1. TOP
  2. 英単語の覚え方
  3. 英単語のスペルを覚えることは大事?
Sponsored Link

英単語のスペルを覚えることは大事?

LINEで送る
Pocket

ローマ字と違い、読み方と英単語のスペリングに法則性が見出せない事も多々あり、英単語のスペルを覚えることは中々に大変な作業だと思います。

そこで、英単語のスペルを如何にして効率よく覚えるか、についてお伝え致します。

Sponsored Link

人間の記憶のシステム

shutterstock_402378841

日本の中学校とかでは、英単語のスペルを間違えているとバツになってしまい、またそれを気にされる方が結構多いと思います。

ここでまずスペルの覚え方をお話しする前に漢字について考えてみてください。

小学校で漢字を勉強したときには、どのように漢字の勉強をしたか、覚えてらっしゃいますか?

一般的な小学校では、最初に先生が前の黒板に新しく習う漢字の書き方を書き、その後に生徒で画数や書き方に注意をしながら漢字ドリルなどに何度も何度も練習を行っていったのではないでしょうか。

その何度も何度も繰り返す行為によって、書き順を覚えて、間違うことなく漢字を書くことができるようになったと思います。

また、感じではないですが、掛け算の九九も同様に何度も何度も口に出して言って練習することを通して覚えたのではないでしょうか。

人間の記憶のシステムというのは、基本的には覚えるためには、何度も何度も書いたり、口にしたりすることを通してしか覚えることができないようにできています。

ですので、何かを覚えるとき、一度で覚えられる簡単な覚え方があるかというと、なかなかそう世の中うまくできておりません。

英単語を覚えるときも、ひたすら繰り返して覚えるしかありません。

ただ、1つコツをお伝えするとすれば、できるだけたくさんの感覚を通じて覚えたほうが定着が速いといわれていますので、見るだけ、書くだけ、ではなくて、目で見て、手で書いて、口に出して読んで、それを耳で聞いて、と、視覚、触覚、聴覚をフルに使って覚えようと試みると、1つだけの感覚を使って覚えるよりも断然早く覚えることができます。

英単語の暗記についてはこちらの記事も参考になります
⇒英単語も暗記は効率よく覚えよう!

ネイティブは実はスペルに弱い

ただ、もしあなたがもう学生ではなくて、卒業して、英会話を勉強したいという方ならば、あんまりスペルを気にしなくていいと言えるでしょう。

なぜ気にしなくていいと言い切ってしまうかといいいますと、ネイティブも実のところスペルをうまく書くことはできません。

ちょうど日本人が漢字を間違えるのと同じように英語に関してネイティブの人もスペルを間違うのです。

どこの国の出身であれ、自国の言語を完璧に書くことができる人はいないのではないでしょうか。

長い英単語についてはこちらへどうぞ
⇒長い英単語はこうやって覚える!「Cooperation」のネイティブ発音

パソコンの文化

日本の中で漢字が書けない人がいること、英語のネイティブがうまくスペルを書くことができないことには共通の原因があります。

それはパソコン文化の浸透です。

アメリカでは、小学生や中学生の時は、日本の漢字学習と同じように、一生懸命スペルを繰り返し書いて、スペルの勉強をすると聞きます。

しかし、中学生、高校生ぐらいの授業のレポートではパソコンで打ったものを提出することになります。

そして、パソコンには基本的にスペルチェック機能がついているため、すべてのスペルを完璧にかける必要性が全くないのです。

一般的にネイティブの人が英文を書くときは、自分の書きたい言葉の音をなんとなく打って、間違っていたらスペルチェックで直していくっていうケースが非常に多いのです。

これは英会話スクールの講師の方ですらそういうことをしているようです。

ですのでネイティブの人がスペルに強いかっていいますと、そこまで強くないケースが多いです。

日本でも同じで、最近は手で文章を書くことが少なくなくなっています。

手で書くこととは違い、パソコンで文字を打ち変換することは漢字の間違いに気を付ける必要がなくなりますので、漢字に弱い日本人も非常に多くなっていると考えられます。

読む機会は幾分多いですので、読むことはできるでしょう。

しかし実際に書くときにはあいまいになることも多いのです。

このようにパソコン文化の浸透によりスペルは、さほど気にされないようになっていっているのではないでしょうか。

 

スペルより発音

スペルを気にするよりも、英単語をネイティブの発音で覚えてあげた方がかなり有益です。

なぜなら、実際の生活では読み書きするよりも話す機会の方が圧倒的に多いからです。

日本人が覚えている英単語の発音は、いわゆるカタカナ発音と呼ばれますが、それはネイティブが実際に話している発音の音は全く異なるのです。

この差異により、ネイティブの人達は聞き取ることができません。

それゆえに、英単語を覚えるときには、スペルが合っているか間違っているのかを気にするよりも発音を気にして覚えたほうが実戦で役に立ちます。

ただし、学生さんの場合は、どうしても学校のテストではスペルを間違えると必ず原点にされてしまいますので、テスト対策用にひたすら書いて勉強をした方がいいかもしれません。

スペルとネイティブについてはこちらの記事も参考になります
⇒スペルとマッチしないネイティブ発音

まとめ

日本の英語学習はいまだに読み書きに特化したものが多いので、どうしてもスペルを気にする必要があります。

しかし、英語学習の本当の目的は実戦で英語が使えるようになることです。

ですので、読み書きというよりも、聞く話すことの方が大事になってきます。

もしも、実戦を目的とした英語学習をしているのであれば、スペルよりもネイティブの発音を覚えましょう。

そうすることで、コミュニケーションの精度も上がります。

 

動画でおさらい

英単語のスペルを覚えることは大事?を英語で表現するには?を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。

2人の子供をこよなく愛する。


英語はいまだに得意とは言えないものの、

英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 英語に無い表現「空気読めない」を言うとしたら?

  • 同じ意味です。「Would you like something to eat ?」と「Would you like to eat something ?」

  • 「正直」「ぶっちゃけ」を英語で言うと?To be honest,◯◯

  • 実は便利な日本語「芸能人」は英語でなんて言う?

関連記事

  • 「キモい」って英語で?表現3つ

  • 単語だけで勉強するな!英会話をマスターする英単語の覚え方

  • 英単語の語呂合わせは試験だけ!日常英会話を覚えるなら意味がない?!

  • 初心者からのやり直し英会話。1番やって欲しい2つの勉強!

  • 日本人が間違えて習っている「won」の発音。ほんとうの発音は?

  • 「find out」言えそうで言えない英語「あなたの家がわかった」