1. TOP
  2. 英語で自己紹介!ネイティブが使う自然な英会話表現
Sponsored Link

英語で自己紹介!ネイティブが使う自然な英会話表現

LINEで送る
Pocket

ビジネスにおいてもプライベートにおいても、
自己紹介はコミュニケーションのファーストステップです。

せっかく英語を勉強しているのであれば、
自己紹介も大人にかっこよくできるようになりたいですね。

しかし、自己紹介を英語でする際には、
日本語にはない注意点を頭に入れておかないと、
失礼になってしまったり、誤解を与えてしまったりします。

今回は英語での自己紹介で気を付けるべきポイントや
使えるテクニックについて
お話しします。

Sponsored Link

出会った人の関係がフォーマルかどうか

自己紹介において注意しなければならないのは、
「お互いの関係がフォーマルかどうか」という点です。

英語においてはお互いの関係性によって
用いられる英語が変わってきます

例として自己紹介のはじまり、
お互いの名前をシェアするシーンを考えてみましょう。

名前を述べる際の英語として
有名な英文が「My name is~」ですね。

この英文は英語初心者の方でもご存知でしょう。

しかし、この英文は使うシーンを考えなければ
少しかしこまりすぎている印象を与えてしまいます。

「My name is~」を直訳すると
「私の名前は~です」になります。

決して間違いではないのですが、
この日本語訳から受ける印象は少しフォーマルではないでしょうか。

日本語で「~です」のようなニュアンスを伝えたいなら
「I’m~」というのが自然です。

このようにビジネスシーン、プライベートといったシーンによって
使われる英語が変わってくる
点に注意しましょう。

英語を話すときは、出会った人との関係かフォーマルかどうかを
まず考えてみるとより適切な英語を話すことができます。

その他にもある、自己紹介についての記事はこちら
⇒英会話スクールでの自己紹介は使えない!初対面の挨拶はこうやってみて!

 

いきなり「名前なんですか?」は失礼

続いて、相手の名前を聞くときの
ポイント
を覚えましょう。

「あなたの名前はなんですか?」をそのまま英語にすると、
「What’s your name?」ですね。

ところがこの「What’s your name?」、
いきなり言ってしまうのは大変失礼にあたる
のです。

「名前なんですか」と
ぶっきらぼうに言っているように聞こえてしまいます。

相手の名前を聞く前には、
まず自分が名乗りましょう。

先に述べたようにカジュアルなら関係なら「I’m~」を、
フォーマルな関係なら「My name is~」を用いてもいいです。

このときは手を差し伸べて握手するのも
ポイントのひとつ
です。

多くの場合はこの時点で自然と話し相手も名前を名乗ってきますが、
「I’m~, and you are?」というように話し相手に名前紹介を促しても自然です。

とにかく、「What’s your name?」といきなり名前を聞かず
自然な名前交換をするように気を付けましょう。

ただし、「What’s your name?」を使うシーンが
全くないわけではありません。

主催しているセミナーの受講者に話しかけるときなど、
こちらの名前を既に知っている人に対しては、
最初にこちらの名前を述べず「「What’s your name?」ことはあります。

しかし、基本的にはじめて出会った二人の自己紹介では
まず相手に自分の名前を述べる、
相手が先に名前を言ってきたらこちらも名前を述べる

というマナーを覚えておきましょう。

 

I’M LIVING ○○ NOWは引っ越し前提!

自己紹介ではお互いが住んでいる場所に
話が及ぶこともあります。

「私は~に住んでいます」と言いたいときには
「I live in~」という英語が適切
です。

このとき気を付けていただきたいのは
「I’m living in~」というように
現在進行形になるときとの違いです。

「住んでいます」という日本語を考えたときに
現在進行形を用いるという発想は
決して間違いではありません。

しかし、現在進行形は通常、
「I’m living~ now.」というように
「now」と一緒に用いられることが多いのです。

これを直訳すると、
「私は今、~に住んでいます」となります。

つまり、
「私は今、~に住んでいます(でも、いつか引っ越す予定です)」
というニュアンスで伝わってしまう可能性があるのです。

ちゃんとそこに定住しており
引っ越しの予定はないということを伝えたいのであれば、
「I live in~.」と現在形を用いてください。

その後は「Where do you live?」と
相手に聞き返すことも忘れずに。

 

冠詞はフレキシブルに♪

お互いの仕事の話題も、
自己紹介では頻繁に出てきます。

自分が何の仕事をしているのかを
話せるようにならなければなりませんね。

例えば「私はIT系の企業に勤めています」と言いたいときは
「I work for(at)an IT company.」という英語が自然です。

「for」と「at」のどちらが正しいかについては明確な正解はなく、
あまり気にする必要はありません。

英会話スクールの先生でも人によってどちらを使うかは異なってくるので、
相手に合わせて変えていくといいでしょう。

このように、話す人やアメリカ英語、イギリス英語といった
条件によって冠詞が変わってくることは多いので、
フレキシブルに対応できるようになることが肝心
です。

「a」や「an」が表すのは「数あるうちのひとつ」という意味です。

上の例文では「IT企業のうちのひとつ」という意味になり、
「IT系の企業」と意訳することができます。

 

自分が何をやっているか詳細に

相手に仕事を尋ねられた際、
「I’m an office worker.」と応える日本人が多いようです。

これは会社員、サラリーマンといったニュアンスになりますが、
実際どういった仕事をしているかについては伝わってきません。

ネイティブの方は自分の仕事について詳細に述べる傾向があるので、
ネイティブの方に向かって英語で自己紹介するときは
自分の仕事を詳細に伝えられるようにしておくといいでしょう。

「I’m a doctor.」「I’m a boiler.」のように
「I’m a~.」を用いてもいいですし、
「I work for(at).」と会社の種類を述べるのも手です。

いずれにせよ、
相手が聞いたときにはっきりとなにをやっているのかわかるように、
自分の職業名や会社の種類を英語で何というのか調べておくことが大切
です。

「I’m an office worker.」よりも
仕事の内容を詳細に伝えられるようにしておきましょう。

 

相手にも聞き返そう!

自己紹介は相手にも情報を聞き返してはじめて成立します。

英語においてもそれは例外ではありません。

自分の紹介をするだけではなく、
相手に聞き返す質問文のパターンも
しっかりと頭に入れておきましょう

相手の仕事を聞く場合は
「What do you do?」と聞くのが自然です。

この英文を「何してんの?」というように
解釈してしまうかもしれませんが、仕事を尋ねるときには適切なのです。

他にも「What do you do for a living?」や
「What do you do for work?」といった表現があります。

カジュアルな会話では趣味もたびたび話題になりますね。

相手がハマっている趣味を聞きたいときは、「Are you into anything?」という英文が使えます。

「into~」は「~に入り込んでいる」という意味ですが、
「~にハマっている」という意味でも使えます。

したがって「Are you into anything?」は
「何かにハマっていますか?」というカジュアルな質問になるのです。

もし自分が趣味を伝えるときは
「I’m into~.」と言いましょう。

例としては「I’m into playing baseball.」のようになり、
「My hobby is~.」よりも自然な表現です。

「Are your」を使用したその他の例はこちら
⇒英語でお店に営業時間を聞くには?「What are your busines hour?」

まとめ

相手との関係によって
しっかりと最適な英語を見極める、

住んでいる場所をいうときは基本的に現在形、
冠詞をフレキシブルに用いる、
自分の仕事を詳細に述べられる単語や表現を調べておく、
質問をされたら相手にもちゃんと聞き返す。

自己紹介では以上のような点に気を付け、
相手との自然なコミュニケーションをとるよう
気を付けてみてください。

英語話者とのコミュニケーションでは
特に自己紹介での印象が大切になってきます。

大人な自己紹介で好印象を残し、
その後の人間関係をスムーズに構築しましょう!

自己紹介の方法についてはこちらの記事も参考になります。
⇒英語での自己紹介のコツ!会話に情報をどんどん足して!

動画でおさらい

「英語で自己紹介!ネイティブが使う自然な英会話表現」を、
もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。

この人が書いた記事  記事一覧

  • あなたも出来るようになる!ネイティブ並みの発音

  • パターンある英語の「おめでとう」!

  • ネイティブが頻繁に使う「You know what」って?意味と使い方を解説

  • 英語でよく使われる褒め言葉「You look」で外見を褒めよう

関連記事

  • 「めんどくさい」は英語で??「めんどくさい」を使いこなそう

  • 「I don’t like〜」英語で「○○が苦手なんです」かんたん日常英会話

  • 「女子力」を英語で言うと? “Girl’s power” だとニュアンスが違います

  • 1月から12月までの英語表現と発音!スラスラ言えますか?

  • 「疲れた」を英語で?今すぐ使える英語表現12選!

  • 猛暑で使おう!「耐えられないほど暑い」を英語で!