「むしむしする」を英語で?天気のネイティブ表現




LINEで送る
Pocket

職場の上司、同僚、学校の友達、近所の人、家族、初めての会う人から身近な人まで、どんな人に対しても当たり障りのない話題。
そう、それが天気ネタですよね。

天気ネタは会話を始めるきっかけになったり、挨拶のプラスアルファになったりと、何かと便利な話題です。

天気ネタなんて雑談にすぎない。もっと役に立つ英語を学びたい!なんて言わないでください。雑談こそがコミュニケーションの要といっても過言ではありません。

今回はもうすぐやってくる梅雨時期に向けて「むしむしする。」をどう英語で表現するのか、また、他の天気に関する様々な英語表現も合わせてみていきます。

寒い

まずは「寒い」の英語表現をみてきましょう。

「寒い」といってまず思い浮かぶ単語はcoldでしょうか。
寒い=coldとして辞書にも真っ先に出てきますね。

It’s cold today.
今日は寒いね。

I’m so cold.
私寒いよぉ。

これは日本語においても英語においてもよく使われる、非常にシンプルな基本表現です。
ただ、日本語でも「寒さ」を表現する言葉は「寒い」だけではありませんよね。
凍える寒さ、冷える、極寒、冷え冷えする、等々たくさんあります。
それは英語も同様です。

では、実際にネイティブがよく使う「寒い」に関する英語フレーズを、寒さの度合いの違いを表現できる2つの単語と共にみてみましょう。

It is/It’s freezing

freezingとは非常に寒い、凍えるようなといった意味の形容詞。
単にcold(寒い)というよりも寒さが厳しい時に使われます。

例文:
It’s freezing here.
ここ、すっごい寒いね。

It’s freezing cold today.
今日は凍えるような寒さだね。

このようにit’s ~. (It is ~.)の形で場所の気温に関して非常に寒いと言うだけでなく、を主語にしてその人の感じ方を伝えることもできます。

例文:
I’m freezing!!
寒くて凍えそうだよ!!

I was freezing.
超寒かった。

It is/It’s chilly

cold(寒い)ほど寒くない、肌寒い、ちょっと冷えるといった意味の形容詞がchilly です。
寒さの度合を一覧にすると、chilly < cold < freezingの順番になります。

例文:
It was a chilly morning.
今朝は冷え冷えしたね。

It’s kinda chilly tonight.
今夜はなんかちょっと肌寒いね。

kindakind ofを口語的に崩した言い回しです。ネイティブのkind ofの発音はカインダと聞こえます。
kindaはこのネイティブのkind ofの読み方をそのまま文字化したもので非常に良く使われます。

意味は「なんか、なんとなく」といった感じで非常にくだけた表現なので使う相手、場面には注意が必要です。

また、chillycoldfreezing同様、場所・日に関してだけでなく人に対しても使えます。

例文:
I’m a bit chilly.
ちょっと寒いな。

They felt chilly last night.
彼らは昨夜、肌寒く感じた。

この他にも「寒い」を表現する英語はまだあるので、これらも一緒に覚えていきましょう。

その他の天気に関連する英語はこちら。

むしむしする

さて、次はこれからやってくる梅雨時期に役立つ表現。
「むしむしする。」の英語フレーズをみていきましょう。
蒸すといえばhumidですよね。
シンプルな表現としては、

It’s humid today.
今日は蒸し蒸ししますね。

humid以外にも「むしむしする。」を表現する単語は他にもこんなものがあります。

It is/It’s muggy

muggy蒸し暑いじめじめ暑いという意味の形容詞。
humidは湿度が高いことのみを表現する単語です。温度(暑い・寒い)は関係ありません。
それに対してmuggyは、湿度が高い+暑いの二つの意味を含む単語です。

例文:
It’s muggy today.
今日はじめじめ暑い。

It’ll be muggy day again in Kyoto.
京都はまた蒸し暑い日になるでしょう。
It’ll be ~.は、It will be ~.の略で「~になるでしょう。」という天気予報で使われる定番の表現です。

It’ll be sunny tomorrow.
明日は晴れでしょう。

It’ll be clear later today.
今日の天気は快晴になるでしょう。

ニュースで英語の天気予報を聞くのも楽しみになりますね。

It is/It’s steamy

これはmuggyと同様、湿度が高い+暑いの二つの意味を含み、蒸し暑い、じめじめ暑いに該当します。

例文:
It was a steamy afternoon.
蒸し暑い午後だった。

We have a steamy summer.
私たちには蒸し暑い夏があります。

天候や気候に対してWe have ~.とするのはとても面白い表現方法ですよね。
We have ~.またはWe’ll have ~.の表現も週間天気予報などで良く耳にします。気象条件をみんなで共有している、というイメージでこの表現を覚えてみるといいかもしれません。

日本の夏は非常にむしむしすることが多いです。
humid、muggy、steamy、いずれも梅雨時期から夏にかけて頻繁に使える表現ですので是非覚えましょう。

天気に関する英語はこちらの記事も参考になります。

雨の時の表現

次は雨天時の表現です。
もっとも認知されている英単語はrainもしくはrainyでしょうか。

It’s raining(now).
今雨が降っています。

It’s rainy today.
今日は雨ですね。

基本的で非常によく使われる表現です。
これらの加え、雨の降り方によっては他の表現もできるのでいくつかみていきましょう。

pouring

pourというのは(液体を)なみなみ注ぐ、つぐという意味です。
そこから派生して、バケツをひっくり返したような強い雨、土砂降りを表す天気用語としても使われます。

例文:
It’s pouring outside.
外はひどい土砂降りだ。

Rain came pouring down.
ざぁざぁ雨が降ってきた。

drizzle / sprinkle

土砂降りではなく小ぶりの雨はというと?
drizzle霧雨sprinkle小雨を表します。

例文:
The rain eased to a drizzle.
雨は霧雨になった。

It drizzled throughout the night.
一晩中霧雨がふった。
drizzleは名詞としても動詞としても使用します。

It only sprinkled last night.
昨夜は小雨が降っただけでした。

A sprinkle of snow will cause school to close.
小雪で休校になるでしょう。
sprinkleちりばめる、まき散らすといった意味が元にあるので雨や雪がまき散らされたようなイメージを持つと覚えやすいですね。
また、drizzle同様、名詞としても動詞としても用法があります。
雨の降り方の強弱としては、drizzle < sprinkle < pourの順となります。
こういった様々な雨の表現も覚えておくと雨の状態をより詳しく説明できて良いですね。

暑い時に使える

最後に「暑い」に関する英語表現をみていきます。

もっとも一般的でシンプルなのは、
It’s hot today.
今日は暑いですね。

ですが、ネイティブが使う面白い表現があるので紹介します。

It’s boiling hot today.
今日は猛烈に暑いです。

I’m boiling hot!
すっごく暑い!

boiling煮え立つ、沸き立つという意味の形容詞。
そこからうだるような、猛烈にという意味が派生しています。

つまりboiling hotうだるような暑さ、猛烈な暑さを意味します。
お湯が沸騰するような暑さ、としてイメージしやすく、面白い表現ですね。

「暑い」についてはこちらの記事も参考になります。

まとめ

天気の話は世界共通で、だれとでも話せる話題の一つです。

単純に「暑い」「寒い」だけでなく、どれくらい「暑い」「寒い」のか。
どんな雨の降り方なのか。
細かなニュアンスを伝えられるとより伝わる情報が多くなるだけでなく、共有・共感するのも安易ですよね。

是非この機会に色々な表現を身につけ、実際に使ってみましょう。

動画でおさらい

「むしむしする」を英語で?天気のネイティブ表現を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須