないでしょうか?
堅苦しい挨拶ではなく、親しい相手だからこそ、カジュアルな感じで挨拶できたらいいですよね。

今回はそんな時に使える、親しい間柄の友人や同僚との挨拶についてフレーズや例文を交えて紹介します。

英語で挨拶をしよう!返事の仕方は?

英会話で挨拶の定番・基本と言えば、下記が多いのではないでしょうか。
Oh, hi. How are you?
おや、こんにちは。お元気ですか?

このHow are you?という表現は、元気ですか?だけでなく、こんにちはというニュアンスで使われることが多々あります
ちなみにHi. How are you?と聞かれても、急いでいたらHow are you?とそのまま返しても問題ありません。

日本語での挨拶の場合をイメージしてみてください。急いでいる時に知り合いにばったり出会い、元気?と声を掛けられたとします。
急いでいて、立ち止まって話す時間がなければ、元気?と聞き返すだけで足早に立ち去り、会話が終了することもありますよね。

このようなケースは、英語でも同様です。そのため、急いでいる時にHow are you?と聞かれたら、How are you?と聞き返すだけでも問題ないのです。

また、会話ができる状況であれば、How are you?と聞かれたら下記のように返事してみましょう。

I’m good, thanks. How are you?
元気だよ。あなたは?

I’m good. And yourself?
元気だよ。あなたは?

And you?
あなたは?

他にも挨拶の一つとして

What’s up?

最近どう?(最近何かありましたか?)

という表現があります。

What’s up?は、What is up?の短縮形です。何かあった?最近どう?というニュアンスで、話の前置きや軽い挨拶として使われます。

また、What’s up?と聞かれてよくある返事の一例が、Nothing much.(特に何もないよ。)です。日本語でも最近何かあった?と聞かれて、特に何もなければ何もないよと答えますよね。そのイメージです。

ちなみに、What’s up?も挨拶程度のニュアンスで使われるので、What’s up?と聞かれたら、Hey, what’s up?などと返しても問題ありません

挨拶をするときに役立つ英語はこちら。

挨拶をした後の会話の続け方は?

How are you?What’s up?で、挨拶のやりとりをした後はどのように会話を続けたらいいのでしょうか?

親しい間柄であれば、So, what’s up?(で、最近どう?)
Oh, nothing much.(いや特に何もないけど。)のように続けることができます。

ちなみに、soは、それで、~でという表現です。
日本語でも言葉や文章をつなぐ時に、それでというフレーズを使いますよね。英語ではsoが、それで、~でに当たります。

それでの後は、下記のように続けることができます。

How’s life?
最近どう?

lifeと言われると、人生という意味が先行しがちですが、生活という意味もあります。

人生の中での最近の生活ってどう?という直訳をかみ砕き、分かりやすくもっとカジュアルに意訳して考えてみてください。
すると、最近(の生活は)どう?という表現が浮かぶと思います。

How’s life treating you?
(最近)調子はどう?

treatは辞書、辞典で確認すると扱う、取り扱うという意味があります。

そのためHow’s life treating you?直訳すると、あなたの人生(生活)をどう扱っていますか?となります。
How’s life?同様にこちらも直訳をかみ砕くと、生活はどうなの?最近調子はどうなの?というニュアンスになります。

How’s~についてはこちらのトピックもご参考に。

日本語とリンクして覚える

ただ、英語初心者の方が上記のような直訳で覚えると、なかなかいざという挨拶の場面で言葉がでてこないと思います。

このように英語を日本語に直訳すると、意味が異なってしまう表現例はいくつかあります
例を一つあげてみましょう。

How old are you?
おいくつですか?

年齢を聞く時に使う言葉で、おいくつですか?になりますね。
ただこちらも直訳すると、あなたはどれくらい年を取っていますか?になります。

しかし、How old are you?は、普段使っている日本語の表現、おいくつですか?とリンクして覚えているはずです。そのため、違和感なく使うことができているかと思います。

How’s life?How’s life treating you?も、How old are you?と同様に、普段使い慣れている日本語の表現とリンクさせて覚えましょう。

すると、問題なく会話の中で使いこなせるようになるはずです。

How’s life?と友達に聞かれたら…?

How’s life?と聞かれて、調子がいいなら、

Life is good.
いい感じだよ。

So so.
まあまあかな。

などと答えましょう。

仮によくないのであれば、下記のように答えることもできます。

Not so good.

よくないね。

そのあと、なぜ良いのか、悪いのか、説明できるように準備しておけると尚いいですね。

挨拶表現は、相手と親しくなるための必要不可欠な表現です。
表現例をたくさん覚えて、状況に応じてさまざまな表現を活用してくださいね。

挨拶ついてはこちらの記事もお役立ちです。

まとめ

今回は、親しい間柄の友人や同僚との挨拶で使える表現をお伝えしました。

挨拶表現は他にも多数あります。他にどんな一言があるか調べたり、オンライン英会話レッスンなどを使って勉強して、更に英語力を高めてくださいね。

動画でおさらい

英語で友人や同僚など親しい間柄の挨拶よくある2パターンを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須