1. TOP
  2. 英語圏の文化
  3. ホームステイはどんな感じ?留学の実体験から語る良いところ悪いところ

ホームステイはどんな感じ?留学の実体験から語る良いところ悪いところ

 2018/02/14 英語圏の文化 海外留学
 
LINEで送る
Pocket

海外に興味のある
方の中には、

ホームステイとは
どんなものなのか

疑問を持つ方も
多いのではないでしょうか?

一般的に留学をした時に
ホームステイをする
ケースは多いです。

ただ、
これまでにホームステイを
経験したことがなく、

これからホームステイを
しようとすると、

色々と不安で
怖い気持ちに
なるかもしれません。

全く知らない
外国人の家に行き、

そこで一緒に
暮らすわけですから、

不安で緊張するのも
無理はありません。

これから留学や
ホームステイをしたいと
考えている方に向けて、

私がホームステイで実際に
体験したことを紹介します。

ホームステイとは
どんなものなのかを
少しでも感じて、

今後の留学体験に
活かしてくださいね。

言葉と習慣に戸惑い

留学し、
アメリカのユタ州の
ウィーハイという小さな町で

初めてホームステイ
した時のことです。

人生初のホームステイ先は、
姉(私の1つ年上)、
弟(私の2つ年下)、
小学校2年生ぐらいの男の子の

3人の子どもが
いるご家庭でした。

温かい家族に囲まれて
にぎやかで
楽しくはありました。

ですが、初めての
ホームステイというのは
戸惑いでいっぱいに
なるもの
です。

やはり一番苦労するのは
言葉

日本でどんなに
練習していたとしても、
最初はなかなか通じません。

特に、
ホームステイを始めた
最初の数日間は、

コミュニケーションが
うまく取れずに
本当に苦労しました。

また、習慣の違い
驚かされることも
しばしばでした。

英語力を上げるコツは、
こちらの記事も参考になります

常にドアが開いている

たとえば、
アメリカでは、基本的に

自分が部屋にいる時は
ドアを開けておく

という習慣があります。

日本人の感覚ですと、
自分の部屋に入る時に
ドアを閉め、

部屋にいる間
ドアは閉めたままですよね。

しかし、
アメリカ人の感覚だと、

自分が部屋にいる時は
ドアを開けているのです。

ドアを閉めるのは
寝る時だけ

という感じなので、

日本人の私にとっては
違和感しか
ありませんでした。

いつもの習慣で、
部屋のドアを
閉めていたところ、

ホスト先の
弟やお姉ちゃんは

部屋に来る時ちゃんと
ノックをしてくれました。

でも、ホスト先のお父さんは、
ノックをせずに部屋に
入って来てしまうことがあり、
何度も驚かされた記憶があります。

さらに、
トイレのドアの場合、

自分が出た後は、
ドアを必ず開けておきます。

誰もトイレを
使っていない時、

基本的には常に
ドアが開いている状態です。

かなりびっくり
というか、
気恥ずかしい印象ですね。

いろいろと不満や
疑問があったとしても、

最初は自分の思いを
なかなか相手に伝えることが
できませんでした。

ホームステイしたてだと
まだ英語力がなく、何とも
もどかしい思いをしました。

結局
そのホストファミリーと
うまくいかず、

次のホストファミリーに
移りました。

ホストファミリーに関しては
こちらの記事も参考になります

家族によって待遇や対応はそれぞれ

夕ご飯がない!?

しかし、次の
ホストファミリーも大変で、

ここではなんと・・・
夕ご飯が出てきませんでした。

学校でランチを食べた後、
家に帰ってきたら
食べるものがない
という状況です。

ビックリなんて通り越し、
信じられない事態でした。

日本では
考えられないですよね。

で、
どうしていたかと言うと・・・

家に帰る前に学校で
コーラの缶と
クッキーを一個買ってきて、

家ではそれを食べて
凌いでいました。

自分に合ったホストファミリーとの出会い

いろいろありましたが、
留学も1年目が終わり、

2年目になって
ホストファミリーが
変わりました。

私にとっては3番目の
ホストファミリーに
なります。

このホストファミリーは
とても良かったです。

ホストマザーも
ホストファザーも、
優しい方たちで、

本当の家族のように
接してくれました。

学校が終わって
家に帰ると、一緒に
キャッチボールをしたり、

コロラド州に車で旅行に
行ったこともあります。

いろいろな場所に
連れていってくれたり、

この場所でしかできない
体験をさせてくれたり、

とても楽しい思い出が
いっぱいできました。

ホストファミリーは、
家庭によって
習慣や接し方など、
本当にさまざまです。

合う合わないも、
人によって
それぞれ違うと思います。

ですから、
「ホームステイって
どんな感じ?」
と聞かれても、

一概に「こうだ」
とは言えません。

ホストファミリーとの相性が合えば一生の付き合いも出来る

一つ言えるのは、
自分にとって本当に合う
ホストファミリーと
出会えた時は、

一生その人たちと
付き合うことができる

ということです。

実際、今でも当時の
ホストファミリーとの
お付き合いが続いており、

クリスマスには
クリスマスカードを
交換しています。

人と人ですから、
性格や習慣が合う
合わない

絶対にあります。

ですが、
いいご縁があれば、

生涯お付き合いを
続けられる仲に
なれることはあるのです。

こればかりは本当に
としか言いようがありません。

実際に行ってみて、
ホストファミリーと
生活をして、

自分に合うか
合わないかというのは

2週間くらい
なんとなくわかってきます。

もしも合わないと思ったら、
我慢せずに
次のホストファミリーを
探す
のも一つです。

合わない人たちと
我慢して何年も
暮らすのではなく、

相性の良い人たちを
探すのも賢明な策なのです。

その他にもある、
留学のシチュエーションで
使える英語の例はこちら

いろんな目的でホストをやっている

日本人のホームステイを
受け入れる
ホストファミリーには、
毎月お金が支払われます。

中には、
そのお金を目的として
ホストファミリーを
やってるという家庭も
あるのが現実です。

お金目的の
ホストファミリーだと、

毎月自分たちに
お金をより多く残そうと、

なるべく経費を
使わないようにする

ということもあります。

ご飯が出てこない
ことがあるのは、
自分たちが使えるお金を
残したいからなのです。

とても残念なことでは
ありますが、

そういった現実は、
自分で見極め
なければ
なりません。

もしもこういった家族に
当たってしまった場合には、

すぐに
ホストファミリーを
替えるなり、

次にどうすればいいか
という対策を考えましょう。

ここまで紹介したように、
ホームステイ先の
ホストファミリーが
自分に合うか合わないか

実際に生活してみないと
わかりません。

良いところに当たれば
楽しく過ごせますが、

経費を節約しよう
とするような家庭に
当たってしまうと

想像していたようには
おもてなしを
受けられない
こともあります。

ホームステイはどんな感じ?留学の実体験から語る良いところ悪いところまとめ

ホームステイは
受け入れてくれた国の文化や
ホストファミリーによって
生活や習慣が全く異なります。

何が良くて何が悪いのかは、
人によっても
感じ方は違いますし、

実体験を通して
初めて学ぶしかないのでは
ないでしょうか。

1つ目のホストファミリーは
ちょっと合わなかったけど、

次のホストファミリーは
とても良かった、
ということもあります。

不安はもちろんあるでしょう。

決断まで悩むと思いますが、
結局は、

自分の目で確かめて
肌で感じてみないと
わからないのです。

ドアを開け放しにして
生活をすることなど、

日本では
考えられないようなことが
次々と起こります。

そして、
中にはお金が目的で
ホストファミリーをしている
家庭もあります。

他に
ショックを受けることも、
生活をしていけば
たくさん出てくるでしょう。

また、
コミュニケーションが
うまくとれずに苦しむことは、
きっと誰もが
体験すると思います。

戸惑うことは多いですが、
逆に
なんとかしようと
行動的になれたり、

自分の気持ちを伝えようと
積極的になれることもあります。

慣れない習慣や
文化の違いを知ることで
視野が広がり、

何より異文化を直接
肌で感じることができるのは、
ホームステイの醍醐味です。

良いホストファミリーに
出会うことができれば、

一生の友人に
なることもあります。

どんなホストファミリーの
もとに行けるかは
運に左右される部分も
大きいです。

ですが、ステイ先が
自分に合うかどうかを
見極めて、

充実した留学生活を
送ってください。

あなたにとって、
ホームステイの経験が
その後の
人生のプラスになるか
ならないか
は、

物事の捉え方
ひとつですし、

自分の行動、
決断次第
だと思います。

これからのご健闘を
心よりお祈りしています!

動画でおさらい

「ホームステイはどんな感じ?
留学の実体験から語る
良いところ悪いところ」を、

もう一度、
動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。